menu

中小企業向け金融スタートアップAspire、Y CombinatorなどからシリーズAラウンドで3,250万米ドルを調達

中小企業向けに銀行ソリューションサービスを提供しているスタートアップ Aspire は、MassMutual Ventures がリードするシリーズAラウンドで3,250万米ドルを調達した。

このラウンドにはシリコンバレー企業Arc Labsのほか、既存投資家の Y Combinator、Hummingbird Ventures、Picus Capital も参加した。

Y Combinator の2018年冬期バッチを卒業した Aspire は、今回調達した資金を金融商品の充実や東南アジアでのプレゼンス強化に用いる計画だ。現在はシンガポール、タイ、インドネシア、ベトナムでサービスを提供している。

同社によると、サードパーティーの金融サービスプロバイダーを利用するスケーラブルな銀行インフラのマーケットプレイスを構築している。旗艦製品「AspireAccount」では、東南アジアのデジタル事業者にキャッシュフローマネジメントや企業間の決済受入サービスを提供している。

今年の早い段階で、企業アカウントと結び付けるビジネス用クレジットカードソリューションを提供する計画があるという。

Aspire 設立者兼 CEOの Andrea Baronchelli 氏は次のように話している。

2018年1月の設立以降、前月比30%の成長を達成しており、来年までに10万以上の企業アカウントを開設する予定です。

同氏は以前 Lazada でエグゼクティヴ  VP を務めていた。

昨年7月には、Yinglan Tan 氏の Insignia Ventures Partners や Mark 2 Capital を含む、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの投資家から900万米ドルのシード資金を調達した。(THE BRIDGE

バングラディシュで起業した日本人女性に聞く、IT事情と成功の秘訣

取締役がたった1人で挑んだRPAプロジェクト

関連記事

  1. イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 20…

    人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年…

  2. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人口6億人の購買力が爆発し…

  3. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  4. 利用者は5億人超、謎のAI企業の音声アプリが変える中国の風景

    賃の支払いや電気代のことをカナダ人の賃借人に連絡しなければならない時、北京在住のシュー・ガンさん(4…

  5. small start-in-n-out

    米国の新たな富豪、36歳の「ハンバーガー姫」は資産3300億円

    フォーブスが10月に発表した、米国人長者リスト「フォーブス400」の2018年版には、今年初めてラン…

  6. 熱い注目度を浴びる音声サービス

    「YouTube Live」や「Mirrativ」、「ツイキャス」など、近年では一般人が情報を発信で…

  7. vr

    VRで視力治療の米企業がEU進出、2018年はアジア進出目指す

    VRを使って弱視・斜視などの治療を行う製品を開発するVivid Visionは、これまで米国を中心に…

  8. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP