menu

中東のカリームが配車サービス運営開始

中東で配車サービスを展開する「カリーム」が、イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区で初めての送迎サービスを開始した。ドバイ首長国を本拠にするカリームは、パレスチナ自治区での運営を目指して6月、西岸地区ラマラでサービスを起ち上げた。
人口300万人の西岸地区には送迎サービスの市場は確実に存在するものの、通信は依然として第2世代の規格で、電子決済はまったく普及しておらず、イスラエルの検問は至る所にある。そんな悪条件の下でどうやってサービスを普及させるのかについて、カリームは至って楽観的だ。
2012年に創業したカリームは現在、中東やアフリカ、南アジアなどの12か国、80都市に跨って運営しており、2018年までに西岸地区で100人分の雇用を創出することを目指している。
配車サービスの世界大手ウーバーとイスラエルのゲットは既にイスラエルで運営しているが、敢えてパレスチナ自治区に足を踏み入れようとはしない。失業率が20%近い同自治区では、ドライバー達がカリームで働けることを諸手を挙げて歓迎している。
イスラエルとパレスチナ自治政府は2015年、翌年までに西岸地区の携帯ネットワークを第3世代のスピードにグレードアップすることで合意したが、いまだに実施されていない。その一方で、ラマラでは市が中心部に公衆無線LANを用意しているため、カリームの運営は他に比べて幾分簡単だという。(niftyニュース)

 

イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を開発するRetubeが日本進出

中国の医療系スタートアップ、Infervisionが日本進出へ――機械学習と画像認識をがん診断に適用

関連記事

  1. immigration

    移民国家イギリスの現状から、日本の未来を読み解く…

    「やりがい」「安定」「賃金」全ての面で満足いかない仕事が存在し続けられる理…

  2. ドバイでも進む「女性の社会進出」

    イスラムの女性は働いてはいけない。車や自転車にのってはいけない。かつて、アフ…

  3. unicorn

    (前)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアッ…

    マクロン大統領就任も追い風、起業家が生活しやすいパリのスタートアップシーン…

  4. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Start…

  5. 海上旅館

    船舶は人が移動したり、モノを運ぶためのものですが、料金的にも利用する全く新し…

  6. aidemy

    東大発ベンチャー、無料AIプログラミング学習Ai…

    東京大学発スタートアップのアイデミーは、オンラインAIプログラミング学習サー…

  7. 中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足…

    日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向…

  8. fail

    情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000…

    ひとくちに「起業」といっても、その実態は様々。人生をかけた大博打となるケ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP