menu

人工知能と英語の勉強

そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達成できないようです。昨今ではSkypeを使って英会話ができるサービスも盛況ですが、AIを用いた英会話アプリなんてものも出てきています。このアプリは会話の相手が人口知能で、24時間好きな時に話し相手になってくれます。

Android
iOS

全くの初心者には難しいかもしれませんが、多少の日常会話ができる方は「英語ネイティブのAI」と話してみてはいかがでしょうか。

この機能がすごい

スマホにはマイクがついていることを活かして、実際にあなたが英語を喋れるというのが嬉しい機能です。日本人は英語の発音が下手だと言われますが、このアプリは発音を分析してスコア化してくれるため、恥をかくことなく1人でひっそり練習できるわけです。英会話にありがちな「間違ったら恥ずかしい」「変なことを言っちゃったらどうしよう」という恐怖もないので、のびのびと会話を楽しんでください。(Appliv)

smallstart_iot儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証

SMALLSTARTNEWS_ZUKKUサービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る

関連記事

  1. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

  2. インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

    <日本企業の「出向」システムから、現代インドの「2000ドル自動車」まで、欧米とは異なる形のイノベー…

  3. aidemy

    東大発ベンチャー、無料AIプログラミング学習Aidemyのアプリ…

    東京大学発スタートアップのアイデミーは、オンラインAIプログラミング学習サービス「Aidemy」のス…

  4. shopping arcade_smallstart

    NYから広がる復活する街の小さな本屋さん

    米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが2015年11月、本社のあるワシントン州シアトルに、同社…

  5. AI大国中国

    「AI大国」を目指す中国 2030年に関連産業を10兆元規模へ

    この先、急成長が期待されている産業として、AI(人工知能)が挙げられよう。モバイルインターネット、ス…

  6. モバイル・インターネット時代の中国の投げ銭システム

    モバイル・インターネット時代の投げ銭・おひねりFacebookの「いいね」と言えば日本人にも…

  7. IoTビジネス共創ラボ 「ドローンワーキンググループ」を設立

    IoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティ「IoT ビジネス共創ラボ」は、ド…

  8. エヌビディアの次を狙う新興企業「AI特化型チップ」で激戦開始

    近年、人工知能(AI)分野ではディープラーニングが最もホットなトピックとなった。グーグルフォトに導入…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP