menu

人工知能と英語の勉強

そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達成できないようです。昨今ではSkypeを使って英会話ができるサービスも盛況ですが、AIを用いた英会話アプリなんてものも出てきています。このアプリは会話の相手が人口知能で、24時間好きな時に話し相手になってくれます。

Android
iOS

全くの初心者には難しいかもしれませんが、多少の日常会話ができる方は「英語ネイティブのAI」と話してみてはいかがでしょうか。

この機能がすごい

スマホにはマイクがついていることを活かして、実際にあなたが英語を喋れるというのが嬉しい機能です。日本人は英語の発音が下手だと言われますが、このアプリは発音を分析してスコア化してくれるため、恥をかくことなく1人でひっそり練習できるわけです。英会話にありがちな「間違ったら恥ずかしい」「変なことを言っちゃったらどうしよう」という恐怖もないので、のびのびと会話を楽しんでください。(Appliv)

smallstart_iot儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証

SMALLSTARTNEWS_ZUKKUサービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る

関連記事

  1. アマゾン“年間3000万円以上稼げる”と新規の配…

    アマゾンは、複数のインセンティブを用意して、配送ネットワークを拡大し…

  2. southasiamarket2

    東南アジア開拓 「8つのヒント」

    台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つ…

  3. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行…

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし…

  4. AI大国中国

    「AI大国」を目指す中国 2030年に関連産業を…

    この先、急成長が期待されている産業として、AI(人工知能)が挙げられよう。モ…

  5. ハノイ市:スタートアップ企業向け情報サイトを開設…

    ハノイ市人民委員会は10日、スタートアップ・エコシステム(Start-Up …

  6. 急成長中のIoT市場、2020年には145兆円突…

    米決済情報サイト「Payment.com」などの最新レポートから、昨年のIo…

  7. スウェーデンの「IT ガイド」――移民と高齢者が…

    ヨーロッパでは2015年の難民危機以降、難民や移民と住民との間の摩擦や、移民…

  8. SMALLSTARTNEWS_ZUKKU

    サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る

    AI・業務自動化、クラウドコンピューティング、情報セキュリティ、モバイル活用…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP