menu

人工知能と英語の勉強

そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達成できないようです。昨今ではSkypeを使って英会話ができるサービスも盛況ですが、AIを用いた英会話アプリなんてものも出てきています。このアプリは会話の相手が人口知能で、24時間好きな時に話し相手になってくれます。

Android
iOS

全くの初心者には難しいかもしれませんが、多少の日常会話ができる方は「英語ネイティブのAI」と話してみてはいかがでしょうか。

この機能がすごい

スマホにはマイクがついていることを活かして、実際にあなたが英語を喋れるというのが嬉しい機能です。日本人は英語の発音が下手だと言われますが、このアプリは発音を分析してスコア化してくれるため、恥をかくことなく1人でひっそり練習できるわけです。英会話にありがちな「間違ったら恥ずかしい」「変なことを言っちゃったらどうしよう」という恐怖もないので、のびのびと会話を楽しんでください。(Appliv)

smallstart_iot儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証

SMALLSTARTNEWS_ZUKKUサービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る

関連記事

  1. できる社員は体力+根性?

    予防医学の一番のテーマは「オフィスワーカーの健康」小林雅氏(以下、小林) IVS特別番組、今回は…

  2. ヨーロッパ各国における仮想通貨普及率調査・一位はトルコ

    ドイツのリサーチ会社であるスタティスタ(Statista)が世界15カ国を対象にした仮想通貨の普及率…

  3. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  4. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

  5. Samsungと中国ブランドがインド携帯市場を席巻

    現在インドは中国製スマートフォン革命の真っ只中にいる。2016年Q4の販売台数ランキングトップ5に、…

  6. VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にする

    将来、医者が手術室にいなくても、手術を受けることができるようになるかも…?日々進化している医…

  7. 【中国EC】1年足らずで急成長「生放送アプリ」のパワーがすごい!…

    中国では有名人や人気ブロガーが発信する情報が、商品の売り上げを左右しますが、いま熱いのは生放…

  8. cryptocurrency_smallstart

    どうしてビットコインを選んだ人がいますか?その価格はどうして続い…

    ビットコインの歴史が長くありません。それは2009年本聡に唱えされました。実はビットコインは一つの…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP