menu

今年こそ起業すべき? 事業立ち上げを迷っている人へ

新年を迎え、今年の抱負を決める時期がやってきた。変化の予感にワクワクする時期だ。2019年1月前半にある今、私たちの周囲には、これから新たに始まることや、今までの方向性を変化させるチャンスが渦を巻いている。

皆さんの中には、起業したいと考えながらもまだ実行に移していない人がいるだろう。そうした人は今、安定・安心の大企業など、“安全な”環境で働いているのかもしれない。

しかし実は、起業家は常に隠れた葛藤を抱えているものだ。起業家の人、あるいは起業したい人であれば、心当たりがあるはずだ。他の人の仕事を見て「自分ならもっとうまくできるはず」とささやく声が聞こえ、「自分がこれを任されていたら」という疑問が頻繁に頭に浮かぶ。安全地帯の端に立ち自分のビジネスを開始しない限り、どんなに多くのことを達成し、賞を取ったり認められたりしても、少なくとも若干の居心地の悪さを感じ、満たされない生活を送っている。

人々の中には起業家向けの性格タイプを持った人がいるという考え方もある。こうした人は、他とは非常に違った世界を見ている。熱心で行動力があり、活気に満ちあふれ、一般的な学校になじめなかった人が多い。そして、どうすればプロセスを改善できるかについて常に考えている。

時にはリチャード・ブランソンのように、失読症などの障壁を克服し、成功する人もいる。ブランソンは、欧州で屈指の大富豪になった後でさえ、自身の財務状況をまとめた文書を読めなかった時のことを語る。事業を立ち上げた数年後、ある役員会議で部下の一人がブランソンを脇へ呼び、純利益の意味を説明するために海の絵を描いた。その真ん中には、多くの魚が入った網が描かれた。海が総収入で、網は売り上げの海から得られる純利益を示していた。こうしてブランソンは純利益を理解した。

私がこの話で興味深いと思ったのは、ブランソンが全てを知らずして非常に大きな成功を収めたことだ。ブランソンは、自分が知らないことがあっても、大きな一歩を踏み出す決断をためらうことはなかった。これもまた、リスクを取らないタイプの人には説明するのが難しい起業家の特徴の一つだ。リスクをできる限り最小化した上で、全てを知ることは絶対にできないこと、不測の事態を全てなくすことはできないことを理解した上で、大きな一歩を踏み出す。

ブランソンは長い間、自分を出来損ないだと思っていた。社会からそう教えられたのだ。学校での成績は悪く、校長からは最後の登校日に、あなたは将来刑務所に入るか、億万長者になるかのどちらかだろうと言われた。こうした多難な子ども時代にもかかわらず、ブランソンは世界を自分自身の方法で変えることができた。

偉大な起業家とその奇抜な特徴を上げ続ければきりがない。興味深いことに、これらの特徴を他の人と比べると違いは大きいが、起業家タイプの間で比べると、多くの面で非常に似通ったところがある。

一つには、起業家タイプは失敗を恐れず、失敗は通過点でしかないと考えている。こうした人の中で、失敗は蓄積されず、そこから学びを得ると、暗い気持ちを持つことなく前進する。宇宙に行く、電気自動車を発明する、次世代の公共交通機関となるトンネルをロサンゼルスの地下に掘るなど、大きな賭けを試みることができる理由はこうした点にある。

こうした特徴はあなたに当てはまるだろうか? そうだとしたら、それを心強く思おう。あなたは頭がおかしいわけではない。夢見る自分を押し込めてはダメだ。とりあえず行動は起こさず、夢についてじっくり考え、大きな冒険の旅の計画を練っても良いが、夢を完全に諦めではいけない。また、今後必ず現れるだろう批判的な人々に、自分の夢を消させないこと。一歩ずつ、一日ずつ夢に近づこう。

私自身にもその経験がある。私は大企業で高い地位についていたことがあり、その仕事は非常に満足のいくもので、素晴らしい学びが得られた。またその仕事により、自分の船で航海に出る準備もできた。こうした役職に就くことができた日々に、私は感謝している。

しかしそれでも、耳元で常に聞こえていた(そして今も聞こえている)起業のささやきはやむことがなかった。私はある時点で、自分が起業するべきだということを悟った。その道のりは時にはとても恐ろしいものだったが、後悔は全くしていない。

新年が始まった今、皆さんには、じっくりと考えに浸れる静かな場所を見つけてほしい。そこでしっかり耳を澄まし、起業を呼び掛ける天の声が聞こえたら、一歩を踏み出そう。

日本でも起業の敷居はかつてないほど低くなっていますが、アメリカほどお金が集まるわけでもありません。会社に勤めながら副業的なサービスを始め、軌道に乗せてみるのを目標にしていくのも一つの手かと思います。

upq_smallstartほぼ1人で家電ブランドを立ち上げた若き経営者・中澤優子に迫る

startupfailed_smallstart2018年に市場を去ったスタートアップたち

関連記事

  1. 絵を売りながら旅をする生活

    才能とネットを活かした新しい生活が普及してきています。ロンドン在住のMaxwell Ti…

  2. spacex

    スペースXの最新ロケット、ここがスゴイ

    打ち上げの瞬間は21:30頃。  必見のブースター帰還場面は…

  3. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし、化粧品関連のMemeb…

  4. ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算してお…

    旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。ポーランド…

  5. 自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値の…

    「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジ…

  6. 独の教会に「ロボット牧師」

    500年前にマルチン・ルター(1483~1546年)が宗教改革を始めたドイツ東部ウィッテンベルクに、…

  7. blockchain-smallstart

    医療のブロックチェーン革命で、ここまで出来るようになる

    ※この記事は、11月20日号(11月13日売り)「ここまで来た AI医療」特集より。長い待ち時間や誤…

  8. イスラエルのモビリティスタートアップ11社

    名古屋を主拠点に自動車関連を中心としたIT技術を提供するAZAPA株式会社が、イスラエルから11社の…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP