menu

傾向に合わせた販売方法

昨今失明の原因1位とされる緑内障にかかる人が増えているようです。
緑内障は、眼球の奥にある視神経に障害が起きて視野が欠けていく病気です。この病気は治らないのでこれ以上悪化しないよう治療していく他ありませんが、40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障といわれ、その数は年々増加しています。

現在スマホやPCを使う時間が増え、便利になりましたが、それに伴い睡眠不足、長時間の目の使用、座りっぱなしによる眼球内の血流不足などから若くても緑内障になる人が増えていると言われています。

一概にパソコンやスマホの利用の原因だけではありませんが、LEDディスプレイから発せられる青い色(ブルーライト)の影響で、目が疲れやすく、また体内時計を狂わせてしまって睡眠に影響が出てしまうのは確かのようです。

ブルーライト

 

もちろん今では各社からブルーライトカット眼鏡やフィルターなども販売されておりこれらの製品はどれも目を守ろう、と言ったキャッチコピーが目立つのですが、ただ単に危機感を煽って販売するより、眼科で検査してもらいましょう、と言った相手のことを考えた販売の方が好感を持ってもらえるかと思います。

他にも受注生産や開発の依頼にも、相手の希望や条件を吟味しクライアント事業が成功する見込みが厳しそうなら相手の立場になって断る、と言った判断も必要になるケースも出てくるかと思います。短期的見るとメリットはないのですが、その後信頼も持ってもらい次に繋がるケースができれば、長期的にはこちらの方が双方に利益をもたらすことになることでしょう。

 

スマホで映画のような撮影を

おとぎ話を天井に演出 Moonlite

関連記事

  1. 北カフカス地方-smallstart

    ロシアの火薬庫で日本ブーム

    ロシア南部の北カフカス地方に取材カメラが入りました。旧ソ連の崩壊後、ロシ…

  2. 大阪府、スタートアップ支援拡充 IT・IoT部門新設

    大阪府はスタートアップ企業などを対象にしたビジネスプランコンテストを拡充する。従来の地域需要創出、グ…

  3. freec_smallstart

    東南アジアでビジネス版Facebook目指す「freeC」が正式…

    「例えるならビジネス情報に特化したFacebookのようなもの。就職やクラウドソーシング、イベント…

  4. AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

    人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う…

  5. voice

    AI音声認識のアドバンスト・メディア「第2回AI・人工知能EXP…

    [株式会社アドバンスト・メディア]音声認識・音声対話の各種サービス、幅広いビジネス活用事例を…

  6. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  7. スマート工場はスモールスタートで、50万円から始める「見える化」…

    FAプロダクツは、スマートファクトリー化に向けた障壁を下げるため、既存設備の稼働監視や帳票レス化を低…

  8. 中国のデーティングアプリ「Momo」が最高益を記録 ― ライブス…

    位置情報を利用した中国のネットワーキング・アプリ「Momo」が発表した最新の決算によれば、同社のユー…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP