menu

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

スマホアプリを活用した“スマート郵便受け”

今、日本では荷物の発送数の大幅増加による配達業者不足や、再配達の多さが社会問題になっている。
エストニアのCleveron社が手がける“スマート郵便受け”「SnapLocker」は、そんな問題の解決の糸口になるかもしれない。

クラウドベースの郵便受けで、スマートフォンアプリを活用し、鍵なしで手紙や荷物を受け取れる仕組み。LAEVというスマートハウスの居住者が利用できるシステムだ。

・QRコードを活用

居住者に権利を授与された配送業者は、スマートフォンの専用アプリを通じて「SnapLocker」にアクセスする権利を取得する。

ロッカーに設置されているQRコードをスキャン後、受取人の指定をおこない、荷物のサイズに適合したスロットを選び、中に荷物を収容する。同じ受取人に違うサイズの荷物がある場合も、1つの受取人にまとめて指定できるという。

・受取人にアラートを送信

その後、指定された受取人にアラートが送信される。受取人がQRコードをスキャンすると、該当のスロットが開いて荷物を受け取れるという仕組みだ。

荷物が何個もある場合、アプリ内でリストを確認できるようになっている。これなら不在が多い人も安心して荷物が受け取れるし、配送業者の再配達の負担も大幅に削減できるだろう。

Cleveron社としては今後、エストニア国外のヨーロッパや北アメリカの市場にこの技術を展開していきたい意向。日本でも一刻も早くこのような仕組みが導入されて欲しいものだ。(TECHABLE)

独の教会に「ロボット牧師」

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

関連記事

  1. IoTスタートアップに最適なサービス”b-Pass”

    2017年3月21日、アスキースタートアップによるハードウェアとIoTのカンファレンスイベント“Io…

  2. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  3. テック系、アクセラレーター、女性進出…トルコのスタートアップ事情…

    ナイジェリアのラゴス、パレスチナ自治区のガザ、インドネシアのジャカルタ。あるスタートアップイベントで…

  4. 通訳機

    74言語対応。翻訳機を超えた、夢の「通訳」機 share

    ■世界の人と交流できる、手のひらサイズの通訳機POCKETALKは手のひらサイズの通訳機。話…

  5. “塗り絵付き”牛乳パックでブランド選好4.5%UP!イスラエル乳…

    1962年創業のイスラエル最大手の乳製品メーカー「Tnuva」。1日に200万本もの牛乳を出荷する同…

  6. デルが女性起業家支援をはじめて8年 状況は変わったのか

    シリコンバレーの女性起業家はセクハラのリスクと戦っているDell Technologie…

  7. smallstart

    スタートアップとスモールビジネス 6つの違い

    スタートアップは難しい。成功する確率は1割もないと言われている。本連載の筆者である田所雅之氏は失敗を…

  8. スマート工場はスモールスタートで、50万円から始める「見える化」…

    FAプロダクツは、スマートファクトリー化に向けた障壁を下げるため、既存設備の稼働監視や帳票レス化を低…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP