menu

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

スマホアプリを活用した“スマート郵便受け”

今、日本では荷物の発送数の大幅増加による配達業者不足や、再配達の多さが社会問題になっている。
エストニアのCleveron社が手がける“スマート郵便受け”「SnapLocker」は、そんな問題の解決の糸口になるかもしれない。

クラウドベースの郵便受けで、スマートフォンアプリを活用し、鍵なしで手紙や荷物を受け取れる仕組み。LAEVというスマートハウスの居住者が利用できるシステムだ。

・QRコードを活用

居住者に権利を授与された配送業者は、スマートフォンの専用アプリを通じて「SnapLocker」にアクセスする権利を取得する。

ロッカーに設置されているQRコードをスキャン後、受取人の指定をおこない、荷物のサイズに適合したスロットを選び、中に荷物を収容する。同じ受取人に違うサイズの荷物がある場合も、1つの受取人にまとめて指定できるという。

・受取人にアラートを送信

その後、指定された受取人にアラートが送信される。受取人がQRコードをスキャンすると、該当のスロットが開いて荷物を受け取れるという仕組みだ。

荷物が何個もある場合、アプリ内でリストを確認できるようになっている。これなら不在が多い人も安心して荷物が受け取れるし、配送業者の再配達の負担も大幅に削減できるだろう。

Cleveron社としては今後、エストニア国外のヨーロッパや北アメリカの市場にこの技術を展開していきたい意向。日本でも一刻も早くこのような仕組みが導入されて欲しいものだ。(TECHABLE)

独の教会に「ロボット牧師」

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

関連記事

  1. black_friday

    【ブラックフライデー】、1億6,400万人が買い物!次のトレンド…

    ■全米小売業協会(NRF)が16日に発表した調査結果によると、ブラックフライデーを含む木曜日~月曜日…

  2. itインフラ

    中堅・中小企業の窮状を打破するHCIの「潜在力」とは?

    ノウハウ継承が進まず日々の運用も困難にHCIベンダーの立場からはDell EMCの小野 誠氏(イ…

  3. japancompany

    AI時代に日本人が世界の少数派になるということ

    AIも自然言語解析ツールやテキストマイニングのように、質の良いデータが大量に投入され、それらのデータ…

  4. 中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

    中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「今後5年で中国人の海外旅…

  5. vr_smallstart

    VR空間でAIアシスタントが患者に寄り添う!医療向けアプリ「Lu…

    VRは医療でも活用が進んでおり、患者の痛み軽減や医学生のトレーニングなど、用途は様々です。…

  6. 中国の医療系スタートアップ、Infervisionが日本進出へ―…

    ディープラーニングと画像認識をがんの診断などに利用するスタートアップ、中国のInfervisionが…

  7. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人口6億人の購買力が爆発し…

  8. できる社員は体力+根性?

    予防医学の一番のテーマは「オフィスワーカーの健康」小林雅氏(以下、小林) IVS特別番組、今回は…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP