menu

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

スマホアプリを活用した“スマート郵便受け”

今、日本では荷物の発送数の大幅増加による配達業者不足や、再配達の多さが社会問題になっている。
エストニアのCleveron社が手がける“スマート郵便受け”「SnapLocker」は、そんな問題の解決の糸口になるかもしれない。

クラウドベースの郵便受けで、スマートフォンアプリを活用し、鍵なしで手紙や荷物を受け取れる仕組み。LAEVというスマートハウスの居住者が利用できるシステムだ。

・QRコードを活用

居住者に権利を授与された配送業者は、スマートフォンの専用アプリを通じて「SnapLocker」にアクセスする権利を取得する。

ロッカーに設置されているQRコードをスキャン後、受取人の指定をおこない、荷物のサイズに適合したスロットを選び、中に荷物を収容する。同じ受取人に違うサイズの荷物がある場合も、1つの受取人にまとめて指定できるという。

・受取人にアラートを送信

その後、指定された受取人にアラートが送信される。受取人がQRコードをスキャンすると、該当のスロットが開いて荷物を受け取れるという仕組みだ。

荷物が何個もある場合、アプリ内でリストを確認できるようになっている。これなら不在が多い人も安心して荷物が受け取れるし、配送業者の再配達の負担も大幅に削減できるだろう。

Cleveron社としては今後、エストニア国外のヨーロッパや北アメリカの市場にこの技術を展開していきたい意向。日本でも一刻も早くこのような仕組みが導入されて欲しいものだ。(TECHABLE)

独の教会に「ロボット牧師」

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

関連記事

  1. 中国の医療系スタートアップ、Infervisionが日本進出へ―…

    ディープラーニングと画像認識をがんの診断などに利用するスタートアップ、中国のInfervisionが…

  2. androidP

    Google 音声AIが人間らしい会話を

    北米時間5月9日,毎年恒例となっているGoogle主催の開発者向けイベント「Google I/O 2…

  3. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェク…

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEH…

  4. イスラエル発の匿名AI求人プラットフォーム「Workey」、シリ…

    ミレニアル世代の職探しを支援する雇用スタートアップの Workey が、PICO Partners …

  5. proofofconcept

    概念を目に見える形で示す「PoC」の重要性

    AIをはじめとするテクノロジーの進歩によって、これまでに無かった新しいアイデアやビジネスモデルが次々…

  6. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化している

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、その次の鄧小平の段階にな…

  7. lonely

    「孤独担当大臣」とは?

    イギリスのテリーザ・メイ首相は1月18日、「孤独担当大臣」のポストを新設し、トレイシー・クラウチ氏を…

  8. 拡大する「Gig Economy」とは

    米決済情報サイト「Payment.com」が発表した「Gig Work Index(GWI/フリーラ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. BuyLocal
  2. nursing_smallstart
  3. blockchain
  4. venture_smallstart
  5. AWS Managed Blockchain_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP