menu

安川情報システム、クラウドサービス「MMCloud」に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラム開始

安川情報システム株式会社は、同社が提供するクラウドサービス「MMCloud」に容易に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラムを2017年8月1日から開始する。現場でデータ収集を行う機器からの「MMCloud」への接続を簡易化し、クラウド連携という価値を付与することで、IoT市場への参入を検討する機器ベンダーを後押しするという。また、同社はIoT市場の中でエコシステムを強化すると発表した。

「MMCloud Ready」認定によって機器ベンダーは下記のことが可能になるという。

  • クラウドサービス連携機器としての提案が可能
    IoTクラウドサービスに簡単に接続でき、手軽にIoTシステムの実現ができる機器として、提案が可能になる。
  • 海外対応が可能
    グローバルなIoT活用に対応した同社IoTソリューションとの連携により、海外展開希望の顧客への提案も可能。
  • 今後のIoT価値拡大
    IoTデータの更なる活用を促進している同社IoTソリューションと連携することで、今後同社が展開する様々なサービスとの連携が可能になる。それにより、自社開発を伴わずに、製品価値を高めることができる。

「MMCloud Ready」認定取得のためには、「MMCloud」との通信ができるよう、同社が定める接続手段のうち、1つ以上に対応する必要がある。そのために、機器に組み込むドライバー等の開発が発生する。

同社が提供する「MMCloud」はIoTで必要となる機能を標準搭載したIoTプラットフォーム。「MMCloud」に接続するだけで、機器の稼働監視や稼働状況分析、移動体監視、アラーム通知などの機能をクラウドから使用することができる。イニシャルコストを抑えることが可能な、スモールスタートに適したサービスとして、効果を見ながら段階的にシステムを展開できるという。

なお、同プログラムスタートにあたり、3メーカの製品を「MMCloud Ready」製品として認定した。

メーカ名 製品名 製品概要
センチュリーシステムズ株式会社 FutureNet MA-E300シリーズ 小型のLinuxアプライアンスサーバ
各種通信モジュール内蔵が可能なエッジコンピュータとして、センサネットワークの構築と携帯網への接続を1台で行える。
株式会社デジタル GP4000シリーズ
SP5000シリーズ
マルチ・データボックス
Pro-face IoT Gateway
プログラマグル表示機/データ収集機器
各社制御機器との高い接続性、豊富なラインナップを有しているため、顧客の要望にフレキシブルに対応。
株式会社 日立産機システム CPMonitor 複数入出力端末装置
豊富なインタフェースを一台に集約しており、多様なセンサからのデータ取得を容易に実現。

(IoT News)

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

もうメジャーも設計図もいらない:部屋を丸ごと3DスキャンするiPadアプリの可能性

関連記事

  1. 今知っておくべきイスラエルのスタートアップ11社

    AppsFlyerAppsFlyerは、同社のSaaS(サービスとしてのソフトウェア)技術につい…

  2. ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが成功するためには…

    ベンチャー企業をコンサルタントして資金を集められるように育て上げるという異色の投資スタイルを持ちDr…

  3. smallbusiness

    スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

    北九州市が運営するシェアオフィス「北九州テレワークセンター」(北九州市小倉北区浅野3)のリニューアル…

  4. <シンガポール編>東南アジアITビジネス 実際のところはどうなの…

    東南アジア地域に進出する日本企業が増えている。アジアの金融ハブとして人・モノ・金が集中するシンガポー…

  5. nature energy

    「おだやかな革命」に見る、「幸せな経済」のつくり方~

    景気拡大が続いているにもかかわらず、賃金が上がらない。相変わらずなくならないブラック労働、その末の過…

  6. bcoin

    仮想通貨ブームで売り切れているPCパーツとは

    ワシントン在住のビデオゲームプレーヤー、ジェームズ・リスカさん(30)は、コンピューター・グラフィッ…

  7. spartan_smallstart

    まさかのノーリスクハイリターン!? 起業家を始めてみるということ…

    「これからの時代、起業は安全なのではないか?」というテーマで本連載の第1回でお話をしましたが、今回…

  8. blockchain

    国連世界食糧計画(WFP)、食糧支援にブロックチェーン活用

    WFPの食糧支援では、支援対象者に現金や電子マネー、デビットカード、引換券などを配布し、自身がこれら…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP