menu

工場現場で手を守る頑丈な手袋

 

学生時代アルバイトで鉄工所で働いていたことがありましたが、工場では裁断装置や溶接機など扱いを間違えれば大事故になる工具がたくさんありました。実際工員の一人は指を切り落として大変な事故になったこともありますした。工事現場でなくとも日曜大工中に、釘を打つ際に誤って指を打ってけがをされたことがある人もいるかもしれません。

“MARK VII”はそんな現場の状況を改善すべく、非常に丈夫な仕上がりとなっている手袋です。 特殊な保護加工が指先に施されているため重いものが指先に落ちたり、指を切ってしまう事態になっても 手を保護します。
 


 

指先では工事中特に事故が多いので、少しでも怪我を減らせるこのような頑丈な手袋は助かるのでは ないでしょうか。 まだ商品化はされていないようですが、是非商品化してもらいたいものです。

自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に

2016年のアプリ市場

関連記事

  1. ベトナムで経済 栄養補助食品市場が急成長、偽物の氾濫で取り締まり…

    この10年間でベトナムにおける栄養補助食品の生産輸入業者数が急増し、偽物も氾濫していることを受けて、…

  2. イスラエルのヘルステック女性起業家が集結

    ヘルステック分野の米国発コミュニティー「HealthTech Women」の日本支部となるHealt…

  3. 避難所生活を快適にする「段ボール」の舞台裏

    いかに苦難を乗り越えて事業を進めるか、を考えなければいけません。でももう一つ大事なのは、その事業に大…

  4. 医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病院の事務作業時間…

    日本でもGoogle HomeやAmazon Echoの販売が解禁され、AIスピーカーや音声AIアシ…

  5. 置き忘れを防ぐ スマートウォレット

    靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の1つ。30代に差しかかる…

  6. southasiamarket2

    東南アジア開拓 「8つのヒント」

    台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか…

  7. 急成長中のIoT市場、2020年には145兆円突破?7割の世帯が…

    米決済情報サイト「Payment.com」などの最新レポートから、昨年のIoT(モノのインターネット…

  8. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP