menu

工場現場で手を守る頑丈な手袋

 

学生時代アルバイトで鉄工所で働いていたことがありましたが、工場では裁断装置や溶接機など扱いを間違えれば大事故になる工具がたくさんありました。実際工員の一人は指を切り落として大変な事故になったこともありますした。工事現場でなくとも日曜大工中に、釘を打つ際に誤って指を打ってけがをされたことがある人もいるかもしれません。

“MARK VII”はそんな現場の状況を改善すべく、非常に丈夫な仕上がりとなっている手袋です。 特殊な保護加工が指先に施されているため重いものが指先に落ちたり、指を切ってしまう事態になっても 手を保護します。
 


 

指先では工事中特に事故が多いので、少しでも怪我を減らせるこのような頑丈な手袋は助かるのでは ないでしょうか。 まだ商品化はされていないようですが、是非商品化してもらいたいものです。

自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に

2016年のアプリ市場

関連記事

  1. 中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

    中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「今後5年で中国人の海外旅…

  2. 絵を売りながら旅をする生活

    才能とネットを活かした新しい生活が普及してきています。ロンドン在住のMaxwell Ti…

  3. イスラエルのモビリティスタートアップ11社

    名古屋を主拠点に自動車関連を中心としたIT技術を提供するAZAPA株式会社が、イスラエルから11社の…

  4. 30u30europegroup

    フォーブスが選ぶ30歳未満、欧州版で唯一リスト入りした日本人

    毎年、世界で活躍する30歳以下の起業家、イノベーター、アーティストたちが選出されるForbes 30…

  5. 日本航空、海外ビジネス客の取込強化へ-3拠点でセールス注力

    日本航空(JL)代表取締役副社長の藤田直志氏は、業務渡航に関わる旅行会社やサプライヤー、出張元の企業…

  6. 急成長中のIoT市場、2020年には145兆円突破?7割の世帯が…

    米決済情報サイト「Payment.com」などの最新レポートから、昨年のIoT(モノのインターネット…

  7. Samsungと中国ブランドがインド携帯市場を席巻

    現在インドは中国製スマートフォン革命の真っ只中にいる。2016年Q4の販売台数ランキングトップ5に、…

  8. 中国の医療系スタートアップ、Infervisionが日本進出へ―…

    ディープラーニングと画像認識をがんの診断などに利用するスタートアップ、中国のInfervisionが…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP