menu

弁当のIoT

パナソニックは1日、AIVICK(京都市南区)と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を活用した企業向け弁当配送事業「置き弁」の実証を始めたと発表した。パナソニックの事業所内(大阪府門真市)に、個人認証機能を持つ電子錠付き冷蔵庫(写真)を設置。AIVICKがインターネットで注文を受けて弁当を販売し冷蔵庫に収める。

クレジットカードで決済するため、代金回収の手間や間違いを減らせる。認証機能や庫内カメラを使って在庫を管理するため、弁当の取り違えも発見できる。登録情報に基づいて健康的な弁当メニューなども提案できる。

3月末をめどにシステム全体の性能や仕様を確立しスマートフォンとも連携する。

パナソニックは4月以降に顧客企業内での実証を始める。(newswith)

新興企業アクセラレーター集う深圳-製造業

韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

関連記事

  1. dobai2

    ドバイに学ぶ観光戦略

    普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競…

  2. IoT実現の鍵を握るインド活用

    IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。しかし、近年のIoTブー…

  3. AIが業務委託契約のリスクを判定

    ランサーズは2018年4月17日、オンライン契約判定サービス「AI-CON」を、同社の会員向けに1カ…

  4. IoTスタートアップに最適なサービス”b-Pass”

    2017年3月21日、アスキースタートアップによるハードウェアとIoTのカンファレンスイベント“Io…

  5. 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実…

  6. 災害時のAI活用

    災害ラジオにAI活用

    盛岡市のラジオコンソーシアム岩手(野田尚紀代表理事)は12日、災害時のラジオ放送でAI(人工知能)を…

  7. IoTビジネス共創ラボ 「ドローンワーキンググループ」を設立

    IoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティ「IoT ビジネス共創ラボ」は、ド…

  8. トルコが欧州でもっとも暗号通貨に理解のある国との調査結果

    わずかヨーロッパ人の9%がビットコインを所有し、16%が将来いつか何らかのビットコインを購入すると答…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. blockchain
  2. venture_smallstart
  3. AWS Managed Blockchain_smallstart
  4. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP