menu

急成長中のIoT市場、2020年には145兆円突破?7割の世帯が所有

米決済情報サイト「Payment.com」などの最新レポートから、昨年のIoT(モノのインターネット)市場が7億3700億ドル(約41兆7667億円)まで急成長を遂げると予想されていたこと、子どものいる世帯の7割がなんらかのIoTデバイスを所有していることなどが判明した。

IoTが人々の日常生活に浸透し始めた近年、消費市場が活性化しただけではなく企業によるIoT投資も急激に勢いを増している。

自動車IoTが注目株 重要課題はセキュリティー対策

日常生活を取り囲む様々なモノをインターネットで接続することで、モノがまるで生き物のように呟き始めるというコンセプトから生まれたIoT。テレビ、オーディオ、PC、スマホといったデジタルデバイスから冷蔵庫、洗濯機などの電化製品、さらには自動車やバイクに代表される乗り物まで、インターネットをとおして相互接続させることが可能な時代になった。

最新の調査結果によると、米国では1200人中97%がIoTの存在を認識しており、62%が実際にIoTデバイスを利用している(2016年データ:IAB)。最も人気のあるIoTデバイスはスマートTV(所有率47%)、ヘルスケア・ウェアラブル(44%)、自宅の環境を管理できるデバイス(17%)と、日常的に利用しやすい点がポイントのようだ。

家族ぐるみでIoTを生活に取りいれる世帯も増え、1400人世帯中71%がIoTを自宅で利用しているほか、37%が今後2カ月以内に2台目(あるいはそれ以上)の追加購入を予定していると回答(2016年データ:メディアポスト)。

市場調査会社、インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)はIoT市場の年平均成長率(CAGR)が、2015年から2020年にかけて15.6%の伸びを記録し、最終的には1兆2900億ドル(約145兆3443億円)に達すると見こんでいる。

それにともないIoT投資も順調に拡大し、特に自動車IoTへの投資がほかのセクターに類を見ないほどの急成長を遂げることが予測される。こうした傾向は欧米だけではなくアジア地域でも強く見られ、今年テクノロジー系起業家の38%がスタートアップの設立を予定している(2017年データ:MIS)。

しかしIBMの調査などからは「80%のIoTデバイスにセキュリティー対策の脆弱性が見られる」と報告されており、IoT市場における今後の重要課題となりそうだ。(ZUU Online)

民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」、宿泊施設へのレンタル開始。

100万円超の借入が5分で完了ーN26の新サービス

関連記事

  1. 世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

    なくすを、なくす。アラートで紛失を防止MAMORIOはスマートフォン…

  2. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつ…

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請…

  3. IoTでビジネス価値を生み出す–企業…

    提供:iStockphoto/Jirsak IoT市場が爆発的な成長…

  4. IoTビジネス共創ラボ 「ドローンワーキンググル…

    IoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティ「IoT …

  5. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2…

  6. businessclass

    10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

    通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから…

  7. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTO…

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックで…

  8. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的…

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP