menu

数億円獲得者も…単発請負型経済「ギグ・エコノミー」の可能性

インターネットの発達によって人々の生活は大きく変わってきた。そして、仕事のやり方も根本から変わろうとしている。経営コンサルタントの大前研一氏が、ネット経由のフリーランサーとして、年間億円単位で稼ぐ人も現れた新しい経済の形「ギグ・エコノミー」について解説する。

* * *
欧米で「ギグ・エコノミー(Gig Economy/単発請負型経済)」が拡大している。ギグ・エコノミーとは、インターネットを通じて単発の仕事を請け負う労働形態、およびそれによって成り立つ経済のことで、代表的な例はスマートフォンを活用した配車サービス「ウーバー(Uber)」のドライバー、民泊サイト「エアビーアンドビー(Airbnb)」のホスト、ネット経由で企業からデザインやコンテンツ制作、システム開発、翻訳といった業務を受注する専門職のフリーランサーなどである。

ちなみに「ギグ」は、もともとジャズミュージシャンが使い始めたスラングで、一度だけの短いセッションをやること。それが転じて「単発の仕事」という意味で使われるようになったのである。

そもそもアメリカでは20年くらい前に、ニューヨークなどに住んでいた人々がコロラド州などに続々と移住して仕事するようになった。ネットとパソコンの普及によって、いつでもどこでも仕事ができるようになった職種の人たちが大移動し、SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)が隆盛した時期があった。

金融業界も様変わりしている。お金の運用はもはや場所を選ばなくなった。たとえば、アメリカのゴールドマン・サックスでは株式売買の自動化システム導入により、以前は600人いたトレーダーが今は数人に減ったという。本社機能以外のかなりの部分はコンピューターによる高速取引で代替されたし、運用の基本的な作業はウォール・ストリートにいる必要がなくなったからだ。このため富裕層相手のファンド・マネージャーの多くはニューヨークからボストンに移住した。

ともすればクラウドソーシングの仕事はブラックになりがちだが、アップワークには世界屈指のプログラマーも多い。だから、たとえばニューヨーク証券取引所に上場しているベラルーシのソフトウェア会社「EPAMシステムズ」は、人が足りなくなった時はアップワークで補充している。世界の最適人材を必要な時に必要なだけ使っているわけで、もはや自社の社員にこだわったり、手配師になって丸投げ外注したりしている時代ではないのである。

一方、アップワークの登録者は、お客さんから高い評価を得れば時給がどんどん上がっていくので、最も優秀な人はおそらく年間億円単位で稼げている。

ギグの良い点は、時間と場所の制約から解放されるということだ。その仕事ができればどこにいてもかまわないので、通勤しなくてよいし、コアタイムや会議も必要ない。「成果」だけでつながればよいのである。

安倍晋三首相は「非正規を正規に」などと言っているがむしろ今は正社員のほうが使えない時代になっている。「君はトランペットを吹けるのか、それともサックスか?」と聞いても、「私は総合職ですから……」と言って何の役にも立たない輩があふれている。

したがって、これから日本企業は正社員を思い切り減らして優秀なギグを世界中から(ネットで)集めるべきであり、そうなれば大きい成果を出すフリーランサーのほうが正社員より高給をもらえる時代がやってくるだろう。(@niftyニュース)

Kickstarterが日本に上陸

韓国、ベトナムで投資件数・認可額が首位 中国シフト鮮明に

関連記事

  1. Shenzhen

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘

    広東省深圳市が今、脚光を浴びている。未来感あふれる新たなサービスが続々と導入され、気鋭のベンチャー企…

  2. かわいすぎる!ピコピコ動くネコ耳つきスーツケース「Fravel」…

    なでたり一緒に歩いたりすると、ピコピコ動くネコ耳のついたスーツケース「Fravel」が、クラウドファ…

  3. 中国の2000分の1以下、足踏みする日本のシェアエコノミー

    ネットを通じて自宅や車を貸し出すことなどで収入を得るシェアリングエコノミーの日本の市場規模は、中国の…

  4. リーン・スタートアップ手法が全米標準に

    米国議会の2016年最終日、民主党と共和党は米国のイノベーションと研究開発を強化する法令に合意しまし…

  5. lonely

    「孤独担当大臣」とは?

    イギリスのテリーザ・メイ首相は1月18日、「孤独担当大臣」のポストを新設し、トレイシー・クラウチ氏を…

  6. kimono

    「はれのひ」事件は起こるべくして起きた、着物ビジネスの闇

    成人式当日に音信不通「はれのひ」は計画倒産か昔と違って成人式や結婚式などでしか着なくなった着…

  7. 中国の医療系スタートアップ、Infervisionが日本進出へ―…

    ディープラーニングと画像認識をがんの診断などに利用するスタートアップ、中国のInfervisionが…

  8. 「私は1日8時間しか働きません」 スウェーデン女性起業家が明かす…

    キッズ向け衣料の「イスビョン」の創業者でCEOのマリア・フライクマン・フォースバックさんは、「1日に…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP