menu

日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第1四半期のエビ輸出額の21.9%を占めている。

日本人消費者の嗜好は、マグロやサーモン、イカなどの魚介類に比べてより手頃なエビに移りつつあるという。

またVASEPは、2017年の第1四半期に68の市場にエビを輸出しており、日本をはじめ欧米諸国、中国、韓国などの市場において、同国産のエビが95.4%を占めることを発表した。(DIGIMA NEWS)

派遣エンジニア、外国人を大量採用 人材各社

4月の訪日外国人数が、過去最高の250万人を突破した理由とは?

関連記事

  1. 「日本企業とシリコンバレーを結ぶ架け橋になりたい」 ITで日米協…

    世界のIT産業の集積地である米シリコンバレーと日本企業のつながりを深めるため、現地の日系人が中心とな…

  2. インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

    <日本企業の「出向」システムから、現代インドの「2000ドル自動車」まで、欧米とは異なる形のイノベー…

  3. 世界で加速する「キャッシュレス革命」

    キャッシュレス経済が加速する北欧諸国日常生活に現金を必要としないキャッシュレス社会が世界的に進展…

  4. 完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

    米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専…

  5. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

  6. 中国で生まれたサービスモデルがシリコンバレーにも飛び火、いま中国…

    コンテンツビジネスのマネタイズ、そして KOL(キーオピニオンリーダー、各業界に影響を与える著名人)…

  7. vr

    VRで視力治療の米企業がEU進出、2018年はアジア進出目指す

    VRを使って弱視・斜視などの治療を行う製品を開発するVivid Visionは、これまで米国を中心に…

  8. 日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

    日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP