menu

日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第1四半期のエビ輸出額の21.9%を占めている。

日本人消費者の嗜好は、マグロやサーモン、イカなどの魚介類に比べてより手頃なエビに移りつつあるという。

またVASEPは、2017年の第1四半期に68の市場にエビを輸出しており、日本をはじめ欧米諸国、中国、韓国などの市場において、同国産のエビが95.4%を占めることを発表した。(DIGIMA NEWS)

派遣エンジニア、外国人を大量採用 人材各社

4月の訪日外国人数が、過去最高の250万人を突破した理由とは?

関連記事

  1. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜索も可能に

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが、多くの大企業は技術の進…

  2. イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を…

    動画のインタラクティブ化技術を開発するイスラエル企業Retube.incが、イスラエルスタートアップ…

  3. 「クール・タイ」起業家底上げ タイ文化で商品価値高く

    タイ商工会議所が「クール・タイ」プログラムを始めた。創造性豊かな商品やサービス開発にあたる若手主体の…

  4. 猛スピードで3兆円企業に!異色のCEOが導くAirbnb成長物語…

    この夏アメリカで、白人優越主義者による騒動が起こった際、Airbnbが取った対応は素早かった。…

  5. 日本の仮想通貨規制で国際競争力が失われる懸念を表明

     「仮想通貨の規制強化の弊害で、日本は世界に遅れを取っている」(創法律事務所 斎藤創氏)、「…

  6. 日本航空、海外ビジネス客の取込強化へ-3拠点でセールス注力

    日本航空(JL)代表取締役副社長の藤田直志氏は、業務渡航に関わる旅行会社やサプライヤー、出張元の企業…

  7. 中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円市場を狙う各社の…

    中国はコピー大国の汚名を返上すべく、テクノロジー分野で最もホットなAIの開発に国を挙げて取り組んでい…

  8. 東南アジアは“世界のイノベーションハブ”になる

    東南アジアのスタートアップというと、以前まではシリコンバレーや日本で流行ったサービスのタイムマシン経…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP