menu

福岡市が「成長可能性都市」で1位に

野村総合研究所は7月5日、国内100都市を対象とした「成長可能性都市ランキング」を発表した。同調査では都市の産業創発力を、「多様性を受け入れる風土」「創業・イノベーションを促す取り組み」「多様な産業が根付く基盤」「人材の充実・多様性」「都市の暮らしやすさ」「都市の魅力」という6つの視点から、131の指標を用いて総合的に分析している。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

総合的な産業創発力が高いのは、1位が東京23区、2位が福岡市、3位が京都市。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

実績とポテンシャルの差分で見た伸びしろが大きいのは、1位が福岡市、2位が鹿児島市、3位がつくば市という結果になった。これらの都市は今後自立して世界から外貨を獲得し、地域経済を索引する「ローカルハブ」になる可能性を秘めているという。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

その他には6つの評価視点別のランキングや、「移住者にやさしく適度に自然がある環境で働く」「リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる」「子育てしながら働ける環境がある」「起業スピリッツがあり、スモールビジネスに適している」といったライフスタイル別のランキングが全部で12発表された。
福岡市は「都市の魅力」で1位になるなど、12のランキングですべて10位以内にランクイン。次に8つランクインした鹿児島市、松本市、札幌市が続いている。(excite news)

VCがイスラエルVBと日本企業を橋渡し

露店に拡大、無人コンビニも 中国で急伸、スマホ決済

関連記事

  1. southasiamarket2

    東南アジア開拓 「8つのヒント」

    台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか…

  2. 急成長中のシリコンバレー・スタートアップ企業、バンティック、日本…

    あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」に対応したイベント・ドリブン型アプリケーション開発プ…

  3. 食料の無駄 南米では50%以上に

    国連食糧農業機関(FAO)ブラジル事務所のデータによると、南米では食料の28%が農業生産の過程で失わ…

  4. デバイスの爆発的増加でIoTが変えるビジネスモデル

    数年間でオンラインになることが予想される20億台から500億台の新しいデバイスは、テクノロジ関連事業…

  5. ベトナムのお給料事情

    ベトナムで働く日本人は大きく分けて、日本の会社から派遣されて駐在員として働く場合と、ベトナムにある会…

  6. 中国で大人気、「シェア自転車」がはやるワケ

    今、北京や上海といった中国の大都市に行くと、オレンジや黄色の自転車に乗った人を多く見かけるだろう。中…

  7. フィンテック競争に巻き込まれるインドネシア市場

    インドネシアで中国系のフィンテック消費者金融企業がビジネスを拡大している。現段階で、インドネシア金融…

  8. NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太陽光パネル点検技…

    NTT西日本とNTTネオメイトは2017年3月24日、ドローンを活用した太陽光パネル点検ソリューショ…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP