menu

福岡市が「成長可能性都市」で1位に

野村総合研究所は7月5日、国内100都市を対象とした「成長可能性都市ランキング」を発表した。同調査では都市の産業創発力を、「多様性を受け入れる風土」「創業・イノベーションを促す取り組み」「多様な産業が根付く基盤」「人材の充実・多様性」「都市の暮らしやすさ」「都市の魅力」という6つの視点から、131の指標を用いて総合的に分析している。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

総合的な産業創発力が高いのは、1位が東京23区、2位が福岡市、3位が京都市。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

実績とポテンシャルの差分で見た伸びしろが大きいのは、1位が福岡市、2位が鹿児島市、3位がつくば市という結果になった。これらの都市は今後自立して世界から外貨を獲得し、地域経済を索引する「ローカルハブ」になる可能性を秘めているという。

NRI「成長可能性都市ランキング」資料より

その他には6つの評価視点別のランキングや、「移住者にやさしく適度に自然がある環境で働く」「リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる」「子育てしながら働ける環境がある」「起業スピリッツがあり、スモールビジネスに適している」といったライフスタイル別のランキングが全部で12発表された。
福岡市は「都市の魅力」で1位になるなど、12のランキングですべて10位以内にランクイン。次に8つランクインした鹿児島市、松本市、札幌市が続いている。(excite news)

VCがイスラエルVBと日本企業を橋渡し

露店に拡大、無人コンビニも 中国で急伸、スマホ決済

関連記事

  1. イタリアのスタートアップは、カプセルホテルでヨーロッパ制覇の夢を…

    実のところ、空港をよく利用する人の心を支配しているのは、空を飛ぶことの恐怖よりもむしろ、乗り換えのと…

  2. 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」、宿泊施設への…

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウ…

  3. シンガポールのスタートアップエコシステムから見る、日本企業と東南…

    メガベンチャーが牽引した2017年の東南アジアスタートアップ1644億ドル、これは2017年の1…

  4. workstyle

    フランスから見た、日本の働き方改革に足りない視点

    100年以上も続く、日本の働き方改革。その動きが活発化してきたことは歓迎します。例えば残業上限も、厚…

  5. medicalbusiness

    米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

    2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市…

  6. smallstart

    スタートアップとスモールビジネス 6つの違い

    スタートアップは難しい。成功する確率は1割もないと言われている。本連載の筆者である田所雅之氏は失敗を…

  7. smallbusiness

    スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

    北九州市が運営するシェアオフィス「北九州テレワークセンター」(北九州市小倉北区浅野3)のリニューアル…

  8. 米国のベンチャーキャピタルが狙う日本に潜む「第2のグーグル」

    世界に通用する日本の3分野AI(人工知能)やロボットなど、いま世界が注目する最新技術の多くはアメ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP