menu

自分に合う海外移住先ってどこ? エストニア発の都市マッチングサービス「Teleport」

一昔前まで「海外移住」と聞くと敷居が高いイメージだったが、インターネットでの情報検索や移動手段などのコストが低くなったことで比較的気軽に計画・実行できるようになったのではないだろうか。それでも、仕事や居住環境など現地に行ってみるまで分からないことも多く、なかなか足を踏み出せないでいる人がいるのも事実だ。 そこで今回、「バルト三国のシリコンバレー」と呼ばれているIT先進国エストニア発の移住情報Webサービス 「Teleport(テレポート」を紹介したい。

一言でいうと、仕事や居住環境など個人の好み・スタイルに合わせて移住先を見つけてくれる都市マッチングサービスだ。このTeleport、実は最近グーグル傘下のモビリティ・マネジメントシステム「MOVE Guides」に買収されて話題を呼んだ。また開発メンバーの多くがSkype出身という優秀なエンジニア集団でもある。ちなみにあまり知られていないが、Skypeはエストニア発のサービスだ。

teleport2

エストニアのテック系カンファレンス「Latitude59」の様子

自分の好み・スタイルに合う都市を見つける

まず、TeleportのWebサイトトップページ左下にある「START EXPLORING」のボタンをクリックすると、自分の好みやスタイルを選択するページに移動する。好みに合わせて選択していこう。

teleport3

Teleportのトップ画面。

設問項目は「生活コスト」「生活の質」「仕事・キャリア」「都市インフラ」「起業」の5つ。例えば、「生活コスト」の項目では、「所得税率の低さ」「生活コストの低さ」「家賃の安さ」の3つの選択肢の中から重要だと思うものを選択する。複数選択もできる。すべて選択できたら「NEXT STEP」ボタンをクリック。

teleport4

仕事や居住環境に関して自分の好み・スタイルを選んでいく。

次のページでは、現在住んでいる場所、家賃、職業、収入、職歴を記入する。記入後に「SHOW ME RESULT」ボタンをクリックすれば、自分の好みとマッチングした順に都市を表示してくれる。

teleport5

現在住んでいる場所、家賃、職業、収入、職歴を記入する。

筆者も試してみたが、最もマッチしたのはシンガポールだった。実際に現在、シンガポールに住んでいるので、住むべくして住んでいるのかと感心させられた。大都会が苦手、海の近く、活気ある場所など個人的な嗜好が見事に反映された。

選択肢によっては日本の都市が出てくることもある。筆者は大都会が苦手なので東京はマッチングリストに入っておらず、代わりに京都が入っていた。

teleport6

Teleportが自分の合った都市を提示してくれる。

Teleportがおもしろいのは、今まで移住先として考えたことがなかった都市が候補地になること。筆者の場合、2番目のトロント、4番目のアムステルダム、5番目のミュンヘンなどは、移住先として考えたことがなかった。

多くの機能のうち、実際使ってみて個人的に役立ちそうだと感じたのは、生活コストの比較機能だ。「DETAILS」をクリックするとおすすめの都市の詳細情報があり、現在住んでいる場所と生活コストを比較できる。

例えば、シンガポールとトロントの生活コストを比較すると、家賃や食費、医療費、その他を合わせた総生活コストのうち、それぞれがどのくらいの割合を占めるのかが分かる。 シンガポールでは、総生活コストの74%を家賃が占める一方、トロントではその割合は58%にとどまる。また生活コストだけでなく、可処分所得も計算してくれる。インターネット上で情報を探し、生活コストを一括して比較するのは非常に骨の折れる作業なので、この機能は非常にありがたい。

teleport7

シンガポールとトロントの生活コスト比較

選択した都市の物価の詳細リストもあるので、移住後の生活もイメージしやすいだろう。トロントの物価は、フィットネスクラブ月間会員費46ドル、映画チケット9ドル、ブロードバンドインターネット接続41ドル、公共交通を使った場合の月間交通費110ドル、ランチ12ドルなどとなっている。また、現地の求人情報を知らせてくれたり、職種ごとの年収情報などを調べられたりできる機能もある。

極め付きは、Teleportに登録している各国のユーザーからの現地の情報。もし心配事があれば、質問を投げてみてもよいだろう。

近年クラウドベースの仕事環境が整備され、LCCなど移動手段の低コスト化が進み、働く場所や住む場所の制約はなくなりつつある。特に働き盛りの20〜30代のミレニアル世代では、テクノロジーを使いこなし、好きな場所で好きな仕事をするというスタイルが増えてきているように思える。

次の目的地をTeleportで探してみてはいかがだろうか。(BUSINESS INSIDER JAPAN)

トーンで感情理解 AIスピーカーに付加機能

世界最速のスタートアップ育成所、中国深セン「HAX」の起業家たち

関連記事

  1. アジア各国の賃金

    過去10年間の各国の賃金の変化を見ると、中国やアセアン諸国の上昇率が比較的高…

  2. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒…

  3. IoT実現の鍵を握るインド活用

    IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。…

  4. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化して…

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、…

  5. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2…

  6. businessclass

    10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

    通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから…

  7. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTO…

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックで…

  8. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的…

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP