menu

自分のバイアスを他力本願で突破する「マイ賢者」発想法

アイデア力に自信がある人でも思考が偏ったり、バイアスがかかってしまいがち。それを打破できるのが「マイ賢者」。SNSでのちょっとしたつぶやきが、身近な人の意外な顔が、あなたの創造性を高めてくれるかも。

新しいアイデアを発想するとき、着想のヒントをくれる「賢者」のような存在がいたら……。著名な経営者や政治家の専売特許のように思われがちなこの存在が、工夫次第で誰でも持てるようになるかもしれない。いってみれば「マイ賢者」。その萌芽が、若い人たちの日常から見えてきます。

漢方を現代の女の子にライフスタイルとして提案しているブランド「DAYLILY」。私の元同僚の小林百絵さんが始めたスタートアップですが、そのきっかけは大学時代、もともと知人だった王怡テイさんの漢方に関する修士論文制作を手伝ったこと。漢方の奥深さや可能性に魅せられた小林さんが王さんに起業を持ちかけ、DAYLILYは始まりました。王さんという、いわばマイ「漢方の賢者」が身近にいたことで新たな価値が生まれたわけです。

私が所属する電通若者研究部では社会と学生の共創プラットフォーム「βutterfly」という取り組みをしており、そこでのワークショップで大学生の皆さんが出した「やりたいことのかなえ方」の未来の仮説からもその兆しは見られます。「とりあえずYouTubeで宣言」「Twitterで目標を発信」「polcaで支援を募る」などなど、他者に告げることから始めようというものがとても多かった。

自分だけでなんとかしようとせず、かといって他人に丸投げして自分で努力しないわけでもない。いわば「積極的他力本願」。すでにアテにしている誰かだけでなく、思いもよらない「マイ賢者」の偶然の発見も期待しつつ、個人版オープンイノベーションを実践しているわけです。

大企業の若手有志団体のコミュニティ「ONEJAPAN」も、業界や専門性を超えた交流によってお互いを「マイ賢者」にしあっています。企業同士のやり取りの多くを占める「目的ありきのつながり」では生まれにくい、「つながりから始まる新たな“目的の発見”」が創出され、メンバーの一人として私自身も、このつながりが日ごろのあらゆる業務のアイデアの価値を2割増しにしてくれている感触があります。

このように、自分の興味関心トピックそれぞれに「マイ賢者」を自覚的に持っておくことで、効率や創造性が高まります。例えば、マイ「コーヒーの賢者」は職場のAさん。マイ「地方移住の賢者」は大学時代の友人Bさん。マイ「写真の賢者」は隣に住むCさん……。

自分の脳の中に頼れる知人が居並んでいるイメージを持つことで、問題解決のスピードは格段にあがります。直接聞いてしまうのもよし。「彼ならどう考えるだろうか」と自分の思い込みを外すための指標にしてもよし。実際に巻き込んで一緒に進めるのももちろん有効です。

若い人たちの仮説や行動が示す通り、テクノロジーやツールの発展によって他者との距離や関係性を縮めやすくなり、ラフな問いを広範に投げかけられるようになりました。また、「そこまで親密じゃない」「最近あまり会っていない」知人に対しても、軽やかに連絡を取れるようになったことも「マイ賢者」を活用しやすくなった背景かもしれません。

「マイ賢者」の効き目は情報収集だけではありません。例えば、自分ひとりで考えているときに陥りやすい「盲点」「バイアス」を打破してくれる効果。また、人に聞いたほうがほどよく「ノイズ」が入り、それが思いもよらない発想のジャンプにつながることも。

かつてシュンペーターがイノベーションを定義づけた「新結合」が、情報収集に好ましい雑味が入ることで起きやすくなる感じ。加えて、生み出された瞬間にすでに「関係者・応援者」がいる状態になるので、実現意欲を高めて取り組むことができます。

どうやったら「マイ賢者」を持てるのか。それは「普段の知り合いの、『知らない顔』に目を向ける」ことから始まるかもしれません。「賢者」というと、社会的に名の通ったすごい人をイメージしがちですが、「マイ賢者」の場合は、世の中ではなく「自分にとって」どうなのかが大事で、いつも接している身近な人にも可能性はあります。“会社の上司”としか見てないおじさんが「コーヒーの賢者」かもしれないし、“大学時代の同級生”としか見てない腐れ縁が「M&Aの賢者」かもしれない。

顕在化している関係性とは異なる「知らない顔」を見出すことが、「マイ賢者」を創るコツ。そのためには「雑談」がカギになります。もらった知恵がどう活きたのかを雑談で返すことで対話が生まれ、さらに知恵をもらいやすくなっていくはずです。

これまでのやり方が通用しない不確実な時代だと言われて久しいし、加えて時間と労力には限りがあり、可能性や選択肢の取捨選択が必要です。他方、レコメンドや最適化だけでは、「知らず知らずのうちに自分が見たいものだけを見ている」というフィルターバブルにはまり込んでしまう恐れも。そんな中、「自分の視野や思い付きの限界を戦略的に超える方法」を、若者たちは無意識に取り入れているのかもしれないのです。

日本企業がよく指摘されている「自前主義の弊害」に対して、「β版発想」「オープンイノベーション」などのアプローチが盛んですが、その個人版ともいえる知恵が、日々の創造性を上げてくれるかも。(Fobes JAPAN)

忙しい時でも職場でのランチは一人で摂るより、雑談しながら仲間と一緒にした方が生産性が上がる、という研究結果がありましたがまさにこのことなのですね。

DispatchHealth在宅医療の米スタートアップDispatchHealthが36億円調達、事業拡大へ

investmenttrust月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

関連記事

  1. “塗り絵付き”牛乳パックでブランド選好4.5%UP!イスラエル乳…

    1962年創業のイスラエル最大手の乳製品メーカー「Tnuva」。1日に200万本もの牛乳を出荷する同…

  2. English-teacher

    中国の「中小都市」英会話ビジネス

    「北上広深」と呼ばれる北京・上海・広州・深圳を中心に大都市をターゲットとしたサービスは大量に存在し、…

  3. 広がるギグ・エコノミー 対応力を示す英文メール術

    働き方の変化は英語を使う局面にも変化をもたらしています。ビジネスライティングのプロ、ポール・ビソネッ…

  4. investmenttrust

    月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

    大手投資運用会社であるGCIアセット・マネジメント執行役員の太田創氏は、実は個人で投資信託を883…

  5. エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

    バルト三国最北にあるエストニアは、通話/メッセージングサービス「Skype」が誕生したことでも知られ…

  6. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

  7. Samsungと中国ブランドがインド携帯市場を席巻

    現在インドは中国製スマートフォン革命の真っ只中にいる。2016年Q4の販売台数ランキングトップ5に、…

  8. スモールスタート

    起業の“小さなきっかけ”を教えてくれるユニークな1冊働き方改革の旗印のもと、多くの企業では長…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP