menu

都市の成長力ランキング

野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性がある都市の1位が福岡市となった。野村総研は「イノベーションが起こりやすい風土があり、将来の産業を担う企業が登場する可能性がある」と指摘した。2位は鹿児島市、3位は茨城県つくば市だった。

 調査は人口規模を考慮して選んだ100都市を対象に実施。20~59歳の男女を対象としたインターネットによる調査も活用し、移住者数や企業数など131の指標を使って評価した。

 2位の鹿児島市は「外部人材の受け入れや多様性の寛容度が高く、新しいものを受け入れる風土がある」とした。つくば市は、大学や研究機関が多く人材が豊富で「国際研究都市への成長が期待される」と位置付けた。4位は松山市、5位は福岡県久留米市と続いた。

 これまでの実績を踏まえた成長の総合ランキングでは、1位は東京23区、2位は福岡市。3位になった京都市は「国際会議や外国人も多く、世界に開かれた街。コンパクトな都市で市民の満足度が高い」とした。

 ライフスタイル別のランキングも選出しており「子育てしながら働ける環境がある」の1位は長野県松本市だった。「引退した世代が余生を楽しみながら仕事ができる」「移住者にやさしく自然がある環境で仕事ができる」の2部門の1位は鹿児島市、「起業精神がありスモールビジネスにも適している」の1位は東京23区となった。

 野村総研は、大都市に依存せず自立し、外貨を獲得できる都市を育てることは「地方創生だけでなく、災害に強い強靱(きょうじん)な国土の実現につながる」と指摘した。(毎日新聞)

自身スモールビジネスをしている身としては、スタートアップで一番大きな要素としては刺激を受けられることが大きいかどうか、なのではないかと思います。様々なバックグラウンドを持つ人たちから考えを聞いたり、意見を出し合ったりそれが自分の事業の方向性や頭の中で考えていることを小さな世間に出すことによって軌道修正されたりと。それが海外からの人たちも加わればより大きくなるでしょう。

IT先進国、エストニアが仮想通貨発行を検討

あの人工知能の権威が教育の世界へ──「AIの活用法」を学ぶオンライン学習コースを展開

関連記事

  1. スウェーデンの「IT ガイド」――移民と高齢者が…

    ヨーロッパでは2015年の難民危機以降、難民や移民と住民との間の摩擦や、移民…

  2. AIが医師の代わりになるイギリス

    AIの導入により効率化を勧めた、リストラした、という取り組みは、今のところ民…

  3. イスラエルのヘルステック女性起業家が集結

    ヘルステック分野の米国発コミュニティー「HealthTech Women」の…

  4. エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

    バルト三国最北にあるエストニアは、通話/メッセージングサービス「Skype」…

  5. 通訳機

    74言語対応。翻訳機を超えた、夢の「通訳」機 …

    ■世界の人と交流できる、手のひらサイズの通訳機POCKETALKは手…

  6. 自社ECサイトも音声ショッピングに“手軽に”“開…

    自社ECサイトを運営している事業者は、“手軽に”“開発知識なし”で、Ama…

  7. ビットコイン初心者向けの資産運用方法

    ビットコインのリスクを回避する6つのルールこれまでご説明してきたよう…

  8. ukiyoe1m3

    -日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

    三井悠加が浮世絵と出合ったのは9年前。アーティストのコンサートグッズの企画を…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP