menu

AIスピーカー なぜ注目?

AIスピーカーが日本でも相次いで発売されているみたい。どんなことができるの? 注目されているわけは? 将来はスマートフォンのように誰もが持つようになるのかな?

画像の拡大
AIスピーカーの可能性について、岡紗恵子さん(31)と熊沢靖子さん(46)が奥平和行編集委員に話を聞いた。

AIスピーカーが相次いで発売されていますね。

11月8日に米アマゾン・ドット・コムが日本で「エコー」を発売すると発表しました。日本で買える主な製品は米グーグルの「グーグルホーム」、LINEの「クローバウェーブ」と合わせて3つになります。この分野ではアマゾンが先行し、2016年に米国で1100万台も販売したとの推計があります。20年には世界で1億7000万台が普及するという予想もあり、日本でも年末商戦の目玉になるとの声が出ています。

音声AI(人工知能)を利用し、スピーカーに話しかけて様々な操作ができます。まずスピーカーなので、各社の製品は音楽の再生ができます。天気予報やニュースの確認、目覚まし時計やタイマーといった機能も共通しています。簡単なゲームができたりAIが冗談を言ったりする遊び心も似通っています。

そんな中、グーグルはもともとインターネット検索の会社なので調べ物が得意という特徴があります。一方でアマゾンは買い物、LINEはメッセージの送受信といった具合に、得意分野を生かして違いを出そうとしています。

なぜ今、注目されているのですか。

以前との大きな違いは、コンピューターが人の声を正しく認識する技術が高まっていることです。13年には間違って認識する割合が約25%ありましたが、現在は5~6%まで低下したのでは、との見方もあります。グーグルによると、米国ではすでにスマートフォン(スマホ)などモバイル機器を通じた検索サービスの利用のうち20%が音声によるものだそうです。

コンピューターの操作の仕方を振り返ると、1995年に米マイクロソフトがパソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ95」を発売し、家庭でキーボードやマウスを使うのが一般的になりました。2007年には米アップルがスマホ「iPhone」を発売し、手で触れて操作するタッチパネルの利用が普及しました。およそ10年ごとに新たな入力方法が登場してきたことも「次は音声」と注目が高まる理由かもしれません。

国内での価格はいずれも1万円台前半で、最新の技術を利用した製品としては比較的手ごろです。音声AIは話しかけて与えた情報が増えるほど性能が高くなる特徴があり、各社はなるべく早く普及させて情報をたくさん得ようとしています。価格を抑えて普及を優先し、ネット通販や広告といった事業で稼ごうとする姿勢も透けて見えます。

音声操作は他の分野にも広がりそうですか?

スピーカーを「音声AIを搭載した最初の製品」と位置付ける企業が目立ちます。今年1月の米家電見本市「CES」では、アマゾンの音声AIを搭載した700もの製品が登場しました。LINEもトヨタ自動車やファミリーマートなどと組み、自動車の中や店舗に音声AIを普及させようとしています。

キーボードや小さな画面を使わずに様々な機器を操作してサービスを利用できれば、子供や高齢者の利便性が高まりバリアフリーにつながります。双方向の会話機能が進化すれば、将来は認知症予防に活用するといった使い道も出てくるかもしれません。

個人情報が漏れる恐れはありませんか?

各社は音声データを暗号化して送信・保管しているといいます。会話を聞かれたくないときに押すボタンや、どういうデータが送られたか利用者が確認できる方法も説明しています。それでも米国では犯罪捜査にAIスピーカーを通じて収集した音声データが使われたという話題が関心を集めるなど、利用者の懸念が完全に払拭できていないのが実情です。繰り返し丁寧に説明し、不安を解消することが普及にあたって必要です。(日本経済新聞)

テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリーグッド、ディップらから総額4億円を調達

smallstart_iot儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証

関連記事

  1. 各国のスタートアップ状況

    起業家や投資家が集まり、スタートアップ企業が自らの事業などについてプレゼンテーションする北欧発のイベ…

  2. シリコンバレーとは違う、フレンチ起業

    サッカーワールドカップロシア大会で優勝したフランスが、「起業大国」という新たな称号を得つつある。20…

  3. small start-in-n-out

    米国の新たな富豪、36歳の「ハンバーガー姫」は資産3300億円

    フォーブスが10月に発表した、米国人長者リスト「フォーブス400」の2018年版には、今年初めてラン…

  4. 自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値の…

    「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジ…

  5. スウェーデンの「IT ガイド」――移民と高齢者が進めるインテグレ…

    ヨーロッパでは2015年の難民危機以降、難民や移民と住民との間の摩擦や、移民に対する排外的な動きを扱…

  6. AI・ロボット活用し先端医療機器大国となりつつあるイスラエル

    日本から遠く離れたイスラエルは、人口860万人、国土は日本の四国ほどしかない小さな国だが…

  7. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  8. home-office-smallstart

    全社員がリモート勤務でも成功できたスタートアップの戦略とは?

    「GitLab」はソフトウェア開発環境を支援するサービスで、社内のクローズドな環境でソースコード…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. BuyLocal
  2. nursing_smallstart
  3. blockchain
  4. venture_smallstart
  5. AWS Managed Blockchain_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP