menu

受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システムの開発に乗り出す。

 都道府県では初の取り組みといい、2018年度にAIに応答パターンを学習させ、19年度からの運用を目指す。

 県は、不要不急の軽症者の救急搬送を減らすため、救急電話相談を小児向けと大人向けに行ってきた。昨秋以降は24時間対応とし、それぞれ看護師2~5人を配置しているが、1日の平均相談件数は小児向けが約280件、大人向けが約200件に上る。相談の半数が集中する午後7~11時には電話がつながらないことも多いため、AIを活用して体制強化を図ることにした。

 AIによる相談はインターネットを使い、無料通話アプリ「LINE(ライン)」のように、スマートフォンなどの画面上で一問一答を交わす形式を想定している。(読売新聞)

日本は他の国に比べて医療機関に行くケースがとても多いとイギリスの人から驚かれたことがあります。一つは高齢者のしゃべり場的になっているケースが見受けられ、これは定期診断と地域の交流を兼ねているので一概には悪いとも言えず、診療所のお医者さんも医療だけでなく話を聞く、と言うこと自体価値があると思っている人が周りに多かったです。一方重い症状で診察せざるを得ない状況で長時間待たされるのはかなり苦痛です。今回のAIは診断の判断を補助する形での導入なので部分的ですが、病院行った方がいいかどうか意見を聞きたいときに個人的にも利用してみたいです。

English-teacher中国の「中小都市」英会話ビジネス

israelstartupイスラエスから学ぶ、ビジネスを成功へ導く3つの「C」

関連記事

  1. 複業採用の[サイボウズ]

    「サイボウズで複業しませんか?」2017年1月17日、サイボウズが「複業採用」を発表し、多く…

  2. エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

    バルト三国最北にあるエストニアは、通話/メッセージングサービス「Skype」が誕生したことでも知られ…

  3. bar_smallstart

    宮崎に招待制のバー 若者の起業やスモールスタートを支援する場に

    宮崎市内に招待制バー「Tours bar」(宮崎市橘通西3)がオープンして4カ月が過ぎた。7…

  4. リーン・スタートアップ手法が全米標準に

    米国議会の2016年最終日、民主党と共和党は米国のイノベーションと研究開発を強化する法令に合意しまし…

  5. AI人材争奪、世界で70万人不足 日本勢は米中に後れ

    世界で人工知能(AI)の専門家の争奪戦が過熱している。車の自動運転や顧客データの解析、音声認識や顔認…

  6. シンガポールのスタートアップエコシステムから見る、日本企業と東南…

    メガベンチャーが牽引した2017年の東南アジアスタートアップ1644億ドル、これは2017年の1…

  7. 北海道経済、ロシアとの交流で活性化できる

    サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに参加した北海道の高橋はるみ知事は、スプートニクのイン…

  8. 派遣エンジニア、外国人を大量採用 人材各社

    IoT普及で需要拡大人材サービス各社が人手不足感が強いエンジニア派遣(総合2面きょうのことば)で…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP