menu

「深圳すごい、日本負けた」の嘘

広東省深圳市が今、脚光を浴びている。未来感あふれる新たなサービスが続々と導入され、気鋭のベンチャー企業が次々と登場するイノベーション・シティ。停滞感漂う日本とは異なる世界が存在するという。

深圳の何がそんなに「すごい」のか。深圳でEMS(電子機器受託製造)企業のジェネシスホールディングスを経営し、自著『「ハードウェアのシリコンバレー深圳」に学ぶ――これからの製造のトレンドとエコシステム』(インプレスR&D)で深圳の変化を描いた藤岡淳一に聞いた。

――日本では「深圳礼賛」が静かなブームになっている。

確かにわが社にも問い合わせや視察が増えており、盛り上がりを感じる。ただ、漠然とした「深圳はすごい」というイメージばかりが先行しているように思う。キャッシュレス決済やシェアサイクルの普及、街中にドローンが飛んでいるといった表面的な事象ばかりを取り上げても意味がない。

「電子製造業を取り巻くエコシステム」「高度人材が集中する研究開発」「高額所得者が集まることによる不動産・商業の発展」「中国の中でも比較的緩い政府の規制」など、個々の側面に目を向けなければ実態は分からない。自著ではEMS経営者として、主に電子製造業について、自らがどのように深圳の強みを活用しているかを具体的に描いた。

――その強みとは何か。

サプライチェーンとエコシステムだ。この数十年で日本から低付加価値の分野が韓国、台湾に移り、深圳に流れていった。人件費が高い場所で付加価値の低い仕事はこなせないのだから自然な流れだ。その後、本来ならば深圳からその先に流れていくはずだが、深圳は後背地に膨大な人口を抱えている。そのため長きにわたりワーカーの人件費は低水準に抑えられてきた。

その結果、日本、韓国、台湾から流れてきた低付加価値の事業は、まるでダムにせき止められた水のように深圳に溜まっていった。結果、電子機器製造業に必要な全てが車で1時間圏内に集まる都市が完成した。設計、部品、組立、金型、検査、物流、全てだ。こうなるとあまりにも利便性が高いため、少々人件費が高騰しても他地域に移ることは難しい。

また中国のサプライチェーンは徹底的に分業が推し進められている。そして、それぞれのカテゴリにおいての競争が激しく、低価格での材料調達が可能だ。個々の企業が必死に生存競争を繰り広げることで、全体としては製造業に最適な「森」が生まれた。それが深圳だ。エコシステム(生態系)という言葉がこれほどしっくりくる街はないのではないか。

――そのため「ハードウェアのシリコンバレー」になった、と。

書名には大手企業ではなく、IT企業やベンチャー企業にとって最適の場所だという意味を込めた。それというのも、中小零細事業者が多かった歴史から、小ロットでの製造を行うための仕組みが充実しているからだ。

「公板公模」が象徴的な事例だろう。これは汎用の基板、汎用のケースを指す言葉だ。電子機器製造では基板と金型の初期費用がかかるが、公板公模を使えば開発費ゼロで調達できるうえ、開発期間も短縮できる。これは電子材料のシェアリングエコノミーとも言える、新しい製造業のトレンドを生んだ。

わが社は日本のベンチャー企業などから法人向けタブレット、IoT(モノのインターネット)機器を受託して製造するのが主要事業だが、日本の競合企業よりも圧倒的な小ロット・低価格を実現している。わが社と日本企業ではMOQ(最低発注数)が10倍も違うということもあった。小ロットでも製造できるのは深圳のサプライチェーンを活用すればこそだ。

ベンチャー企業には多額な開発費や在庫を抱えるための資金がない。多額の資金がなくともカスタム製品を作れる場が必要だ。また、最初から完璧に要求を満たすカスタム製品を作ることも難しい。トライ&エラーを繰り返す必要があるが、そのためには小ロットで製品を作れる環境が不可欠だ。(Newsweek)

 

日本の著名なエコノミストも日本は中国にかなわない、といった持論を述べている方もおります。AIが判断を下すにはディープラーニングが必要であり、ディープラーニングに必要なのはビックデータです。よって今後もGoogle,Amazon,Apple,FacebookなどがAI業界でも索引して行くでしょうし、中国も自国の13億人をマーケットとできるのでビックデータを集めやすいため、日本に勝ち目がないのは一理あるかと思います。ただ日本やアメリカと比べて中国で生活したい人はあまり多くないでしょう。またAIや先端分野で優位になったとして、それが個人の幸福に繋がらないと結局モチベーションも上がらないことと思います。日本社会では企業や仕事優先に働いてきた人たちが引退して行き場のない現状踏まえると、AIを使うことで就業時間が減り、個人で楽しめる時間を増やすといった点にフォーカスする流れであればやる気も出るのではないでしょうか。

Consentiumデジタル通貨取引機能を搭載するチャットアプリ「Consentium」、ICOで1,000万米ドル相当の資金を調達

smallbusinessスモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

関連記事

  1. ドイツの スタートアップ事情

    欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな人種が暮らす多文化共生が根付いているベルリンを…

  2. small start-in-n-out

    米国の新たな富豪、36歳の「ハンバーガー姫」は資産3300億円

    フォーブスが10月に発表した、米国人長者リスト「フォーブス400」の2018年版には、今年初めてラン…

  3. 「格安スマホ」満足度ランキング!2年連続の1位はどこ?

    スマホは、いまや生活必需品という人も少なくない。しかし、「使い過ぎで月々の支払いが大変だ」という声も…

  4. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTOLOCK」

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックできる製品がクラウドファイ…

  5. remotowork

    組織を腐らせる「ダメリモートワーク」

    働き方改革の一環としてリモートワークを採用する会社が増えている。社員はパソコンで会社につながればいつ…

  6. スモールビジネスのIT担当者は9割以上が兼任

    デル株式会社は、全国のスモールビジネスのIT担当者に対して実施した意識調査の結果を発表した。調査では…

  7. あらゆるガラスに情報表示、スマートグラスのGauzy

    イスラエルのスタートアップ「Gauzy」(2009年設立)は、LCG(液晶ガラス)パネルの特許技術を…

  8. アリババ、日本で中国発スマホ決済 QRコード使用

    中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP