menu

スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

北九州市が運営するシェアオフィス「北九州テレワークセンター」(北九州市小倉北区浅野3)のリニューアル計画が、3月23日発表された。

現在、一般市民に開放している「オープンスペース」部分約1600平方メートルを、「さまざまな人が交流できるおしゃれなカフェのような」(発表レジュメ原文ママ)コワーキングスペース(約200席)に改修し、月契約(9,800円~1万5,000円)で貸し出す。市によると、「一般オフィスを含めた施設総面積は約4000平方メートルで、日本最大級のコワーキングスペースとなる」という。施設の新しい愛称「コンパス小倉」も発表した。

市が郵政省(現総務省)や通産省(現経済産業省)と連携して2000年に開業した同施設。これから起業する人や起業間もない事業者が中心となって入居し、常駐するインキュベーションマネジャー(起業支援家)と連携し、入居者の事業拡大などを行ってきた。

開設から18年過ぎ、「スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスまで、まちぐるみで創業を応援する取り組みへ」(同)と体制を一新し、指定管理者制度を導入した。運営は、コワーキングスペース「ファビット」(浅野2)や、ものづくり支援を行う「アバラボ」(東京都台東区)、不動産総合サービス業の「アパマンホールディング」(東京都千代田区)などを中心とした「fabbit共同事業体」。

インキュベーションマネジャーに加え、新しく、入居者の世話役となる「メンター」「コミュニティーアクセラレーター」が常駐し、入居者や来館者の相談対応、ビジネスマッチング、創業に関する情報集約・発信を行うほか、魅力あるビジネスモデルを持つ企業の講演会、起業家の交流会などを行う予定。

営業時間は9時~22時。6月上旬の開業を予定する。(小倉経済新聞)

 

Shenzhen「深圳すごい、日本負けた」の嘘

mining中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮想通貨のマイニングが可能に

関連記事

  1. 資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金調達法とは

    フィンテックという金融業界の大きな潮流が、さまざまな変化を引き起こしています。今回は、スモールビジネ…

  2. AWS Managed Blockchain_smallstart

    ブロックチェーンが患者の情報を守る切り札に

    <完全な電子社会に移行したエストニアで医療記録の漏洩を防止するには......>毎年、多くの…

  3. イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を…

    動画のインタラクティブ化技術を開発するイスラエル企業Retube.incが、イスラエルスタートアップ…

  4. 福岡市が「成長可能性都市」で1位に

    野村総合研究所は7月5日、国内100都市を対象とした「成長可能性都市ランキング」を発表した。同調査で…

  5. エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

    バルト三国最北にあるエストニアは、通話/メッセージングサービス「Skype」が誕生したことでも知られ…

  6. パッケージ印刷企業のベトナム進出を支援

    日本政府が出資する政策金融機関であるJBIC(株式会社国際協力銀行)は、ベトナムに進出しパッケージ関…

  7. (後)ブラジルの未来を切り開く日系人経営者 越山 末巳

    『信用』最重視で家族経営の原点貫く先見性と品質本位で輝きが増す長崎県移住者の出世頭&nbsp…

  8. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフ…

    ■freeCの概要就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」(https:…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP