menu

スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

北九州市が運営するシェアオフィス「北九州テレワークセンター」(北九州市小倉北区浅野3)のリニューアル計画が、3月23日発表された。

現在、一般市民に開放している「オープンスペース」部分約1600平方メートルを、「さまざまな人が交流できるおしゃれなカフェのような」(発表レジュメ原文ママ)コワーキングスペース(約200席)に改修し、月契約(9,800円~1万5,000円)で貸し出す。市によると、「一般オフィスを含めた施設総面積は約4000平方メートルで、日本最大級のコワーキングスペースとなる」という。施設の新しい愛称「コンパス小倉」も発表した。

市が郵政省(現総務省)や通産省(現経済産業省)と連携して2000年に開業した同施設。これから起業する人や起業間もない事業者が中心となって入居し、常駐するインキュベーションマネジャー(起業支援家)と連携し、入居者の事業拡大などを行ってきた。

開設から18年過ぎ、「スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスまで、まちぐるみで創業を応援する取り組みへ」(同)と体制を一新し、指定管理者制度を導入した。運営は、コワーキングスペース「ファビット」(浅野2)や、ものづくり支援を行う「アバラボ」(東京都台東区)、不動産総合サービス業の「アパマンホールディング」(東京都千代田区)などを中心とした「fabbit共同事業体」。

インキュベーションマネジャーに加え、新しく、入居者の世話役となる「メンター」「コミュニティーアクセラレーター」が常駐し、入居者や来館者の相談対応、ビジネスマッチング、創業に関する情報集約・発信を行うほか、魅力あるビジネスモデルを持つ企業の講演会、起業家の交流会などを行う予定。

営業時間は9時~22時。6月上旬の開業を予定する。(小倉経済新聞)

 

Shenzhen「深圳すごい、日本負けた」の嘘

mining中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮想通貨のマイニングが可能に

関連記事

  1. iPhone Xを支えるイスラエル技術

    2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルは…

  2. AIで死後の記憶を残せるか

    20xx年、Aさんの家族がタブレット端末に話しかける。「イヌを飼いたいけれど、どう思う?」。すると、…

  3. サッカーW杯 ポーランド戦に見る日本組織の危うさ

    本日サッカーW杯日本代表が決勝Tに進出しました。喜ぶべきことですが、海外メディア…

  4. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜索も可能に

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが、多くの大企業は技術の進…

  5. 失敗すら歓迎されるシリコンバレー

    「世の中のスタートアップの90%は失敗に終わる」と言われている。一時的に注目を浴びる…

  6. 岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要因は?

    日本でもUber eatsなど今までデリバリーをしていなかったレストランがフード…

  7. 中国で生まれたサービスモデルがシリコンバレーにも飛び火、いま中国…

    コンテンツビジネスのマネタイズ、そして KOL(キーオピニオンリーダー、各業界に影響を与える著名人)…

  8. 年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

    写真拡大約1100店のスーパーにある「農家の直売所」をご存じだろうか。2016年に農業ベ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. kizzania_smallstart
  2. israel-startup-map_smallstart
  3. wordpress_smallstart
  4. startupfailed_smallstart
  5. startbusiness_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP