menu

「養蚕秘録」 江戸時代に日本から欧州への初技術輸出?

今年は、明治改元から150年。維新は西洋から数々の先端技術や思想が流入し、日本に近代化をもたらした。だが、実はそれより少し前の江戸末期に、現在の養父市からヨーロッパへの“技術輸出”があったことは知る人ぞ知る。技術書の名前は「養蚕秘録(ようさん・ひろく)」。日本の農家が地道に培ってきた養蚕や製糸の技術が、ヨーロッパの産業発展の一助になった可能性がある。

江戸時代、但馬地域の養蚕は「東の群馬、西の但馬」と称されるほど盛んだった。一方で品質は群馬や福島に比べて「下等糸」と位置付けられていたという。

そこで、養父の庄屋・上垣守国(うえがき・もりくに)(1753~1808年)は「貧しい農家の暮らしを改善したい」と全国の養蚕先進地を行脚。卵の取り方や飼育法、繭から糸を採る方法を見て学んだ。1803(享和3)年、字の読めない農家が理解できるよう、自筆のイラストをふんだんに用いて「養蚕秘録」としてまとめた。

その書物の価値に気付いたのは長崎・出島の医師シーボルト。オランダに持ち帰り、国王に献上した。1848(嘉永元)年、養蚕秘録はフランス語やイタリア語に翻訳され、「YO-SAN-FI-ROK」としてヨーロッパ各地に広がったという。

明治政府は72(明治5)年、フランス人技師を招きいて馬県に富岡製糸場を設立する。良質な生糸を供給し、日本の産業の発展を支えてきた。

2014年、同製糸場が世界遺産に登録されたのを機に、養父市でも養蚕の歴史を見直す動きが広がる。平成に入って養父市内での養蚕業は途絶えたが、同市教委の谷本進次長は「日本初ともいえる技術輸出や、フランスと養父の不思議な縁を伝えていけたら」と期待を寄せている。(金 慶順)(神戸新聞Next)

30u30europegroupフォーブスが選ぶ30歳未満、欧州版で唯一リスト入りした日本人

aiminutes「AI」で音声から議事録作成 県がソフト導入、職員負担を軽減

関連記事

  1. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  2. イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を…

    動画のインタラクティブ化技術を開発するイスラエル企業Retube.incが、イスラエルスタートアップ…

  3. learnfromyourmistake

    失敗から学ぶ「起業」―成功を勝ち取るために押さえておくべき“教訓…

    近年、起業のハードルは下がったという声もある。一因にあるのはやはりインターネットの普及であり、ユーザ…

  4. 起業する前に読んでおきたい世界のスタートアップ論16選

    アントレプレナー、VC、アクセラレータ、研究者たちが見たスタートアップ成長の軌跡とは─。編集部が選ん…

  5. シンガポールに集まる富裕層の「節税事情」を解説! 相続税や贈与税…

    シンガポールには、有名な大富豪がたくさん住んでいます。例えば、世界的にその名を知られる投資家のジム・…

  6. 国別いい国ランキング

    国の指標としてはGDPやGNPといった経済力で指標を図っていましが、最近では幸福…

  7. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Startup World Cup…

  8. 日本の介護 ベトナムに

    日本の介護技術を学んで母国の医療現場で役立てようと、ベトナムの看護師たちが高松市の特別養護老人ホーム…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP