menu

「AI」で音声から議事録作成 県がソフト導入、職員負担を軽減

岡山県は、庁内会議や記者会見などの記録作成用に、音声データを自動で文章化するシステムを導入した。働き方改革の一環で、職員の負担軽減が狙い。

人の音声を文字に変換する音声認識技術を活用し、民間企業がクラウドサービスで提供している議事録作成支援ソフトを活用。同ソフトは人工知能(AI)が自ら学習するディープラーニング(深層学習)機能を備え、使うほど変換の精度が高まるという。

これまで県では録音内容を聞き返すなどして文章化しており、2時間の会議で4時間かかることもあった。システム導入で誤変換の修正などで済むため、作成時間は半分から約3分の1に短縮できる。当面はパソコン5台で運用し、年400回程度の会議に用いる。

システムを手掛けた民間企業や県によると、同様のソフトは全国で約50自治体が議会の議事録作成などに利用しているが、庁内会議に用いるのは中国地方の5県では初という。

県行政改革推進室は「最新技術を活用した業務省力化で職員の働き方改革につなげるとともに、記録の素早い公開など県民サービスの向上も図りたい」としている。(山陽新聞Digital)

 

 

AI議事録ではIBM ワトソンのSpeech textを使えば、無料で音声をテキスト化してくれます。さらにこちらは複数人の声を認識できるので議事録作成にも使えるのではないでしょうか。

またGoogleドキュメントには音声入力機能が備わっているので、文字入力せずBlog記事を書きたいとき、または腱鞘炎を患っているときにも便利です。

yousan「養蚕秘録」 江戸時代に日本から欧州への初技術輸出?

cryptocurrencyタイ財務省、仮想通貨課税に関する枠組み最終版を発表

関連記事

  1. flier

    書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの…

    株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高めること、新たな…

  2. yamashiroya

    地方の旅館がSNSを利用して海外展開サービスを成功

    2015年大分県の家族旅館"山城屋"に香港の雑誌社が取材にやって来た。”…

  3. 各国のスタートアップ状況

    起業家や投資家が集まり、スタートアップ企業が自らの事業などについてプレゼンテーションする北欧発のイベ…

  4. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市…

  5. Instacart

    2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリー…

    普段の食料品の買い物を支援するアプリのInstacartは、商品の選択、包装と配送をオンデマンドで簡…

  6. AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

    人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う…

  7. 独の教会に「ロボット牧師」

    500年前にマルチン・ルター(1483~1546年)が宗教改革を始めたドイツ東部ウィッテンベルクに、…

  8. 仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

    2014年Mt.Gox事件以降の仮想通貨交換業者の流出事件一覧で新しいものから掲載しています。最終更…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP