menu

自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である

「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジェクトを立ち上げる際は、機能やサービスを限定してはじめ、後に需要に合わせて規模を拡大していくことである。始めるまでのハードルが低く、方向性を変えやすく、撤退という最悪の場合でもリスクが少なくて済む。主にIT分野や起業する際などによく使われる

 

自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である

-レッシング (18世紀ドイツの詩人・劇作家・批評家、1729~1781)

 

昨年はIoTという言葉が盛り上がり、さまざまな情報が飛び交った。これを受けて、今年はそれらを実行する年にしていかなければならないという風潮にある。しかし動きは鈍いままだ。あるIoTプラットフォームベンダーはこんな状況を「日本人はIoTに対して非常に関心が高く、よく勉強している。情報収集という面では世界でも一番かもしれない。でも、予算を付けて実行するフェーズになると、一気にスピード感が失われる」と指摘する。取り組む意欲はあるが、いざ始めるとなると何から手を付けていいか分からなくなり、思考停止に陥ってしまう。IoT化が進まない日本企業は、ほとんどがこのパターンだそうだ

▼これからの製造業にとってIoT導入は必須である。しかし、現段階ではほんの小さなもので良い。何も工場全体をネットワークでつないだり、データを取ったり、すべてを見える化したりする必要はない。「まずやってみる」ことが大事なのだ。対象をある一つの装置に限定し、稼働データをクラウドに上げてデータを分析して予知保全をしてみる。それだけで十分だ。IoTのプロセスをいったん経験すれば、何が必要で、どういう手順を踏めばよいのかが分かる。IoTはスモールスタートが鉄則。「自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である」(ゴットホルト・エフライム・レッシング)。IoTを経験することこそ、今の日本企業に必要なことである。

 

多くの人は自分の経験に自信を持たないかも知れませんが、自身で経験したこと自体価値があります。また自分にとっては大して価値がないと思っていてもその経験や話はその人にとってとても価値あるものになるケースもあります。

資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金調達法とは

医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病院の事務作業時間を60%削減する「Notable」が300万ドルの資金調達

関連記事

  1. 北海道経済、ロシアとの交流で活性化できる

    サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに参加した北海道の高橋はるみ知…

  2. 日本のイノベーターを育成!経済産業省主催「始動 …

    「始動 Next Innovator 2017」は、企業・研究機関・自治体等…

  3. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒…

  4. israelstartup

    イスラエスから学ぶ、ビジネスを成功へ導く3つの「…

    過去最多の日本人ビジネスマンがイスラエルを訪問まずは、2017年を振…

  5. workstyle

    フランスから見た、日本の働き方改革に足りない視点…

    100年以上も続く、日本の働き方改革。その動きが活発化してきたことは歓迎しま…

  6. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人…

  7. 「クール・タイ」起業家底上げ タイ文化で商品価値…

    タイ商工会議所が「クール・タイ」プログラムを始めた。創造性豊かな商品やサービ…

  8. 猛スピードで3兆円企業に!異色のCEOが導くAi…

    この夏アメリカで、白人優越主義者による騒動が起こった際、Airbnbが取った…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP