menu

日欧EPA ワイン、チーズ…値下げの恩恵 生産減で日本の農林水産業には脅威

EUとのEPAが発効すれば、世界の国内総生産(GDP)の約28%、世界の貿易額の約37%を占める世界最大級の自由な先進経済圏が誕生することになる。日本を起点としたモノやカネの行き来は一段と活発化しそうだ。

消費者は欧州産食品の値下げの恩恵を受けられそうだ。ワインは協定発効と同時に輸入関税が撤廃され、一般的な750ミリリットル入りのボトルの場合で最大約94円安くなる。ナチュラルチーズは16年目に3万1000トンの輸入枠が無関税となる。

高級ブランドのバッグや靴、洋服も安くなる可能性がある。バッグの場合、最大18%の輸入関税が11年目に撤廃される。衣類は最大13.4%の関税が即時撤廃される。

欧州産品の輸入が増えれば、特に国内の農林水産業関係者には脅威となる。農林水産省の試算では、協定発効で最大1100億円の生産額減少が見込まれる。

一方、日欧EPAで日本は農林水産関係で大方の関税撤廃を勝ち取った。地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)」の相互に保護する取り組みも注目される。日本側は「神戸ビーフ」(兵庫県)や「夕張メロン」(北海道)など48産品、EU側は71産品が選ばれた。

斎藤健農水相は17日の記者会見で「EUは日本食に関心の高い地域だ」と述べ、EU側が牛肉や卵など動物性由来の食品に設定する厳しい検疫条件に対応する方針を示した。政府が成長戦略に盛り込む「攻めの農林水産業」は自由貿易体制の強化とともにアクセル全開で展開されることになる。(米沢文)(SankeiBiz)

トルコが欧州でもっとも暗号通貨に理解のある国との調査結果

ドイツの スタートアップ事情

関連記事

  1. 無料で「Web接客」が可能に!

    株式会社ペライチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋田一秀)は、ZOYI Corporation(本…

  2. 東南アジアは“世界のイノベーションハブ”になる

    東南アジアのスタートアップというと、以前まではシリコンバレーや日本で流行ったサービスのタイムマシン経…

  3. 日本でも買える!いまヨーロッパを席巻している激安アウトドアブラン…

    海外旅行の楽しみの1つといえばショッピング。日本には無いアイテムやレアなもの、日本ではあり得…

  4. bar_smallstart

    宮崎に招待制のバー 若者の起業やスモールスタートを支援する場に

    宮崎市内に招待制バー「Tours bar」(宮崎市橘通西3)がオープンして4カ月が過ぎた。7…

  5. リトアニアで密かに発展する仮想通貨・ブロックチェーン業界——Bl…

    本稿は、仮想通貨に特化したシンクタンク Baroque Street による寄稿です。本稿を…

  6. smallstart

    Facebookが機械翻訳の質を劇的に向上させるAI技術を開発

    Google翻訳は2016年に「ニューラル機械翻訳(Neural Machine Translati…

  7. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

  8. 災害時のAI活用

    災害ラジオにAI活用

    盛岡市のラジオコンソーシアム岩手(野田尚紀代表理事)は12日、災害時のラジオ放送でAI(人工知能)を…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP