menu

服を脱がずに試着、中国の最先端サービス

最先端の試着はタッチパネルで行われるスマートな試着。タッチパネルの前に立つとスキャンが開始し、その場でアバターを作成。アバターに服を着せることで気になっている服を試着した時の見映えを確認することができる。いちいち着替える必要がないため、とても便利なサービスと言える。

最近では先端サービスが中国からリリースされることが多くなりました。巨額の資金を調達でき、またスピードが早いので規制が多い日本より自由でニーズに応えたサービスがどんどん登場しそうです。

ドイツの スタートアップ事情

ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハブ的存在

関連記事

  1. ブラックフライデー、各地でにぎわい

    米国発の世界最大の商戦ブラックフライデーは、ベトナムでも小売業者各社や消費者の間で人気が高まっている…

  2. smallstart

    スタートアップとスモールビジネス 6つの違い

    スタートアップは難しい。成功する確率は1割もないと言われている。本連載の筆者である田所雅之氏は失敗を…

  3. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長の医学部生「世界…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medmain(メドメイン)」を…

  4. iPhone Xを支えるイスラエル技術

    2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルは…

  5. 日欧EPA ワイン、チーズ…値下げの恩恵 生産減で日本の農林水産…

    EUとのEPAが発効すれば、世界の国内総生産(GDP)の約28%、世界の貿易額の約37%を占める世界…

  6. smartphoneparts

    電子部品受注 また最高

    電子部品大手6社の2017年10~12月期の受注額は前年同期比15%増の約1兆5800億円となり、全…

  7. シンガポール「ブロック71」にスタートアップ集積

    シンガポールが世界屈指のスタートアップ集積地として地位を確立しつつある。同国はこれまで石油化学、医薬…

  8. learnfromyourmistake

    失敗から学ぶ「起業」―成功を勝ち取るために押さえておくべき“教訓…

    近年、起業のハードルは下がったという声もある。一因にあるのはやはりインターネットの普及であり、ユーザ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP