menu

トルコ、ブロックチェーン基盤の顧客データベース開発

トルコのボルサ・イスタンブルー 証券取引所(BIST)は、ブロックチェーン基盤の顧客データベースを開発した。デイリー・サバが6日伝えた

 BISTは、イスタンブール証券取引所とイスタンブール・ゴールド取引所、トルコデリバティブ取引所が合併した結果、2013年に創業した。BISTの2017年の年次報告書によると、上場企業は399社、時価総額は計1330億ドル、取引高は計1兆ドルという。

 この開発により、ボルサ・イスタンブールの顧客データベース、イスタンブール証券取引所決済カストディ銀行(Takasbank)、中央証券保管機関(MKK)が同期されることになる。

 本人確認(KYC)のコンセプトに基づいて設計された新しいプラットフォームは、新しい顧客の追加や文書を管理し、情報を編集する。もし必要があれば、別のプロジェクトにも応用することも可能という。

 8月初旬、トルコは国内初の大学レベルのブロックチェーンセンターを立ち上げた。ブロックチェーン技術の専門性のギャップを埋め、実装を促進するためだ。センター長のBora Erdamar氏は、トルコはブロックチェーン技術におけるリーディング国家になるチャンスがあると話していた。

 トルコは最近、ブロックチェーン導入に積極的な動きを見せている。国が発行するデジタル通貨の開発の他、 宗教局はビットコインはイスラム法に準拠していると話した。

 最近ではトルコリラの通貨危機を受けて、仮想通貨取引所の取引高が急騰するなどしている。(COINTELEGRAPH)

トルコの植毛ビジネス 手術を受けた英男性の体験を追う

ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが成功するためには」

関連記事

  1. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで…

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた…

  2. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であっ…

  3. テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリ…

    テレビ局や制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro…

  4. 米国のベンチャーキャピタルが狙う日本に潜む「第2…

    世界に通用する日本の3分野AI(人工知能)やロボットなど、いま世界が注目…

  5. 世界最速のスタートアップ育成所、中国深セン「HA…

    中国は西洋のコピー製品を作る工場だという考え方はもう古いし、それは率直に言っ…

  6. seniorwoman_smallstart

    大人気「便利屋おばあちゃん」サービス

    昔ながらの天ぷらを作る母親代わりに家族会議へ参加 モノにあふれた…

  7. androidP

    Google 音声AIが人間らしい会話を

    北米時間5月9日,毎年恒例となっているGoogle主催の開発者向けイベント「…

  8. home-office-smallstart

    全社員がリモート勤務でも成功できたスタートアップ…

    「GitLab」はソフトウェア開発環境を支援するサービスで、社内のクロー…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP