menu

トルコ、ブロックチェーン基盤の顧客データベース開発

トルコのボルサ・イスタンブルー 証券取引所(BIST)は、ブロックチェーン基盤の顧客データベースを開発した。デイリー・サバが6日伝えた

 BISTは、イスタンブール証券取引所とイスタンブール・ゴールド取引所、トルコデリバティブ取引所が合併した結果、2013年に創業した。BISTの2017年の年次報告書によると、上場企業は399社、時価総額は計1330億ドル、取引高は計1兆ドルという。

 この開発により、ボルサ・イスタンブールの顧客データベース、イスタンブール証券取引所決済カストディ銀行(Takasbank)、中央証券保管機関(MKK)が同期されることになる。

 本人確認(KYC)のコンセプトに基づいて設計された新しいプラットフォームは、新しい顧客の追加や文書を管理し、情報を編集する。もし必要があれば、別のプロジェクトにも応用することも可能という。

 8月初旬、トルコは国内初の大学レベルのブロックチェーンセンターを立ち上げた。ブロックチェーン技術の専門性のギャップを埋め、実装を促進するためだ。センター長のBora Erdamar氏は、トルコはブロックチェーン技術におけるリーディング国家になるチャンスがあると話していた。

 トルコは最近、ブロックチェーン導入に積極的な動きを見せている。国が発行するデジタル通貨の開発の他、 宗教局はビットコインはイスラム法に準拠していると話した。

 最近ではトルコリラの通貨危機を受けて、仮想通貨取引所の取引高が急騰するなどしている。(COINTELEGRAPH)

トルコの植毛ビジネス 手術を受けた英男性の体験を追う

ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが成功するためには」

関連記事

  1. 中国を制したテンセント、旅路は終わらず-次の目標は世界制覇

    中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の最高幹部らで構成するリーダーシップ委員…

  2. 女性たちが「1人出版社」を起業した理由

    出版業界の縮小に悲鳴を上げる業界関係者が多い中、一部で話題なのが「独立系版元」。10万部、100万部…

  3. 広がるギグ・エコノミー 対応力を示す英文メール術

    働き方の変化は英語を使う局面にも変化をもたらしています。ビジネスライティングのプロ、ポール・ビソネッ…

  4. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  5. 全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システム

    アメリカのシリコンバレーでは少数人数でのメーカースタートアップが盛況ですが、プロトタイプを動画で紹介…

  6. little-prince-la-rose_gigeconomy

    シリコンバレーで生まれた最高の文書 Netflix Cultur…

    Netflixの企業文化や社員の行動規範を定めたカルチャーガイドが公開されており、Facebook…

  7. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第…

  8. アマゾン“年間3000万円以上稼げる”と新規の配送業者を募集

    アマゾンは、複数のインセンティブを用意して、配送ネットワークを拡大しようとしている。車両やガ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP