menu

概念を目に見える形で示す「PoC」の重要性

AIをはじめとするテクノロジーの進歩によって、これまでに無かった新しいアイデアやビジネスモデルが次々に登場してきている。しかし先進技術の中には、自社のビジネスに落とし込んだ際の成果が予測しづらいものも少なくない。

そんな中、意思決定層と開発現場をつなぐ重要なプロセスとして「PoC(概念実証)」がある。特段新しい概念ではないが、社内だけでなく社外との連携を考える際にも非常に重要なプロセスの一つだ。ビジネスの最初期の段階で行うPoCについて、ポイントを押さえていこう。

「PoC(概念実証)」というプロセスの重要性

PoCは「Proof of Concept」の略語で、日本語では「概念実証」や「コンセプト実証」等と訳される。新たな技術や理論、アイデアが実現可能かどうかを実証することを指す。

しばしば「プロトタイプ」と混同されるが、こちらはコンセプトの方向性がしっかり定まった段階で実用化を前提に検証されるものであるのに対し、PoCはそのコンセプト自体が実現可能かどうかを見極めるためのもの。当然、PoCの結果によってはプロトタイプを制作する段階にまで達しない可能性もある。

どんなに目新しく素晴らしいアイデアに見えたとしても、実際に動かしてみると事業の目的に合わなかったり、実は収益化が難しいことが判明したり等、想定外の問題が発生する可能性がある。経営層の認識と現場の認識に乖離が生じていることもあるだろう。そうした問題を最初期の段階で発見し、必要に応じてコンセプトを修正するか別の道を模索するのかを決定するためにPoCを行うのだ。

実際の稼働環境で試験するソフトウェア開発やセキュリティ分野、臨床試験を行う医薬品の研究開発、短編映画で市場の反響をはかる映画制作など、PoCは様々な分野で活用されている。とくに最近では事業のデジタル化に際してその重要性が取り沙汰される場面も多い。

企業におけるIT利活用に関する調査や研究を行う日本情報システム・ユーザー協会が5月23日に発表した「デジタル化の取り組みに関する調査」の速報値を見ると、「デジタル化への対応による課題解決にあたり、工夫している点(複数回答可)」として最も多く挙げられたのが「できることから小さく始める」(72.1%)で、次が「トライ&エラー、PoCを繰り返し実施」(65.5%)だ。なお、同調査の回答者層は企業のCIOやIT部門、業務部門、経営企画部門、デジタル化推進部門の役員・管理職ならびに情報システム子会社の社長、役員、管理職とある。

AIやIoT、RPA(ロボットによる業務自動化)といった新技術を事業に取り入れるには、PoCを繰り返し行うことで有用性を見定めることと、経営陣と現場とのギャップを埋めていく必要があるのだろう。

PoCに取り組む際の注意点

不完全な状態で良いので、スモールスタートで「とにかく実証」するために行うのが、PoC。これを理解していれば合理的で有用なプロセスなのだが、あまり固執すると以下のようなビジネスに良くない影響を及ぼす危険性も。

①コストがかさむ

PoCを実施する目的の中には、アイデア等を実現した場合のコスト感を掴むというものがある。しかし当然、PoCを行うためのコストや手間、時間も必要となる。PoC段階で必要以上のクオリティを求めて工数やコストをかけすぎると、PoCを行うメリットそのものを潰してしまう。PoCはあくまでも核となるコンセプトを実証するためのものという本来の目的に立ち返り、細部は切り捨てる覚悟が必要だ。

また他社との協業であればなおさら、PoCにかけるコストの上限は事前に明確にしておくべきだろう。

②「PoC疲れ」を引き起こす

PoCを行うこと自体が目的になってしまうと、現場の負担が増えてコストもかさみ、その割に一向に結果が出ないといった事態にもなりかねない。これを避けるには、PoCを行う目的や評価軸を明確にすること、そしてPoCを実施した後は必ずフィードバックを行う必要がある。

PoCを実施した結果、事業にはならないことも当然あるだろう。それ自体は失敗ではない。しかしPoCが終了した時点ですぐに「失敗だった」と放り投げてしまっていては、かけた工数もコストも無駄になってしまう。

「数打てば当たる」方式でPoCを行っても意味は無い。目的や評価軸、期間やコストを明確にしてからスモールスタートで始めよう。終了した際は、結果に関わらず必ずフィードバックを行い、知見を蓄積する。これがPoCを失敗させないための基本条件といえる。

オープンイノベーションにおけるPoCの意義

オープンイノベーションを始める際も、PoCというプロセスは非常に重要だ。お互いに未知の部分が多い他社との協業では、狙った事業目的を果たせるのかどうか等、分からない部分は大きい。加えてオープンイノベーションを行うと、自社で全てまかなう場合に比べればコストも大きくなるし、大企業とスタートアップとでは事業のゴールやスピード感が著しく異なる。実際に手を動かして初めて実感する部分もあるだろう。こうした不安や不明点も、PoCの実施によってある程度取り払うことができる。

PoCを実施した結果、場合によっては、お互いに「実はオープンイノベーションを行う必要がなかった」ことに気が付くことができるかもしれない。こうした知見が得られた場合も、PoCは成功したといって良いだろう。オープンイノベーションもPoCも手段であって目的ではないからだ。

真に意義のあるPoCを行うには、まず経営陣と現場担当者、オープンイノベーションなら大企業とスタートアップとで、共通の目的意識と評価軸を持つこと。そして必ず終了後のフィードバックを行い、必要に応じて再度PoCを実施することが求められる。

マーケティング分野ではテストマーケティングや市場調査が重要視されているが、それと同様にPoCにも目に見える結果によって企業や個人の思い込みを是正し、軌道修正を促す効果がある。

導入を検討している技術やアイデアがあるのなら、まずはそれによって解決したい課題や見せたい価値は何なのか、明示することから始めてみよう。(Open Innovation)

small start-in-n-out米国の新たな富豪、36歳の「ハンバーガー姫」は資産3300億円

workplace-smallbusinessビジネス環境改善に向けた改革が 世界全体で過去最高に

関連記事

  1. iPhone Xを支えるイスラエル技術

    2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルは…

  2. 露店に拡大、無人コンビニも 中国で急伸、スマホ決済

    中国でスマートフォン(スマホ)決済が爆発的に伸びている。コンビニや飲食店で代金を支払う際、スマホを取…

  3. デバイスの爆発的増加でIoTが変えるビジネスモデル

    数年間でオンラインになることが予想される20億台から500億台の新しいデバイスは、テクノロジ関連事業…

  4. 中国コスト高で利するイタリア、繊維需要が欧州回帰

    [香港/ビエッラ(イタリア) 14日 ロイター] - 世界の繊維製品取引で、買い手側が仕入れ先を中国…

  5. group chat_smallstart

    たとえ敵対するグループ同士でもオンラインで交流することが偏見をな…

    インターネットによって遠く離れた人同士がつながり合いを持てるようになりましたが、オンラインでの対話…

  6. AIと英会話ができるアプリ

    人工知能と英語の勉強

    そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達…

  7. 中国のデーティングアプリ「Momo」が最高益を記録 ― ライブス…

    位置情報を利用した中国のネットワーキング・アプリ「Momo」が発表した最新の決算によれば、同社のユー…

  8. 傾向に合わせた販売方法

    昨今失明の原因1位とされる緑内障にかかる人が増えているようです。緑内障は、眼球の奥にある視神経に…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. kizzania_smallstart
  2. israel-startup-map_smallstart
  3. wordpress_smallstart
  4. startupfailed_smallstart
  5. startbusiness_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP