menu

ブラックフライデー、各地でにぎわい

米国発の世界最大の商戦ブラックフライデーは、ベトナムでも小売業者各社や消費者の間で人気が高まっている。ホーチミン市2区の「ビンコムメガモール・タオディエン」でも、23日に各店がセールを実施。カナダのファッションブランド「ALDO」の店舗では、午前9時から午後2時までのタイムセールで店内に買い物客が殺到し、棚には品物がほとんどなくなるほどの売れ行きとなった。

ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えたところによれば、地場系ファッションブランドは全国の店舗で50%のブラックフライデー割引を実施し、通常に比べ20~70%買い物客が増加したという。また、ある調査で今年は前年より16%多いベトナムの消費者が「ブラックフライデーに買い物をする」と回答したことがわかった。回答者の約36%が実店舗で、27%はオンライン、36%は両方で買い物すると答えていた。

今年は12月7日にベトナム政府が2014年から開催しているオンラインショッピングの割引販売イベント「オンラインフライデー」を実施する。小売業者は24時間で昨年を3,000億ドン(1,280万米ドル、約14億5,000万円)上回る1兆5,000億ドンを売り上げることを目指している。(NNA ASIA)

black_friday【ブラックフライデー】、1億6,400万人が買い物!次のトレンドは便利なストアアプリ?

legalforce_smallstartAIが1秒で契約書をレビューする「LegalForce」

関連記事

  1. トルコが欧州でもっとも暗号通貨に理解のある国との調査結果

    わずかヨーロッパ人の9%がビットコインを所有し、16%が将来いつか何らかのビットコインを購入すると答…

  2. スウェーデンの「IT ガイド」――移民と高齢者が進めるインテグレ…

    ヨーロッパでは2015年の難民危機以降、難民や移民と住民との間の摩擦や、移民に対する排外的な動きを扱…

  3. guen

    露天商の息子がベトナムの電話市場を変えた

    グエン・ドク・タイ氏の母親は露天で食べ物を売っていた。同氏がベトナムの携帯電話市場に革命を起こすと2…

  4. androidP

    Google 音声AIが人間らしい会話を

    北米時間5月9日,毎年恒例となっているGoogle主催の開発者向けイベント「Google I/O 2…

  5. アリババ、日本で中国発スマホ決済 QRコード使用

    中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決…

  6. スタートアップ企業がメディアの取材で注意すべき3カ条

    どんな経営者もニュースを読むのが好きだが、自分が取材を受けるとなったらどうだろう。好意的な取材であっ…

  7. ベトナムのお給料事情

    ベトナムで働く日本人は大きく分けて、日本の会社から派遣されて駐在員として働く場合と、ベトナムにある会…

  8. スモールスタート型のアドバイザリーサービス、ロボットによる業務自…

    コンシェルジュで導入を後押し多くの企業がRPA(ロボットによる業務自動化)の導入について、前…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP