menu

ブラックフライデー、各地でにぎわい

米国発の世界最大の商戦ブラックフライデーは、ベトナムでも小売業者各社や消費者の間で人気が高まっている。ホーチミン市2区の「ビンコムメガモール・タオディエン」でも、23日に各店がセールを実施。カナダのファッションブランド「ALDO」の店舗では、午前9時から午後2時までのタイムセールで店内に買い物客が殺到し、棚には品物がほとんどなくなるほどの売れ行きとなった。

ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えたところによれば、地場系ファッションブランドは全国の店舗で50%のブラックフライデー割引を実施し、通常に比べ20~70%買い物客が増加したという。また、ある調査で今年は前年より16%多いベトナムの消費者が「ブラックフライデーに買い物をする」と回答したことがわかった。回答者の約36%が実店舗で、27%はオンライン、36%は両方で買い物すると答えていた。

今年は12月7日にベトナム政府が2014年から開催しているオンラインショッピングの割引販売イベント「オンラインフライデー」を実施する。小売業者は24時間で昨年を3,000億ドン(1,280万米ドル、約14億5,000万円)上回る1兆5,000億ドンを売り上げることを目指している。(NNA ASIA)

black_friday【ブラックフライデー】、1億6,400万人が買い物!次のトレンドは便利なストアアプリ?

legalforce_smallstartAIが1秒で契約書をレビューする「LegalForce」

関連記事

  1. シンガポール「ブロック71」にスタートアップ集積

    シンガポールが世界屈指のスタートアップ集積地として地位を確立しつつある。同国はこれまで石油化学、医薬…

  2. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人口6億人の購買力が爆発し…

  3. ベンチャー企業 成長の鍵は

    今、ベンチャー企業が熱い。上場が相次ぎ、2017年のベンチャー調達額は5年前の4倍を超える。第4次ブ…

  4. 弁当のIoT

    パナソニックは1日、AIVICK(京都市南区)と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を活用した…

  5. fruits

    (前)ブラジルの未来を切り開く日系人経営者 越山 末巳

    ここノルデスチの地で、天職に生きる大和魂と日本精神を持ったサムライ経営者・越山が、1982年にバイア…

  6. 起業する前に読んでおきたい世界のスタートアップ論16選

    アントレプレナー、VC、アクセラレータ、研究者たちが見たスタートアップ成長の軌跡とは─。編集部が選ん…

  7. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  8. AIが融資の審査、融資を受けられなかった人も融資を受けられるよう…

    みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社がAIを使った個人向け融資に乗り出しました。従来のような画一的な審…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP