menu

4月の訪日外国人数が、過去最高の250万人を突破した理由とは?

2017年4月の訪日外国人数は、単月として過去最高人数を記録した(日本政府観光局統計)。前年同月比23.9%増の 257万を突破し、単月最高であった2016年7月の229万6千人を大きく上回った。また、2017年4月現在の試算で、前年度比約12%増の年間2700万人を突破することが予測される。日本政府観光局の統計データを元に、訪日外国人急増の背景、そこに潜むインバウンド商機を探っていく。

2017年4月時点の、2017年訪日外国人数は900万人を突破している。2013年の年間訪日外国人数は1,036万4千人で過去最高値を記録していた。2017年4月時点の試算だと5月には1100万人を突破する事が予測され、わずか5ヶ月で当時過去最高値を記録した4年前の記録を抜くことが予測される。訪日外国人急増の背景には、「日本文化の認知の向上」がある。4月は「桜」目当ての訪日客が急増し、お花見をしている外国人の姿が多く見られた。アニメや各国テレビ企画、日本企業のPR効果もあり、お花見のような日本文化の認知は海外で急激に高まっている。

春夏秋冬の4季があるということは日本の強みである。訪日外国人の需要が「消費」から「体験」へと移行する中、日本企業は各シーズンを活かした体験需要を生み出していくことがインバウンド商機をつかむカギとなる。

また、市場別では、13 市場(台湾、香港、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア)が単月として過去最高を記録した。他 7 市場(韓国、中国、シンガポール、マレーシア、豪州、イタリア、スペイン)が 4月として過去最高となった。(DIGIMA NEWS)

日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

岐路に立つフードデリバリー、勝者と敗者を分けた要因は?

関連記事

  1. AIが業務委託契約のリスクを判定

    ランサーズは2018年4月17日、オンライン契約判定サービス「AI-CON」を、同社の会員向けに1カ…

  2. ビジョン実現のためには、個人事業にとどまるわけにいかない。小田原…

    「ローカル起業」が注目されている昨今。その多くは、「スモールビジネス」や「小商い」と呼ばれ、暮らしを…

  3. fail

    情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000万円

    ひとくちに「起業」といっても、その実態は様々。人生をかけた大博打となるケースももちろんあるが、副…

  4. 中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

    中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「今後5年で中国人の海外旅…

  5. 中国「新生児ラッシュ」 出生増で儲かるビジネスは?

    育児関連銘柄に中国発の好材料が台頭している。夫婦がもうける子供の数を原則1人とする「一人っ子政策」を…

  6. smallstart_iot

    儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証

    “農作業”はパソコンやスマートフォンで生育状況をチェックするだけ。将来、農業はほとんど「全自動」で行…

  7. 急成長中のシリコンバレー・スタートアップ企業、バンティック、日本…

    あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」に対応したイベント・ドリブン型アプリケーション開発プ…

  8. 顧客満足度を下げず社員も犠牲にしない「生産性向上」の方法

    働き方改革、人手不足への対応は、中小企業の経営者にとって頭が痛い問題です。AI(人工知能)の導入や徹…

暗号通貨相場


リアルタイムレートウィジェット by コインチョイス

最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP