menu

AIが融資の審査、融資を受けられなかった人も融資を受けられるようになる?

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社がAIを使った個人向け融資に乗り出しました。従来のような画一的な審査ではなく、利用者が情報提供をすることで信用レベルのスコアを採点し、それに応じて限度額や金利が決まるそうですが、融資を取り巻く環境は変わるのでしょうか。

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社であるJスコアは9月25日、AIを使って融資の条件を判定する「AIスコア・レンディング」のサービスをスタートさせました。融資を受けたい人は、自身に関する情報をWebサイトから入力すると、AIが信用力を判断し自身のスコアが表示されます。融資の限度額や金利などは基本的にこのスコアの値が基準となります。実際に融資を申し込む場合には、本人確認書類の提出などが必要となりますが、基本的な手続きはすべてネットで完了します。

スコアを得るために必要な情報は、おおよその年収、雇用形態(正社員、非正規など)、職種、勤続年数などごく一般的なものとなっています。チャット形式ですので、画面上で質問された事に対して回答を入力していくだけで大丈夫です。スコアを得るだけであれば、ニックネームで利用できますので、氏名など詳細情報を提供する必要はありません。いきなりすべての個人情報を出さなくてもよいのは安心です。

このサービスのさらに面白いところは、よりたくさんの情報を提供するとスコアがアップするという点でしょう。性格やお金の使い方、趣味などに関する質問に答えていくと、その分だけスコアがアップしていき、限度額や金利の条件も変わっていきます。

これまで日本の融資は画一的な審査となっており、勤務先がどこなのか、他に借り入れがあるのかというごく限られた項目で、おおよその融資条件が決まってしまうと言っても過言ではありませんでした。Jスコアも、基本的には勤務先を重視した審査基準になっている可能性が高いと思われますが、個人の状況によって条件が変わるというのは魅力的です。

こうした形式での融資実績が増えていけば、AIがビッグデータをうまく活用し、これまでの審査では融資の対象にならなかった人も融資を受けられる可能性が見えてきます。ただ借り入れはあくまで借り入れですから、計画的に利用し、借りすぎないようにするという鉄則は変わりません。(THE PAGE)

経済の体温”世界の物価上がらぬ「謎」 背景に新型経済の台頭

米国で人気のキャッシュバック付きネットショップが日本上陸

関連記事

  1. voice

    AI音声認識のアドバンスト・メディア「第2回AI・人工知能EXP…

    [株式会社アドバンスト・メディア]音声認識・音声対話の各種サービス、幅広いビジネス活用事例を…

  2. kimono

    「はれのひ」事件は起こるべくして起きた、着物ビジネスの闇

    成人式当日に音信不通「はれのひ」は計画倒産か昔と違って成人式や結婚式などでしか着なくなった着…

  3. 急成長SaaSスタートアップに聞く、「カネ・ヒト・モノ」の要諦

    2017年7月4日に行われたイベント「Salesforece Trailhead Live Toky…

  4. 中国でカーシェアリングが急速に拡大中

    中国にはレンタルやシェアリングを中心とした新時代が到来している。そしてこれは、環境配慮型“緑色経済”…

  5. spartan_smallstart

    まさかのノーリスクハイリターン!? 起業家を始めてみるということ…

    「これからの時代、起業は安全なのではないか?」というテーマで本連載の第1回でお話をしましたが、今回…

  6. イタリアのスタートアップは、カプセルホテルでヨーロッパ制覇の夢を…

    実のところ、空港をよく利用する人の心を支配しているのは、空を飛ぶことの恐怖よりもむしろ、乗り換えのと…

  7. 中国で生まれたサービスモデルがシリコンバレーにも飛び火、いま中国…

    コンテンツビジネスのマネタイズ、そして KOL(キーオピニオンリーダー、各業界に影響を与える著名人)…

  8. イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を…

    世界一の高齢化社会といわれる日本の一挙手一投足は、あとに続く先進諸国の注目を集めやすい。先日はニュー…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP