menu

freeeが事業用クレジットカードに参入、スモールビジネスのキャッシュレス化促進へ

クラウド会計サービスなどを提供するfreeeは7月24日、ライフカードと提携して事業用クレジットカード「freee カード」を共同で発行することを明らかにした。主な対象は事業用クレジットカードを利用する機会が少なかった、個人事業主や中小企業。経費精算や仕入れなど現金取引のキャッシュレス化を通じて、ユーザーのバックオフィス業務の効率化や経営状況の可視化をサポートしていくことが狙いだ。

カード発行日は2017年9月15日の予定で、本日より事前申込みを行っている。

会計データを審査資料に活用、導入しやすい仕組みの構築へ

会計ソフトを筆頭に、給与計算や会社設立、開業届けなど中小企業や個人事業主をサポートするサービスを複数手がけてきたfreee。そんな同社が次に本腰を入れるのは事業用のクレジットカードだ。

freeeは2017年3月にライフカードと業務提携を結び、法人クレジットカードの申込にfreeeに蓄積された情報を活用することで、発行手続きを簡略化する取り組みを発表していた。担当者によると「これまではデータを提供するという色が強かった」そうだが、freeeカードは中小企業や個人事業主が利用することを前提に、より踏み込んだ内容になっているのだという。

「ライフカードさまとの取り組みが好調だったということもありfreee上のデータを提供するだけでなく、年会費の無料化、中小企業や個人事業主にメリットのある特典の整備など、さらに使いやすい仕組みを考えていた。その結果新たなカードの共同開発に至った」(freeeカード担当者)

freeeカードでも「クラウド会計ソフト freee」上の会計データをライフカードの審査資料に活用することで、導入したいユーザーのハードルが下がるのは大きな特徴だ。会計ソフトと併せて利用することで経理業務の取引データを会計ソフト上に集約でき、バックオフィス業務の効率化や経営状況の可視化も見込める。

それらに加えて中小企業や個人事業主向けに以下のような機能や特典を備えている。

年会費無料
1法人当たり50枚の従業員カードを発行可能
決済限度額を自由に設定可能
弁護士や税理士など士業への無料相談
オフィス備品サービスやスーツ衣料などの割引特典(TechCrunch)

freeeはうちも使ってますが、今まで使えたサービスが料金上げないと制限かかったりと少々使い勝手が悪くなった印象があります。会計ソフトってなかなか切り替えができないのでうまいなぁと思ったりいいのがあれば他のに移りたいと思ったり。

再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

安川情報システム、クラウドサービス「MMCloud」に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラム開始

関連記事

  1. アジア各国の賃金

    過去10年間の各国の賃金の変化を見ると、中国やアセアン諸国の上昇率が比較的高…

  2. 経験と勘の漁業 進化

    直面する課題と技術、仕組みが結び付き、新しい価値を生む。イノベーションの端緒…

  3. IoT実現の鍵を握るインド活用

    IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。…

  4. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化して…

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、…

  5. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2…

  6. businessclass

    10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

    通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから…

  7. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTO…

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックで…

  8. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的…

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP