menu

IoTと3Dプリンタの行方

IoTという言葉が浸透して久しく、CESなどの家電ショーでも各家電メーカーだけではなく自動車メーカー、コンピュータメーカー、ソフトウェアメーカーなども「コネクテッド・スマート・ホーム」をテーマにしている。

(iStock)

では実際にIoTはどこまで浸透しているのか。2017年にラスベガスで開催されたCESの中のパネルディスカッションで、リサーチ会社のパークス・アソシエーションが具体的な数字と今後の見通しについて発表した。

パークス社の調査は「ブロードバンド・コミュニケーションを持つ米国の家庭」を対象とした定期調査だが、それによると2016年の第四四半期(10-12月)で、対象家庭の26%がなんらかのスマート・ホーム・デバイスを持つという。これは2015年同時期との比較で19%の増加となり、今後のスマート・ホーム・プロダクトやサービスに拍車をかける数字だ。

さらに2014年と比較すると、スマート・ホーム・デバイスは13%から26%とほぼ倍増している。この結果から、パークス社のステュアート・サイクス社長は「2020年にはスマート・ホーム・デバイスの売り上げは5500万件に達する」と予測する。

ただし、現段階ではまだIoTを普及させるための「シルバー・バレット」、すなわちキラーコンテンツは存在しない。サイクス氏は「IoTはある時一気に普及するのではなく、徐々に人々がIoT導入のメリットに気づくことにより、裾の広い普及を見せるだろう」という。現時点で最も期待されているのはセキュリティ、省エネ、便利さの追求、といった分野だ。

一方でパークス社の調査対象がブロードバンドを持つ家庭に限定されているように、普及の障害となるのはインターネットのインフラだ。IoTは高速インターネットの存在無しには実現できない。しかし米国でさえ2015年の時点でインターネットコネクションを持つ家庭は全体の91.1%、うち100Mbps以上の高速ネットを持つ家庭は11.9%、25-100Mbpsが35.5%、10-25Mbpsが23%、3-10Mbpsが15.3%、3Mbps以下の速度も5.5%となっている。(米FCCレポートより)ほとんどの大都市部では人々は高速インターネットを選ぶ選択肢があるが、広大な中西部などでは選択肢そのものが存在しない、という情報の格差も米国には存在する。

音声コマンドの普及

今回のCESで目立ったのは音声コマンドの導入だ。アマゾン・アレクサ、マイクロソフト・コルタナ、グーグルのOK! グーグルなどが代表的なものだが、声を発するだけで家中の家電あるいは車を操作できる、というのは消費者にとって非常に魅力的な動きとなっている。

ただし、コムキャスト社のダニエル・ヘルスコビッチ氏は「消費者にチョイスを与えることも大切だ。音声コマンドの他、スマホをタップする、テレビのリモコンを利用する、ウェブブラウザを通して行うなど、消費者が最も使いやすく便利と感じる方法を提供することが普及につながる」と指摘する。

また、IoTは独立した技術ではなく、消費者がすでに持っている製品、つまりホームセキュリティサービス、ワイヤレス、ブロードバンド、有料テレビなどといかに連携し、消費者にとって「価値がある」付加サービスを提供できるかが鍵となる、というのはオンプロセス・テクノロジー社のカレン・コッシュ氏。アレクサを導入し、テレビやエアコンのスイッチを入れることが出来ても、ホームセキュリティの解除ができなければ消費者は不満を感じるだろう。全ての機器を管理できるプラットホームの構築が急がれるのはそのためだ。

最後に、IoTの普及は現在技術的な側面が語られがちだが、コア・テクノロジーとして欠かせないのがAIであり、特にプレディクティブ・データ・アナライズが非常に大切となる。消費者が何を求め、何に価値を見出すのか、というデータ分析こそが、将来のIoTプロダクトの動向を決定づけメーカーに「正しい方向性を持つ製品」を生み出させる原動力となる。

家庭内の家電などと車、ブロードバンドネットワークを組み合わせることは無限の可能性を秘めている。しかし同時にデータ流出というセキュリティの問題も浮上している。コネクテッドな社会は便利な反面、どこかのネットワークがダウンすれば全てがシャットダウンする、という危険性も持つ。こうした問題に対応するためには、業界の壁を超えた安全なシステム作りが何よりも優先されるだろう。

一方で、3Dプリンターにはどれくらいの可能性があるのか。米英に工場などを持つテクノロジー会社、アルコニック社が独自のユニークなビジョンを紹介した。

「ジェトソンズ」というキャンペーンで、同社は将来の3Dプリンティングで実現可能な様々なプロジェクトを挙げている。ジェトソンズとは1962年に米国で人気だったSFアニメで、そこには「空飛ぶ車」「3Dプリントされる建物や車」など、現在実現可能となっている様々な技術が空想の産物として紹介されていた。そこでアルコニックではジェトソンズにちなみ、アニメから100年後の2062年には可能となっている技術を探ってみた、という。

まずは車のボディ。3Dプリントできるだけではなく、オーガニック素材を使って環境に優しく、また最大限のアエロダイナミクスを実現するボディが可能だ。3Dプリントのため車体に継ぎ目がなく、空気抵抗を最大限に減らせる。3Dプリントの車はすでに存在するが、アルコニックの技術はその先を見据えたものと言える。

次に、航空機のボディ。これも同様にオーガニック素材を使い、アエロダイナミクスを実現させたもの。しかもサメの皮膚に見られる粒子を模倣した素材を使い、水中をスイスイと及ぶように空中で滑らかに移動できる技術を確立、飛行時間の短縮に繋げる。

建物も3Dプリントで作る?

そして最も注目されているのが、建物の3Dプリントだ。省エネかつ風や地震にも強いフレーミングを3Dプリントで実現することで、アルコニックでは「地上高さ5キロ近い建物が実現できる」としている。また同社のコンセプトのユニークな点は、フレームだけではなく建物の躯体も3Dプリントで実現。そのため、窓とバルコニーが一体化したものなどが提供される。この窓がガラス張りのバルコニーにスイッチ一つで変換できる、という技術はすでに存在する。

この技術は「ブルームフレーム・ウィンドウ」と呼ばれ、55秒で窓からバアルコニーへの変換が行える。バルコニーの面積は3平方メートル、強化ガラスによりとフロント、床がガラス張りとなる。

さらに、表面コーティングによりアルコニックが実現する高層ビルは「セルフ・クリーニング」機能付きだ。もともと汚れなどが付着しにくい素材だが、コーティングは太陽の光と水蒸気により「フリー・ラディカル」と呼ばれる粒子を放出する。この粒子が空気中の汚染物質を酸化させ、中和させる役割をも果たす。また建物表面についた泥、埃なども取り込み、雨が降った時に汚れ共々に流れ落ちるため、建物表面の清潔さが持続する。

アルコニック社によると、このようなエコクリーンコーティングを施した929平方メートルの建物は、樹木80本分の空気清浄化能力に匹敵する、という。

アルコニックは3Dプリントのみを提供する企業ではなく、エンジニアリング、マテリアル研究開発を通し、多くの業界にソリューションを提供する。その対象となるのは宇宙航空産業、自動車、建設、物流、エネルギー、軍事など多岐にわたる。

このような技術力を持つ企業が考える2062年の世界。車は自動運転で空を飛び交い、空気は澄み渡り建物の超高層化により人々は余裕のある土地の使い方、暮らし方が選択できる。ジェトソンズで描かれた未来図が現在半分くらいは実現しているように、このビジョンもあと50年足らずで実現できるのだろうか。

CESではユニークで将来性のある技術に出会うことも興味を引く点の一つだ。今年のCESでも様々な技術が紹介されたが、中でも異彩を放っていたのがDobot(ドゥーボット)という製品だ。

中国深センにあるユエジアン・テクノロジー社による発明だが、商品はデスクトップサイズの小型ロボットアーム。「マジシャン」と名付けられ、様々なアタッチメントつけることで1台で「文字を書く」「絵を描く」「レーザー・エンボッシング」「3Dプリンター」など、本来の「物を動かす」以外の様々な機能が実現できる。

同社では「特に学校の教室で、子供達がロボットについて学ぶ、自分たちでプログラミングを行う、など非常に役立つ教材となる」という。もちろん家庭でも、また零細規模の工場などでも使い道は様々だ。

しかも価格は米ドルで1台1200ドルを切る。現在市販されている3Dプリンターはオモチャ程度のものを除けば1000-5000ドル程度が主流だから、単に3Dプリンターとして考えても価格としてはリーズナブルだ。また固定状態での3Dプリントは15センチX15センチ程度が最大だが、付属品として販売されるレールを使えば、かなり大きなものも制作できる、という。

家庭、教育用を目指したマジシャンとは別に、少し大きめの「M1」と名付けられたアームもあり、こちらはスモールビジネス向けだ。ベルトコンベアからの製品ピックアップ、選別、ソルダリングなどの機能も備えている。

M1は米国での製造販売に先駆けて、マイクロファンディングであるキックスターターで資金集めが行われた。結果は44日間で50万ドル以上が集まる、という反響の大きいものだった。アタッチメントなしのシンプルな本体価格を999ドル、という画期的なものに設定したこともあり、低価格で導入できるロボットアームとしてスモールビジネスからの注目度が高いことがわかる。アタッチメント類をつけた場合でも価格は2000ドル以下に収まる。

さらにマジシャン、M1ともに重量は1.5キロ、と軽量。コントロールはPCとの接続、ブルートゥース、スマホアプリ、WiFi、音声コマンド、モーションコマンドにも対応している。ユニボディでデザイン性にも優れ、今後米国市場での浸透を目指している、という。

3Dプリンターはマテル社が299ドルという低価格で子供向きの製品を販売したことで話題になった。同社のウェブサイトから「型紙」をダウンロードし、フィギュアやアクセサリー、その他のオモチャを「子供が自分でプリントアウトする」という教育玩具だ。

マジシャンはそれを一歩進め、実際の教育の場でロボットアームがどのような働きをするか、どのような可能性があるのを示すことができる製品だ。アプリ開発用のソフトウェアもあり、子供達が自分でデザインしたものを3Dプリントすることができる。米国では小学校からロボティックスの授業を取り入れるなど、STEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マスマティックスなど理数系の総称)教育に力を入れている。この市場を狙った製品は多いが、本当に米国で市販が始まり性能面でも評価されれば、Dobotはかなりのシェアを占める製品に成長できる可能性がある。(WEDGE Infinity)

中国の起業年齢は平均24.67歳。「所得を増やす」より多い動機とは

中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

関連記事

  1. 世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

    なくすを、なくす。アラートで紛失を防止MAMORIOはスマートフォン…

  2. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつ…

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請…

  3. IoTでビジネス価値を生み出す–企業…

    提供:iStockphoto/Jirsak IoT市場が爆発的な成長…

  4. IoTビジネス共創ラボ 「ドローンワーキンググル…

    IoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティ「IoT …

  5. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2…

  6. businessclass

    10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

    通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから…

  7. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTO…

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックで…

  8. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的…

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP