menu

iPhone Xを支えるイスラエル技術

2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルはチップ・エンジニアを大幅に増強したとされている。2年後の2013年、アップルはイスラエルの振興企業、3DセンシングのPrimeSenseを360億円で買収。2005年に、イスラエルのMITとも呼ばれるイスラエル工科大学(テクニオン)卒業生、Aviad Maizels氏が設立した企業で、ジェスチャーコントロールへの道を拓いている。2011年の段階で、同社はMITテクノロジーレビューで、世界の重要な10大技術に選ばれている。このほど発表されたアップルのiPhone XのFace IDは、このPrimeSenseの技術を活用している。

2015年にはカメラモジュール技術のLinX、2017年にはAI顔認識技術のRealFaceを買収し、これでアップルはイスラエルのスタートアップを4社買ったことになる。いずれもiPhoneやiPad、さらにはMacBookに搭載され、それらの製品を特徴づけることになっているから、iPhone Xはイスラエル技術者が支えていると言って良いだろう。

アップル本社のハードウェア技術担当上級VPのJohny Srouji氏は、イスラエル工科大学(テクニオン)出身で、インテルやIBMを経て、2008年にアップルに入社。アップルはイスラエル中央部の沿岸地方の都市、ヘルツリーヤに、同社にとって世界で二番目の規模のR&D拠点を持っている。イスラエル国内の拠点は3ヶ所で、社員数は1,000名を超えているという。同社のイスラエル技術への依存度は、今後も増していくものと予想される。

最近ではビジネス革新発祥の地としてアメリカのシリコンバレー、イスラエルのテルアビブ、また中国の深センが挙げられていますが、視察や提携を目的とした日本企業も渡航が年々増えているようです。

AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

インテルがAI活用で600億円以上の価値を創出

関連記事

  1. 世界で加速する「キャッシュレス革命」

    キャッシュレス経済が加速する北欧諸国日常生活に現金を必要としないキャッシュレス社会が世界的に進展…

  2. デバイスの爆発的増加でIoTが変えるビジネスモデル

    数年間でオンラインになることが予想される20億台から500億台の新しいデバイスは、テクノロジ関連事業…

  3. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長の医学部生「世界…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medmain(メドメイン)」を…

  4. Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイルから文字起こし…

    Googleがクラウドサービスとして提供している「Google Cloud Platform」の中に…

  5. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であった。この連載は競…

  6. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。データをネット上に分散さ…

  7. cryptocurrency

    タイ財務省、仮想通貨課税に関する枠組み最終版を発表

    タイ財務省は今週、仮想通貨課税に関する枠組みを発表した。ニッケイ・アジア・レビューが30日に伝えた。…

  8. 通訳機

    74言語対応。翻訳機を超えた、夢の「通訳」機 share

    ■世界の人と交流できる、手のひらサイズの通訳機POCKETALKは手のひらサイズの通訳機。話…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. kizzania_smallstart
  2. israel-startup-map_smallstart
  3. wordpress_smallstart
  4. startupfailed_smallstart
  5. startbusiness_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP