menu

IoT関連支出は2020年までに1.3兆ドルへ

新しい調査によると、IoTへの支出の伸びは主にメーカーによるハードウェアへの投資によって、2020年までに16%近くに達するとみられている。

The JournalでIDCがリリースしたレポート「世界のIoT支出 上・下半期ガイド」には、IoTへの支出は2020年までに世界中で1.29兆ドルに達し、2015年から2020年までの成長率は15.6%の見込みと述べられている。

センサー技術の向上が続く限り、IoT関連の支出の多くはハードウェアに向かうとIDCは見ている。

ハードウェアへの投資は2020年までに4000億ドル近くになるとIDCは予測しており、それらの大部分はエンドポイントとネットワークを繋ぐモジュールやセンサーになるだろう。向こう5年間はハードウェアへの投資がほとんどになると見込んでいるが、その成長はサービスやソフトウェアなどのカテゴリーと比べると緩やかなものだろう。

「小売業や保険、ヘルスケアなどのサービス業と消費者向け製品のIoT使用例の急速な増加には密接な関係がある。結果、IoTはベンダーからエンドユーザなどに至るまで幅広い成長市場を提供していることになる」と、IDCのマーカス・トロチアは語る。

研究者たちは、向こう5年間でもっとも多くIoTへの投資をおこなうのはメーカーであり、その一方で小売業やヘルスケア、保険といった消費者向けの業界がIoT関連支出額でもっとも急激な伸びを見せると予測している。

「自動運転車やスマートビルなどの業界をまたいだIoT投資は、5年のあいだトップレベルの投資を集め続けることだろう」とレポートでは述べられている。

集まるIoTへの投資

トロチアはIoTへの投資を促す機会はこれからもさまざまな分野から生まれてくるという。

「製造業や交通産業などの分野では市場のサイズの大きさや比較的緩やかな成長率などが業界の特徴であり、場合によってはほとんど手付かずの状態のため多くのことができる可能性があるだろう」と、彼は言う。

このレポートは、先におこなわれた2021年までにIoTデバイスの数が倍の4600億台になるという報告に続くものである。

関連記事:2021年、倍増したIoTデバイスの脆弱性は世界を滅ぼすか

Juniper Researchは、加速度的に増える駆動装置やセンサーなどは、ユニットコストの低下でその増加が支えられると結論づけている。(Readwrite.jp)

シリコンバレー投資家が語る「今からの起業」で成功する条件

民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」、宿泊施設へのレンタル開始。

関連記事

  1. vietnam

    ベトナム、スタートアップ投資42%増 17年、国…

    ベトナムは、スタートアップ企業への投資が急増している。トピカ・ファウンダー・…

  2. ソーシャルメディアを活用して成功した零細企業例

    Coconut Bliss:アイスクリーム会社Coc…

  3. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデ…

  4. budapest

    欧州のスタートアップ起業家が、ブダペストを目指す…

    英国のEU離脱を控え、ヨーロッパの起業シーンにも変化が起きている。グローバ…

  5. business_smallstart

    起業後お金を稼げた瞬間 – 初めての…

    社会人になって初めての仕事と同じで、起業すればやっぱり初めてお金を稼げた瞬…

  6. 納得!会議で「声の大きい人」に押し切られない方法…

    みなさんの会社では、「声の大きい人の勝ち」という会議はないだろうか。1人演説…

  7. SNSの炎上リスクを“チャンス”に変える 海外発…

    ロンドンやエストニアで注目の“新しいSaaS”とは?「SaaS」とい…

  8. japanese-country

    外国人観光客にも人気の日本の農村旅行

    中国で「農家楽」という農家民泊が流行している。すでに数年前から起きている現象…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP