menu

AI

  1. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、2018年注目プロジェクト7選

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  2. 九州電力と『AIによるコールセンターの自動化・お客様サービス向上を目指した実証実験』の協業契約書締結

    ィープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つく…

    • AI

    AI人材争奪、世界で70万人不足 日本勢は米中に後れ

    世界で人工知能(AI)の専門家の争奪戦が過熱している。車の自動運転や顧客データの解析、音声認識や顔認…

  3. 2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  4. 医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病院の事務作業時間を60%削減する「Notable」が300万ドルの資金調達

    日本でもGoogle HomeやAmazon Echoの販売が解禁され、AIスピーカーや音声AIアシ…

  5. androidP

    Google 音声AIが人間らしい会話を

    北米時間5月9日,毎年恒例となっているGoogle主催の開発者向けイベント「Google I/O 2…

  6. あなたの「コエ」がしゃべり出す!自分の声を自動音声に変換するアプリが登場

    東芝デジタルソリューションズ株式会社は4月17日、人間の声を人工的に作れる音声合成技術を使い、自分の…

  7. 書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版をリリース AIの自動読み上げ機能を活用

    株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高めること、新たな…

  8. AIが業務委託契約のリスクを判定

    ランサーズは2018年4月17日、オンライン契約判定サービス「AI-CON」を、同社の会員向けに1カ…

  9. alexa

    (後)Alexa開発者インタビュー

    Ravi Jain氏によると、Amazonは、Alexaを秘書型から親友型に進化させるべく、今年も世…

さらに記事を表示する
PAGE TOP