menu

医療ビジネス

  1. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  2. イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を明確化にした

    世界一の高齢化社会といわれる日本の一挙手一投足は、あとに続く先進諸国の注目を集めやすい。先日はニュー…

  3. 医療電話通訳24時間対応 タイなど11言語追加 福岡県

    福岡県が県内の病院や診療所を受診する外国人向けの電話通訳サービスを、3日から24時間対応に拡大する。…

  4. AIが医師の代わりになるイギリス

    AIの導入により効率化を勧めた、リストラした、という取り組みは、今のところ民間セクターの事例が目立ち…

  5. 目だけでマウスを動かすハンズフリーマウス

    健康なときには気づかないものですが、いざ病気や怪我になると日常で当たり前にできていた生活やパソコンな…

  6. 相手の立場になった視点でビジネスを

    スマホがなくてはならない必需品になりつつある一方でガラケー分野では高齢者用の分かり易い携帯がヒットし…

  7. 3Dプリンターで治癒速度もあがるギプス

    3Dプリンターの登場で多品種少量生産の医療器具がどんどん進歩しています。3Dプリンターの登場…

  8. 救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

    アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない…

  9. 米国の研修医、アプリを使用して高給を得るために病院と戦う

    プライマリ・ケア医、つまり、すべての疾病の1次医療・予防医療を行う一般的な個人開業医になる夢を実現す…

  10. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビジネスで劇的に変わるかも…

さらに記事を表示する
PAGE TOP