menu

海外ビジネス

  1. 利用者の半数が受診をやめた AIチャット・ドクターは 医療費抑制の切り札になるか

    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代…

  2. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム『freeC』

    ■freeCの概要就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」(https:…

  3. テック系、アクセラレーター、女性進出…トルコのスタートアップ事情

    ナイジェリアのラゴス、パレスチナ自治区のガザ、インドネシアのジャカルタ。あるスタートアップイベントで…

  4. 異彩を放つ世界のアントレプレナー8人

    ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキアIBL…

  5. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

  6. 起業家不毛の地「オーストラリア」が南半球のシリコンバレーになる

    オーストラリアが、にわかにスタートアップ・ブームに沸いている。「第2のシリコンバレー」を目指す、オジ…

  7. ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

    米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、投資…

  8. ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

    [ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)…

  9. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEH…

  10. 東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

    DBS Foundation からの助成金を獲得したアジアのスタートアップ12社のうち、東南アジアの…

さらに記事を表示する
PAGE TOP