menu

海外ビジネス

  1. 破壊的イノベーション」がイスラエルから生まれる理由

    日本とイスラエルの関係が急速に深まっている。「イノベーションが核となっている」(外務省)と言われ、…

  2. 驚き! ネットがあれば数分で海外に会社作れる

    エストニアの制度を使うとネットがあれば数分で海外法人が作れる。スタートアップとして申請して認めら…

  3. 2019年注目のスタートアップ57社、ベンチャーキャピタルが選出

    スナップチャットやフェイスブックといった人気サービスを提供しているテック企業のことは、業界に精通し…

  4. 東南アジアでビジネス版Facebook目指す「freeC」が正式公開、仕事情報やニュースを一箇所に集約

    「例えるならビジネス情報に特化したFacebookのようなもの。就職やクラウドソーシング、イベント…

  5. 東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売

    東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売『ASEAN企業地…

  6. 2018年に過去最高記録のイスラエル、スタートアップ投資の今後

    2018年はイスラエルのハイテク系スタートアップが、記録的な資金調達額を達成した年だった。IVC …

  7. NYから広がる復活する街の小さな本屋さん

    米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが2015年11月、本社のあるワシントン州シアトルに、同社…

  8. たとえ敵対するグループ同士でもオンラインで交流することが偏見をなくし社会的結束を強める

    インターネットによって遠く離れた人同士がつながり合いを持てるようになりましたが、オンラインでの対話…

  9. 日本の地方活性化にも役立つ?米国でBuy Local運動を成功させた事例が人気TV番組に

    私たちの業界は、複雑な時代に生きて活動している。たとえば、悪いニュースとして、George…

  10. 利用者の半数が受診をやめた AIチャット・ドクターは 医療費抑制の切り札になるか

    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代…

さらに記事を表示する
PAGE TOP