menu

レディーフォー代表取締役 米良はるかさんミラカナへの思い

福井新聞社など3社連携によるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」でサイト運営や資金調達支援を担うレディーフォー(東京)は、クラウドファンディング事業の国内最大手。「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに掲げ、多くのプロジェクトを実現に導いてきた。創設者の米良はるか代表取締役(30)は、「ミラカナ」を通じ「福井に根付く事業が展開されるきっかけをつくりたい」と語る。事業スタートに寄せる思いを聞いた。

「ミラカナ」サイトはこちら

―クラウドファンディングの利点は。

融資や投資と違って、返済や配当の必要がなく、事業性が見えにくいアイデアや新しいチャレンジでもリスクが少ない。テストマーケティングに使えるのも特徴。例えば、飲食店を開くプロジェクトの場合、支援者への返礼にランチ無料券を用意することで、開業前から最初の顧客を確認できる。支援者をファンにして、その後の事業展開につなげることができる。

―支援する側にとっては。

会社や組織ではなく、プロジェクトへの支援なので、お金の使われ方の透明性が高い。だから、自分の支援が役立った感覚が、従来型の寄付よりも得られる。

―クラウドファンディングで実現させようとするのは、どんな社会か。

何かをやりたいと思ったときに、一歩を踏み出す場をつくりたかった。世界的に見ても、資金調達が難しいような若くて実績のない人のチャレンジが、世の中全体に大きなインパクトを与えている。

―クラウドファンディングの利用者は年々増えている。今なぜ、受け入れられているのか。

SNSの広がりで自分がやりたいことを発信し、協力したい人が集いやすくなったのが大きい。組織に属さなくても、スモールスタートができるようになった。

―地方紙、地方銀行との連携で何ができるか。

地域でシェアを持ち、信頼を持っている2社と一緒に打ち出すことで、クラウドファンディングにチャレンジしてみようという人が増えるのが楽しみ。資金集めや実行の段階をメディアで発信してもらうことで事業の展開が進み、地域に根付きやすくなるはず。

■レディーフォー 2011年3月にスタートした日本初のクラウドファンディング事業。14年に設立された同名の会社が運営する。18年3月までに、プロジェクト7900件が掲載され、累計の支援者数は38万4千人、支援額は58億円に上る。プロジェクトごとにキュレーターと呼ばれる担当者が付き、プロジェクトづくりや資金集めを伴走型でサポートする。目標額の達成率は国内業界で最高の約7割。(福井新聞)

dobai2ドバイに学ぶ観光戦略

alexa(前)Alexa開発者インタビュー

関連記事

  1. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  2. 傾向に合わせた販売方法

    昨今失明の原因1位とされる緑内障にかかる人が増えているようです。緑内障は、眼球の奥にある視神経に…

  3. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性がある都市の1位が福岡市…

  4. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Startup World Cup…

  5. entrepreneur

    日本が誇る25人シリアルアントレプレナー

    シリアルアントレプレナーとは特に連続して何度も新しい事業を立ち上げる起業家を言います。1…

  6. Kickstarterが日本に上陸

    クラウドファンディングサービス「Kickstarter」が、2017年中に日本に上陸することが分かっ…

  7. 世界のスマート・カンパニー10

    エヌビディアNvidia 本社所在地米国カリフォルニア…

  8. 広がる戦場 ―IoTへのサイバー攻撃

    数十億台のマシンがサイバー攻撃の標的にサイバーセキュリティの最前線では、攻撃する側と防御する側で…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP