menu

もうメジャーも設計図もいらない:部屋を丸ごと3DスキャンするiPadアプリの可能性

2013年にKickstarterで話題となったiPadを3Dスキャナーに変えるデヴァイス「Structure Sensor」のポテンシャルを、さらに引き出すアプリ『Canvas』が登場。素早く、安く、簡単に空間や物体を3Dスキャンし、CADデータや拡張現実を生成することができる。

Occipital(オクシピタル)の3Dスキャナー「Structure Sensor」をiPadに取り付けると、まるで『新スタートレック』に登場する、いつもヴァイザーを装着しているジョーディ・ラ=フォージのような見栄えになる。

Structure Sensorは、赤外線センサーと送信機を内蔵したやや厚みのある3Dスキャナーで、本体をiPadの上部に取り付け、コードをLightningポートに接続して使用する。

そうすれば、この380ドル(約4万3,000円)のスキャナーを使って、あらゆるものを素早く3Dスキャンできるようになる。部屋全体を3Dスキャンしたり、物体をスキャンして3Dプリントしたりすることはもちろん、周囲の環境をスキャンしてから、オクシピタルの「Bridge」エンジンを使ってインタラクティヴな拡張現実(AR)をつくることも可能だ。

Structure Sensorの深度センサー付きカメラは数年前に開発され、2013年のKickstarterで大きな支持を受けた(日本語版記事)ものだが、もっと簡単に利用できるようにするため、オクシピタルは懸命な取り組みを続けてきた。

その結果登場したのが、『Canvas』と呼ばれる新しいiOSアプリだ。このアプリを使うと、Structure Sensorを装着したiPadで部屋全体を見回すだけで、その部屋の3Dマップをすぐに作成できる。スキャンされた部分はペンキで塗られたように色が変わり、まだスキャンできていない箇所がわかるようになっている。

スキャンが終わると、その3Dモデルの生データをアプリで確認できる。また、部屋の中にある物体同士の距離を測ることができるため、メジャーを使う必要もない。

さらに便利なことに、「Scan to CAD」という機能を使えばスキャンデータからCADデータを作成できる。ただしCADデータの作成はiPadだけではできないため、スキャンデータをアプリ経由でオクシピタルに送信し、もっと高性能のコンピューターで処理してもらう必要がある。

作成されたデータはメールで自分のアカウントに送付されてくる。CADデータを作成するには最大48時間かかるが、それを使えば本格的なDIYやリフォームに活用することが可能だ。ほかの方法でデータをつくろうとすれば、はるかに多くの時間とお金が必要になるだろう。

オクシピタルの共同創設者ジェフ・パワーズによれば、8つの部屋をもつ家の場合、Structure Sensorを使えばおよそ30分でスキャンできるが、手動で行うと7時間はかかるという。そのような仕事を業者に依頼すれば、2,000ドル(約23万円)近いコストがかかるだろう。だが、オクシピタルのScan to CAD機能を使えば、1部屋あたり29ドル(約3,300円)で済む。

Structure Sensorに内蔵されている赤外線センサーは、iPadの内蔵カメラと連携して動作するため、CADデータへの変換はフルカラーで行われる(スキャンの質を高めるため、オクシピタルは20ドルの広角レンズを取り付けることを勧めている)。

将来的には、グーグルの「Tango」プロジェクトや、マイクロソフトの3Dスキャン技術など、あらゆるものにこのアプリを利用できるようにしたい、とパワーズは語る(WIRED)

自分の耳の形状に合わせた高級イヤホンが売れているように、今後オーダメイドの靴などのスキャンにiPhoneやiPadなどを活用し、既存の製造業とマッチした”自分だけの製品”サービスが流行りそうです。

安川情報システム、クラウドサービス「MMCloud」に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラム開始

ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦

関連記事

  1. スモールビジネスのIT担当者は9割以上が兼任

    デル株式会社は、全国のスモールビジネスのIT担当者に対して実施した意識調査の結果を発表した。調査では…

  2. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  3. 遊んで稼げるゲーム実況

    世の中楽して稼げる仕事なんてない、というのが古今東西の通説でしたが、最近ではそうでもなくなっているよ…

  4. 急浮上「エッジコンピューティング関連」注目8銘柄

    ―市場膨張の予感に走り始めたマーケット、決算シーズン後「テーマ買い」回帰を先取る―2日の東京…

  5. ドイツ 難民向けビジネスマッチング

    紛争や貧困を逃れるため、中東やアフリカから欧州へ難民の流入は今に始まった事では有りませんが、シリア内…

  6. ハンドメイド制作から始めるスモールビジネス

    最近ハンドメイド市場が活況を呈しています。本職の職人でなくとも、趣味や興味からのハンドメイド…

  7. 韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植木鉢

    最近はIoT家電も徐々に発売されつつありますが、今回紹介する『planty』は、…

  8. upq_smallstart

    ほぼ1人で家電ブランドを立ち上げた若き経営者・中澤優子に迫る

    2015年の8月、“ほぼ1人家電メーカー”株式会社「UPQ(アップ・キュー)」がたった2カ月でスマ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP