menu

アリババ、日本で中国発スマホ決済 QRコード使用

中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービスを始める。入金したスマホのアプリで買い物ができるようにする。中国で提供する「支付宝(アリペイ)」と同じ仕組みを日本人向けに展開、3年内に1千万人の利用を目指す。日本のスマホ決済市場の起爆剤になる可能性がある。
電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」と同じ仕組みを日本向けに展開する
中国はスマホによる決済が世界で最も普及しており、アリペイと騰訊控股(テンセント)の「微信支付(ウィーチャットペイ)」が市場を二分している。このうち、日本で訪日観光客向けに対応する店舗網を広げるアリババが先にサービスを始める。現金決済が主流の日本市場は成長余地が大きいと判断した。

華為技術(ファーウェイ)など製造業に続いて、中国のIT(情報技術)サービスも日本市場を目指し始めた。

新サービスはアリババ傘下の金融会社アントフィナンシャルジャパン(東京・千代田)経由で提供する。店が発行したり、消費者のスマホアプリが表示したりするQRコードを使って決済する。コードには金額などの支払い情報が書き込まれている。

アリペイは中国の銀行口座を持つ人しか利用できない。日本では国内銀行の口座を持つ人向けに別のブランド名でサービスを提供する。サービス開始以降、早期に日本向けのサービス利用者が中国でも利用できるようにする。年間約250万人いる日本からの出張者や旅行者の利便性が高まる。

新サービスはローソンや家電量販店、百貨店など既存のアリペイ対応店舗を中心に利用できるようにする。訪日中国人客の急増を機に整備されたアリペイ対応店舗網を生かす。2017年末には対応店舗を現在の約3万店から約5万店に増やす方針。


決済以外に生活関連の機能も順次追加し付加価値を高める。シネマコンプレックス(複合映画館)と提携し映画のチケットの予約・購入ができるようにする。割引クーポンの配信など小売店の販促にも役立つという。

中国の調査会社によると、スマホなどのモバイル端末を使った中国の決済市場は17年に15兆元(約250兆円)規模になる見込み。一方、野村総合研究所の調べでは日本国内の17年の電子マネーによる決済市場は5兆6千億円にとどまり、成長余地が大きい。

中国企業が海外展開する際には、個人情報の保護が課題となりそうだ。中国の消費者の間では決済履歴などの個人情報が企業から市民への監視を強める当局に流れているとの懸念が強い。

スマホ決済サービスは米国で誕生し、世界最大の人口を抱える中国で使われた結果、使いやすさや導入コストの安さなどが進化した。今度は中国の外で使われることで、スマホ決済がどう変わるかに注目が集まる。(日本経済新聞)

 

日本でもお財布携帯として携帯から決済ができる機能がありましたが、各社サービスがバラバラで決済端末も店舗側で導入しなくてはならず衰退していった経緯があります。中国のスマホ決済普及の背景として偽札の横行が挙げているメディアが多いのですが、実際現地で買い物にすると偽札判別機でお札をチェックされ、その度に少々不安になったものです。

アリペイとは別のスマホ形態である微博(weibo)などでは決済にあたって手数料がかからないので、お店側にとっては使わない手はないのだとか。このようにサービス普及にあたっては中国に見習う事も多くなりそうです。

世界中で拡大する「ギグエコノミー」。過去1年で26%成長

世界中のフリーランスに共通する驚くべき10の事実

関連記事

  1. 自宅栽培で安全な食を

    食の安全については今や台所を預かる主婦だけではありません。食の国際化が進むに…

  2. IoT実現の鍵を握るインド活用

    IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。…

  3. southeast_smallstart

    東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEA…

    東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売…

  4. 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone…

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式…

  5. blockchain-smallstart

    医療のブロックチェーン革命で、ここまで出来るよう…

    ※この記事は、11月20日号(11月13日売り)「ここまで来た AI医療」特…

  6. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。…

  7. “AIスカウト“で変わる人事 ネットで人材発掘 …

    インターネット上の交流サイトなどに個人が公開しているプロフィールをAI=人工…

  8. エヌビディアの次を狙う新興企業「AI特化型チップ…

    近年、人工知能(AI)分野ではディープラーニングが最もホットなトピックとなっ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP