menu

エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

電子居住プログラムを進めるエストニアが、「国境なきデジタルバンキング」を導入する。電子居住者たちがオンラインで口座を開いたり企業を立ち上げるのが、より容易になった。

英国では、欧州連合(EU)離脱の投票以降、エストニアのデジタル市民になりたいという人が急増している[日本語版記事]。

2014年に始まったエストニアの電子居住(e-レジデンシー)プログラム[日本語版記事]には、これまでに138カ国から2万人以上が申請しており、英国からの申請者は1,060人を超えている[訳註:e-レジデンシーとは、100ユーロ(約1万2,000円)の手数料を支払い、顔写真の提出と指紋の登録を行えば、審査を経てエストニアの電子居住者になれるというもの。配布されるICチップ搭載のIDカードを使えば、会社設立、銀行口座の開設、金融取引、納税などができるようになる]。

エストニアではこのほど、この仕組みをさらに容易にした。これまでは銀行口座や企業を開くためには実際にエストニアに行く必要があったが、その制限を撤廃したのだ。「国境なきデジタルバンキング」が導入されたことで、電子居住者は同国を訪れることなくEU企業を設立できるようになる。

電子居住プログラムのディレクターを務めるカスパー・コルユスは『WIRED』UK版に対して、「誰もがオンラインでEU企業を設立できるようにすることで、起業のハードルが大幅に下がりました」と語る。この国境のない企業の枠組みによって、英国民も「国を出る必要なく、EUのビジネス環境にアクセス」できるようになるわけだ。

フィンランドのフィンテック企業Holviが開発した新しいバンキングシステムでは、「ほとんどすべての電子居住者」がビジネス口座を開設できる(現在、米国民はできない)。口座をもつのにかかる費用は1カ月35ユーロ(約4,350円)だ。

エストニアの電子居住者が現在までに起業した会社は、約3,000社に上る。コルユスは、国境のないデジタルバンキングの導入によって、同国で設立される企業の数が増えることを期待している。(WIRED)

ドバイでも進む「女性の社会進出」

世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

関連記事

  1. 中国で大人気、「シェア自転車」がはやるワケ

    今、北京や上海といった中国の大都市に行くと、オレンジや黄色の自転車に乗った人を多く見かけるだろう。中…

  2. VR技術で仮想旅行体験

    VRを用いたソフトやサービスも医療やゲーム、旅行分野で続々と登場してきています。まだテストも…

  3. 360度パノラマ撮影が可能な小型球体カメラ「Luna 360」

    VR、ヴァーチャルリアリティとは仮想現実世界のことを意味しています。本年はVR(…

  4. 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実…

  5. もうメジャーも設計図もいらない:部屋を丸ごと3DスキャンするiP…

    2013年にKickstarterで話題となったiPadを3Dスキャナーに変えるデヴァイス「Stru…

  6. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。データをネット上に分散さ…

  7. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

  8. AI_chat_smallstart

    利用者の半数が受診をやめた AIチャット・ドクターは 医療費抑制…

    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. BuyLocal
  2. nursing_smallstart
  3. blockchain
  4. venture_smallstart
  5. AWS Managed Blockchain_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP