menu

フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達した。Accelのリードで、Xavier NielおよびOtium Venutreも参加した。PayFitは、企業にとって最も厄介な仕事をシンプルなウェブインターフェースで提供する。

この会社はまず基本的な給与支払い機能をフランスの企業に提供した。PayFitは、企業が旧態依然としたプロセスや外部業者に頼ることなく、社員に関するあらゆる情報を簡単に入力できるようにした。それを元に、法に準拠した給与小切手の作成や給与振り込みを行い、医療保険や年金に関する情報を指定機関に通知することができる。

利点は実に明快だ。PayFitは、本格的な人事部門や外部業者よりも安い。あらゆる業務がブラウザーで動いているので情報は常に最新で、労働法の改訂にも即座に対応できる。そして社員は過去の給与明細や労働契約を簡単に確認できる。

「ヨーロッパで社員を雇ったことのある人なら誰でも、給与管理の苦痛を知っている」と、Accelのパートナー、Philippe Bottriが私に言った。「この問題は特に中小規模の企業にとって頭痛のたねであり、頻繁に改定される労働法への対応に苦労している」

PayFitはそれに留まらず、多くの基本的な管理機能を統合している。経費の管理、休日の確認、休暇申請などだ。ほかにも組織図、子会社経営、スケジュール管理、安全な保管庫なども開発中だ。

 

PayFitは今日のラウンドで調達した資金を利用して、フランス以外への拡大を計画している。スペイン、イタリア、ドイツ、英国など他の欧州諸国でPayFitが使えるようになる日も近い。ただしそれはスイッチを切り替えるだけの簡単な話ではない。市場ごとに法律や規制が異なるため、給与サービスは特定市場にあわせてカスタマイズする必要があるからだ。

しかし潜在市場は巨大であり、一度満足してもらえれば企業が給与サービスを乗り換えることは少ない。現在600社がPayFitを使っているので、月々の売り上げはかなりのものと思われる。

現在同社には社員が40人いて、近くさらに40人雇う予定だ。PayFitは車内でもPayFitを使っているに違いない。このことがサービスの改善に役立っていくはずだ。(TechCrunch)

エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

資金がない状態から始まった35の大企業

関連記事

  1. かわいすぎる!ピコピコ動くネコ耳つきスーツケース…

    なでたり一緒に歩いたりすると、ピコピコ動くネコ耳のついたスーツケース「Fra…

  2. blockchain

    国連世界食糧計画(WFP)、食糧支援にブロックチ…

    WFPの食糧支援では、支援対象者に現金や電子マネー、デビットカード、引換券な…

  3. 広がる戦場 ―IoTへのサイバー攻撃

    数十億台のマシンがサイバー攻撃の標的にサイバーセキュリティの最前線では、…

  4. AIで死後の記憶を残せるか

    20xx年、Aさんの家族がタブレット端末に話しかける。「イヌを飼いたいけれど…

  5. トーンで感情理解 AIスピーカーに付加機能

    音声による感情分析を手がけるイスラエルのスタートアップが、米アップルの「Si…

  6. 世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

    イスラエルがイノベーション創出で世界をリードしていることは周知の事実ではない…

  7. flier

    書籍要約のフライヤー、1冊15分で聴ける音声版を…

    株式会社フライヤーは、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利…

  8. 同時通訳が可能に

    日本人は外国語習得が苦手と言われており、また国民性も海外…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP