menu

完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専用ロボットだ。

サリーを製造した米チャウボティクス(Chowbotics)は、成長が期待される食品サービス用ロボットの市場で存在感を示している新興企業だ。大きさは小型冷蔵庫並みとコンパクト。ロメインレタス、ケール、グリルドチキン、パルメザンチーズ、クルミ、ミニトマト、オリーブなど21の具材を組み合わせ、千種類余りのサラダを約60秒で作ってくれる。

サラダ作りの過程は外から見えるつくりだ。重量は350ポンド(約160キログラム)あるため現時点では業務用サイズだが、将来は軽量化に向かうと、サリーを考案したチャウボティクス創業者のディーパク・セカー氏(35)は話す。

セカー氏によれば、サリーには数多くの利点がある。人間より手早くサラダが作れるため、「次世代のサラダレストラン」になれそうだという点に加え、サラダのカロリーが正確にわかる。さらに、機械が作ったサラダの方が人の手に触れないため衛生的だ。

サリーはこの春、米カリフォルニア州サンタクララにあるファストカジュアル・レストラン「ママ・ミアズ」と、テキサス州にあるH-E-Bグローサリーの社員食堂でデビューする。より一般向けには、4月13日にサンフランシスコの共有オフィススペース「ガルバナイズ」で運用開始となる。

サリーのメーカー希望小売価格は3万ドル(約330万円)で、いずれは月約500ドルでリースする選択肢も提供する。7-9月(第3四半期)に予約注文分の出荷開始が予定されている。(日刊工業新聞)

シンガポールに集まる富裕層の「節税事情」を解説! 相続税や贈与税がなくキャピタルゲインも非課税と、 富裕層には魅力的なシンガポールの税制の実態は?

服を買わなくなったイギリス人 —— イギリス経済に何が起こっているのか?

関連記事

  1. 派遣エンジニア、外国人を大量採用 人材各社

    IoT普及で需要拡大人材サービス各社が人手不足感が強いエンジニア派遣(総合2面きょうのことば)で…

  2. スタートアップに適した国 エストニア

    「IT先進国」「ブロックチェーン大国」エストニアの噂は、シリコンバレーから日本に戻る度に、よく耳にし…

  3. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし、化粧品関連のMemeb…

  4. 中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

    日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向けた専門組織を発足させる…

  5. mining

    中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮…

    ブロックチェーンは、今年最大のバズワードだ。しかしながら、この技術が愚かなクリエイティブの形で適用さ…

  6. 再配達の手間がなくなる?!クラウドベースの“スマート郵便受け”

    スマホアプリを活用した“スマート郵便受け”今、日本では荷物の発送数の大幅増加による配達業者不…

  7. Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイルから文字起こし…

    Googleがクラウドサービスとして提供している「Google Cloud Platform」の中に…

  8. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP