menu

完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専用ロボットだ。

サリーを製造した米チャウボティクス(Chowbotics)は、成長が期待される食品サービス用ロボットの市場で存在感を示している新興企業だ。大きさは小型冷蔵庫並みとコンパクト。ロメインレタス、ケール、グリルドチキン、パルメザンチーズ、クルミ、ミニトマト、オリーブなど21の具材を組み合わせ、千種類余りのサラダを約60秒で作ってくれる。

サラダ作りの過程は外から見えるつくりだ。重量は350ポンド(約160キログラム)あるため現時点では業務用サイズだが、将来は軽量化に向かうと、サリーを考案したチャウボティクス創業者のディーパク・セカー氏(35)は話す。

セカー氏によれば、サリーには数多くの利点がある。人間より手早くサラダが作れるため、「次世代のサラダレストラン」になれそうだという点に加え、サラダのカロリーが正確にわかる。さらに、機械が作ったサラダの方が人の手に触れないため衛生的だ。

サリーはこの春、米カリフォルニア州サンタクララにあるファストカジュアル・レストラン「ママ・ミアズ」と、テキサス州にあるH-E-Bグローサリーの社員食堂でデビューする。より一般向けには、4月13日にサンフランシスコの共有オフィススペース「ガルバナイズ」で運用開始となる。

サリーのメーカー希望小売価格は3万ドル(約330万円)で、いずれは月約500ドルでリースする選択肢も提供する。7-9月(第3四半期)に予約注文分の出荷開始が予定されている。(日刊工業新聞)

シンガポールに集まる富裕層の「節税事情」を解説! 相続税や贈与税がなくキャピタルゲインも非課税と、 富裕層には魅力的なシンガポールの税制の実態は?

服を買わなくなったイギリス人 —— イギリス経済に何が起こっているのか?

関連記事

  1. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であった。この連載は競…

  2. 安川情報システム、クラウドサービス「MMCloud」に接続できる…

    安川情報システム株式会社は、同社が提供するクラウドサービス「MMCloud」に容易に接続できる機器を…

  3. 中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

    中国ではあるビジネスモデルが流行すると、猫も杓子もマネをする。爆発的に普及しつつある「シェアサイクル…

  4. イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 20…

    人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年…

  5. 各国のスタートアップ状況

    起業家や投資家が集まり、スタートアップ企業が自らの事業などについてプレゼンテーションする北欧発のイベ…

  6. 日本航空、海外ビジネス客の取込強化へ-3拠点でセールス注力

    日本航空(JL)代表取締役副社長の藤田直志氏は、業務渡航に関わる旅行会社やサプライヤー、出張元の企業…

  7. AIスタイリスト

    アリババは11月11日の土曜日、驚くべきことに、250億ドル分もの商品を売り上げ、「独身の日」の売上…

  8. AI大国中国

    「AI大国」を目指す中国 2030年に関連産業を10兆元規模へ

    この先、急成長が期待されている産業として、AI(人工知能)が挙げられよう。モバイルインターネット、ス…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP