menu

持ち主を追いかけて自走するスーツケース

 

最近では旅行用のスーツケース自体に乗っかって広い空港内を移動できる移動装置付きスーツケースなどクラウンドファウンディングを利用した新しい物作りが出てきていますが、スーツケース自体が持ち主の後を追いかける自走機能付きスーツケースもでてきました。双方とも重いスーツケースを運ばずに楽に移動したい、といった基本コンセプトがあるようです。バスのように飛行機を利用するアメリカや、気軽に海外旅行に行けるLCCも発達している欧州では移動で疲れたくない、といった要望がことのほか多いのかもしれません。(以下Newsweekより)

 

<ユーザーを追走し、離れた位置から呼び寄せることもできる。そして、ユーザーとの距離を感知して自動ロックを行い、現在位置をGPSで知らせる次世代スーツケースが登場した>

旅行用のスーツケースは、これまで、求められる容量を満たした上での軽さや耐久性を競ってきた。しかし最近では、旅行という行為自体にもデジタル化の波が押し寄せ、それにともなってスーツケースもスマート化する傾向にある。

たとえば、日本でも目にする機会が増えたドイツのリモワは、自社のラインナップにエレクトロニック・タグ付きモデルを加えている。これは、側面に電子インクディスプレイを備え、スマートデバイスのアプリから目的地空港までのラゲッジタグを無線送信して表示できるという製品だ。

エアライン側の対応も、まず地元ドイツのルフトハンザからスタートしており、他にもユナイテッドなど4社がテスト中だが、こうした流れは確実に加速していくことだろう。

そして、その先にはスーツケース自体のロボット化が控えている。つまり、置き忘れた際の現在位置の通知や、スマートフォンやタブレットデバイスに対する電源供給はもちろん、ユーザーを認識して自動で追走したり、ユーザーの手許まで自律的に移動してくるようなことが現実になるのである。

この分野の先駆者となったCowarobot R1(定価699ドル)は、独自のコ・ムーブ(C0-MOVE)システムの採用により、ユーザーの手首に装着された専用ブレスレットを感知して、手の届く距離を保ちながら最大時速4.5マイル(約7.2km/h)のスピードで移動する。加えて、ハンドル部や底面近くに内蔵されたセンサー類(ソナー、深度センサー、エッジセンサー)が周囲の状況を把握し、障害物を避けたり、階段から落ちないように自律制御を行うことで、安全でスムーズな移動を可能とした。

多少離れた位置からユーザーのところまで呼び寄せることもでき、これは、カフェなどでテーブル脇にスーツケースを置くスペースがない場合などに重宝しそうだ。

駆動は底部中央に組み込まれた特製の車輪によって行われ、ハンドルから手を離すと瞬時に繰り出されて走行状態に入る。しかも、メカニズム部分の容積を合計しても、全体容量の4%以下に収まり、スーツケース本来の収容力にはほとんど影響しない。

Cowarobot3.jpg

この他にも、ユーザーとの距離を感知して自動ロックを行い、再びブレスレットでタッチすればロック解除される仕組みや、置き忘れをブレスレットの振動で予防する機能、スーツケースの現在位置をGPSで知らせる能力も備えている。

Cowarobot2.jpg

さらに、着脱可能な内蔵バッテリーはスマートフォンなどを充電するパワーバンクとしても利用でき、iPhone 6S Plusを9回フル充電できる19,300mAhの容量を持つ。

2016年10月から出荷開始予定のこの製品は、次世代のスーツケースのベンチマークとなりそうだ。

 
現在自動車産業でAIによる自動運転技術が急速に現実に近づいていますが、コラボもできるかもしれません。自走スーツケースが複数集まってもちゃんと持ち主を判別してついてきてくれるのか、確認しながら歩くうち自分で持った方がはやいわ、という結果にならなければよいのですが。

VR技術で仮想旅行体験

海外で日本のスマホを使うには

関連記事

  1. 製造業とサービス業のIoT実態調査、37%がIo…

    ニフティクラウドを展開する富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は27日、国内…

  2. フランスの給与サービスPayFitが1590万ド…

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(…

  3. israel-startup-map_smallstart

    2018年に過去最高記録のイスラエル、スタートア…

    2018年はイスラエルのハイテク系スタートアップが、記録的な資金調達額を達…

  4. IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-Work…

    IoT介護支援システムを開発するZ-WorksがシリーズAラウンドで総額4億…

  5. Smartlookでウェブ訪問者訪の動きを動画で…

    もはや自社サイトで企業紹介ページを持つことは何ら特別なこ…

  6. blockchain

    中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜…

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが…

  7. IOT-AI

    目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビ…

    日本におけるスマートシティの先駆けである「柏の葉スマートシティ」(千…

  8. NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太…

    NTT西日本とNTTネオメイトは2017年3月24日、ドローンを活用した太陽…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP