menu

日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを提供する。

20170330_hs_001.jpg
サービスイメージ(画像:日立システムズ)

同サービスは、遠隔操作や乗っ取りなど、インターネットに接続されたLinuxベースのIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するソリューション。IoT機器向けの組込ソフトと、同ソフトが検知した攻撃を遠隔監視するサービスで構成される。

IoT機器メーカーでは、製造段階で機器にソフトを組み込み、同ソフトが検知したサイバー攻撃を同社のセキュリティオペレーションセンターが検知。機器の管理者へ通知する。

組み込みソフトは、6月よりIoT機器メーカー向けに提供開始する予定。同社では、2019年までにIoT機器10万台への導入を目指してサービスを展開していく。(Security NEXT)

医療電話通訳24時間対応 タイなど11言語追加 福岡県

パッケージ印刷企業のベトナム進出を支援

関連記事

  1. AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

    日本IBMは10月から、これまで1社ごとの作り込みだった人工知能(AI)「ワトソン」を活用したサービ…

  2. タイで「ジャパンエキスポ」、BNK48お披露目

    今年、日本との修好130周年を迎えたタイで、日本の文化を紹介するイベントが開かれ、大勢の人でにぎわい…

  3. investmenttrust

    月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

    大手投資運用会社であるGCIアセット・マネジメント執行役員の太田創氏は、実は個人で投資信託を883…

  4. 無料で「Web接客」が可能に!

    株式会社ペライチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋田一秀)は、ZOYI Corporation(本…

  5. vr

    VRで視力治療の米企業がEU進出、2018年はアジア進出目指す

    VRを使って弱視・斜視などの治療を行う製品を開発するVivid Visionは、これまで米国を中心に…

  6. japancompany

    AI時代に日本人が世界の少数派になるということ

    AIも自然言語解析ツールやテキストマイニングのように、質の良いデータが大量に投入され、それらのデータ…

  7. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユ…

  8. 露店に拡大、無人コンビニも 中国で急伸、スマホ決済

    中国でスマートフォン(スマホ)決済が爆発的に伸びている。コンビニや飲食店で代金を支払う際、スマホを取…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP