menu

置き忘れを防ぐ スマートウォレット

靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の1つ。30代に差しかかるころには、多くの男性がナイロン製などから、上質な本革へと財布を持ち変えるのではないだろうか。

ポーランドのスタートアップ企業Wooletが1月19日より発売を開始したスマートウォレット「Woolet」は、最高級牛皮のカーフレザーのみを使用した、現代社会を生き抜く男性に向けた本格志向のスマートウォレットだ。

豊富な機能で財布の紛失を防止

忘れ物防止用のIoT製品の多くは、通知機能がついたアクセサリーを財布につけるような体裁になっているが、Wooletは9.9mmとスマートな財布そのものに、最新テクノロジーが詰め込まれているのだ。

■忘れ物も盗難も。紛失を自動アラート機能でお知らせ
スマホとWooletが離れるとスマホが音を出して、忘れ物や盗難などのピンチも瞬時に防止。自動アラート機能が作動する距離は、6m~25mの範囲で自分で設定できる。

■ディスタンス・トラッカーでWooletを探す
近くにあるはずなのにWooletが見つからない。そんなときは、内蔵のディスタンストラッカー(距離情報追跡機能)を使えばWooletがどれだけ離れた場所にあるか、そしてWooletに近づいているかどうかが0.4m範囲の精度で分かる。

■Wooletを鳴らす
車のシートの下や、ソファの下など、すぐ近くにあるはずなのに見つからない。そんな時はボタン一つでWooletを鳴らすことができる。

■Wooletを最後に見た場所を知る
自分でWooletを最後に使った場所を覚えていなくても、スマホがWooletを確認した最後の場所を自動で記録してくれる。

■クラウド・ディテクション(みんなで探す)
もしWooletを失くしてしまったら、Wooletのクラウド・ディテクション・ネットワークが便利。スマホのボタンひとつでネットワークが起動し、Wooletを愛用している他の人たちがユーザーのWooletを探してくれる。誰かの範囲内にあれば、GPS位置情報が瞬時にアップデートされる。

■スマートフォンも守る
Wooletはあるのにスマホを忘れてきた?そんなときは、Wooletの内蔵ベルが鳴って教えてくれる。失くさないのはWooletだけじゃなく、スマホを置き忘れてしまう心配もない。

大切な現金とカードをあらゆるシーンから守りつつ、こだわりのデザインを兼ね備えたWooletは、他のスマートウォレットとは違い、それ自体が“ちゃんとした”財布。

カード入れが4つあるほかに、大きいサイズのカード用のカード入れと(最大70×100mm)隠しポケットまでついている。ユーロやポンドといった大きめのお札もすっぽり入るので、海外出張先でも活躍してくれそうだ。(IoTToday)

スマートウォレット「Woolet」

カラー:スリークブラックとクラシック・スウェードの2色
サイズ:125×87×9.9㎜
接続:Bluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)
対応機種:iPhone4s以降、Bluetooth4.0 Android phones
範囲:最大60mまで
バッテリー寿命 :最短1.5年 再充電可能
プロセッサー:ARM Cortex-M0
サウンド:内臓のベル

「D2C」というリテールの新潮流

シリコンバレーが利益よりも大事にすること

関連記事

  1. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的な戦略」

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34)は、米人気アクセラレー…

  2. medicalAI

    九大起業部、会社第1号 AIで病理画像診断 社長の医学部生「世界…

    九州大の学生らが、病理画像診断ソフトの開発を手掛けるベンチャー企業「Medmain(メドメイン)」を…

  3. fruits

    (前)ブラジルの未来を切り開く日系人経営者 越山 末巳

    ここノルデスチの地で、天職に生きる大和魂と日本精神を持ったサムライ経営者・越山が、1982年にバイア…

  4. 遊んで稼げるゲーム実況

    世の中楽して稼げる仕事なんてない、というのが古今東西の通説でしたが、最近ではそうでもなくなっているよ…

  5. なぜ日本は起業率が低いのか

    日本は他の国と比べて起業率が低いことが知られている。起業率が高ければ経済の新陳代謝が活発だと言えるが…

  6. startupfailed_smallstart

    2018年に市場を去ったスタートアップたち

    スタートアップを起業して成功させるより難しいことなど、この世にそう多くはない。それには、才能、ノウ…

  7. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  8. 埼玉で起業目指す女性を応援 参加募集

    県は、起業を目指す女性のビジネスプランを募るコンテスト「SAITAMA Smile Womenピッチ…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP