menu

身近なIoT例

IoT(全てのモノがインターネットに繋がる)とは実際どのようなものなかを、身近な具体的な事例を挙げていきます。

1.Amazon Dash Button

欲しい商品のボタンを押せば自動的に Amazon に注文を出して、翌日には商品が届く、というサービスになります。

買い忘れや買い物のメモを取る手間がいらなく、今まで以上に家事がはかどること間違いなしです。またちょっとプログラミングができれば、AWS Button* を利用して自分好みの IoT ボタンにカスタマイズすることも可能です。

IoT フロー
ボタン押す → アマゾンへ通信 → 商品発送・商品届く

対応商品/国内 42種 利用条件/Amazon プライム会員値段/500円
(初回注文時500円割引あるため、機器は実質0円)

システム

2.Livescribe 3 スマートペン

手書きしたものが瞬時にタブレットやスマホに反映されるペンです。

IoT フロー
スマートペンで専用紙に書く → 記述内容をデジタルに変換 → スマホにデータ転送

値段/Amazon 42,084円、ソフトバンク 34,344円、Amazon.com $199

システム

img : Livescribe 3 Smartpen

 

3.エアコンの IoT 化

国内ではまだ馴染みの薄いスマートハウスですが、アメリカをはじめ海外では Apple 系の Ecobee や Google 系の Nest などが普及してきています。

国内でもイッツコム* によるスマートハウスのサービスが始まっていますが、対応エリアが限定的だったり、毎月のコストなどデメリットがあります。

そんな中、エアコンの IoT 化のみに機能を絞った商品がおすすめです。面倒な工事や難しそうなセットアップは不要で、スマホと専用キットがあれば、外出先から自宅のエアコンにアクセスでき、ON・OFFや温度調整を行うことができるようになります。

IoT フロー
アプリ操作 → アプリの内容をエアコンに送信 → エアコン受信・稼働

値段/$144(空輸の場合)対応できるエアコン/ほぼなんでも*

システム

img : INDIEGOGO

 

 

4.ペットを IoT 的に管理

ペットの首輪に FitBark という約 8g の専用端末をつけることで、日々の活動状況や体温、それから他のペットとの成長差を知ることができ、さらには獣医にその情報を知らせることができます。

普段は仕事でワンちゃんにあまりかまってあげられない! という方でも、行動を簡単にどこでも知ることができますので、これからの愛犬家には必須?アイテムになるかもしれませんね。

 

5.くら寿司

今では回転すしの常識ともなった お皿のIC タグ、これも IoT です。ICタグによって品質が管理されて、古くなった寿司を自動でレーンから外し、商品の最適化と業務および売上の最適化に貢献しています。

職人のカンに頼っていた 寿司 を IoT によって数値化し、顧客も企業も得をする Win Win の環境を構築しています。IC タグをいち早く投入した くら寿司は、回転すし業界の中でも勝組で、本格的に IoT を導入する 1999年ごろに比べると売上は 2倍、株価は6倍に跳ね上がっています

IoT フロー

センサーがお皿のタグを読み込み → 解析 → 処分の必要性を判断、同時にデータセンターへデータ転送、一括管理

 

6.物流を良くする IoT

こちらは、瀬戸内海に浮かぶ 離島の交通不便問題を解消すべく 陸・空・海 の3ルートをドローンや無人貨物船を使ってソリューションしようとしている IoT プロジェクトになります。

24時間365時間いつでも離島へモノを届けられる本プロジェクトは、2015年9月に 500g の荷物を 10km 先の目的地に届けることに成功し、現在はさらなる性能アップに向けてプロジェクトが進められています。(Code部)

IoT フロー
送付準備・荷物セット → ドローン稼働 → 目的地へ移動

中国、ネット検閲を強化 無許可のVPN禁止に

Samsungと中国ブランドがインド携帯市場を席巻

関連記事

  1. アイテムやiPhoneを迷子にさせないシステム『…

    前回の記事で、スマホを簡単に探す方法について記しましたが…

  2. 「インダストリー4.0」で注目のイスラエル企業6…

    第4の産業革命とも呼ばれる「インダストリー4.0」の到来により製造業は今後、…

  3. 投げ銭システム

    日本人が知らない中国のブロガーの稼ぎ方「投げ銭」…

    今から数年前、中国の沿岸部の町の厦門(アモイ)で工業デザイナーを務めていたL…

  4. スマホで防犯カメラ機能を

    先日託児所で幼児が亡くなる痛ましい事故が起きましたが、近…

  5. 広がる戦場 ―IoTへのサイバー攻撃

    数十億台のマシンがサイバー攻撃の標的にサイバーセキュリティの最前線では、…

  6. 中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円…

    中国はコピー大国の汚名を返上すべく、テクノロジー分野で最もホットなAIの開発…

  7. 空いた時間で働く ギグワーク

    日本の経済誌DIAMOND OnlineではIT化の浸透…

  8. アプリでかんたんIoT民泊運用

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP