menu

IT先進国、エストニアが仮想通貨発行を検討

 【ロンドン=戸田雄】欧州連合(EU)加盟国のエストニアが仮想通貨の発行を検討している。

 エストニアは情報技術(IT)先進国として知られており、世界初の政府が発行する仮想通貨となる可能性がありそうだ。

 エストニアは政府の電子化を進めており、大半の行政手続きがネット経由でできる。2014年からは外国人も行政サービスが受けられる「e‐Residency(電子居住権)」制度を開始。海外居住者も簡単に会社を設立できるとして、起業家らの注目を集めてきた。e‐Residencyプロジェクトの担当者がブログで仮想通貨「エストコイン」の発行を検討していることを明らかにした。

 仮想通貨の発行を検討するのは、政府の電子化をさらに進めるためだ。計画では、エストニア政府は仮想通貨を発行することで集めたお金をITなどに投資して、電子政府化をさらに進める。国民や電子居住権の所有者は仮想通貨を行政サービスなどへの支払いに使える。(Yomiuri Online)

現在同国では検討段階でハッシュタグ#estcoin」と「#eResidency」を通じて意見を募っているのですが、意見を聞くのにハッシュタグを使うのもIT国家らしいです。年配の人とか分かるのでしょうか。

また同国では非エストニア在住の外国人にもIDカードを配布する「e-resident」サービスではエストニア国以外で滞在していてもカードがあれば海外からでも銀行振込や税金を納めることが可能となり、エストニアにいなくてもエストニアにある会社を運営することができます。一度エストニアに訪れカードを発行してもらう必要はありますが、旅行ビザで行って発行もできるのでエストニアで会社設立という選択肢もありそうです。ちなみに法人税は20%とかなり安いとか。

VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にする

都市の成長力ランキング

関連記事

  1. 九州電力と『AIによるコールセンターの自動化・お…

    ィープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合…

  2. 遊んで稼げるゲーム実況

    世の中楽して稼げる仕事なんてない、というのが古今東西の通説でしたが、最近では…

  3. アイテムやiPhoneを迷子にさせないシステム『…

    前回の記事で、スマホを簡単に探す方法について記しましたが…

  4. iOSとAndroidの世界的シェアの動向

    日本ではiPhoneを持っている人が多いように見受けられ…

  5. ハンドメイド制作から始めるスモールビジネス

    最近ハンドメイド市場が活況を呈しています。本職の職人でなくとも、趣味…

  6. 世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

    イスラエルがイノベーション創出で世界をリードしていることは周知の事実ではない…

  7. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで…

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた…

  8. wordpress_smallstart

    WordPressのAutomatticがニュー…

    WordPress.comの母胎企業Automatticが、新製品News…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP