menu

IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリューション事業分野で急成長

ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に入る。同研究所の予測では16年度には640億円規模と見込まれる市場が17年度から年率53.7%増で拡大し、22年度は2兆4000億円規模に達するとのこと。同研究所はIoTソリューションベンダー53社へのヒアリングから各社の数値をベースに積み上げ、22年度までの市場規模を予測。さらには、IoTソリューション市場を「機器・製品販売」、「ソリューション」、「サービス」の3つの事業分野に分類し事業分野ごとの分析を行っている。

レポートによれば、3事業分野のなかでも「ソリューション」分野が成長を牽引し、15年度で143.5億円(構成比54.5%)、16年度には390億円(構成比60.9%、対前年比271.3%)に成長。「ソリューション」には「基盤プラットフォーム利用サービス」、「コンサル・システム設計・構築」、「業務アプリ」が含まれるが、なかでも「基盤プラットフォーム利用サービス」の占める割合が高く、16年度では構成比39.8%の255億円(対前年比281.8%)となっている。

「基盤プラットフォーム利用サービス」の成長要因はPoC需要の取り込みとなっているが、IoTプラットフォームは実証実験の段階を経て、企業の業務効率化や新サービス創設を目的とした活用開始が見込まれている。また、総務省主体で取り組む地域IoT実装においてもモデル地域での実装が段階的に開始されるフェーズを迎える。たとえば「医療・介護・健康」領域では中核病院と地域の診療所、介護施設などが繋がり地域包括ケアの充実が図られるほか、「働き方」においてもテレワークの増加や地方サテライトへの企業進出が見込まれ、「農林水産」領域においてはセンサーネットワークを活用した省力化や軽労化が進められる。さらにはインダストリー4.0が推進し、ものづくり産業の効率化が進むと考えられる。これに伴って「機器・製品販売」、「サービス」の需要も拡大すると考えられ、IoT市場全体で高い成長率が継続すると見込まれる。(投資家ネット)

「ベトナムは外国企業にとって魅力的」、ユーロチャム白書

ベルリンでオープンしたスタートアップキャンパス Silicon Allee

関連記事

  1. なぜ日本は起業率が低いのか

    日本は他の国と比べて起業率が低いことが知られている。起業率が高ければ経済の新陳代謝が活発だと言えるが…

  2. 取締役がたった1人で挑んだRPAプロジェクト

    「RPA導入で○○時間分の作業を削減」という記事を多く目にするようになった。世間では金融機関や通信…

  3. 大阪府、スタートアップ支援拡充 IT・IoT部門新設

    大阪府はスタートアップ企業などを対象にしたビジネスプランコンテストを拡充する。従来の地域需要創出、グ…

  4. game

    東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

    マイクロソフトや任天堂のような大手がやってくる前に、新興国のゲーム市場を制覇してやろう──。東南アジ…

  5. インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

    <日本企業の「出向」システムから、現代インドの「2000ドル自動車」まで、欧米とは異なる形のイノベー…

  6. IOT-AI

    目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが…

    日本におけるスマートシティの先駆けである「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)で2018年6…

  7. IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-WorksがシリーズAで…

    IoT介護支援システムを開発するZ-WorksがシリーズAラウンドで総額4億円の資金調達をしたことを…

  8. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP