menu

IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリューション事業分野で急成長

ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に入る。同研究所の予測では16年度には640億円規模と見込まれる市場が17年度から年率53.7%増で拡大し、22年度は2兆4000億円規模に達するとのこと。同研究所はIoTソリューションベンダー53社へのヒアリングから各社の数値をベースに積み上げ、22年度までの市場規模を予測。さらには、IoTソリューション市場を「機器・製品販売」、「ソリューション」、「サービス」の3つの事業分野に分類し事業分野ごとの分析を行っている。

レポートによれば、3事業分野のなかでも「ソリューション」分野が成長を牽引し、15年度で143.5億円(構成比54.5%)、16年度には390億円(構成比60.9%、対前年比271.3%)に成長。「ソリューション」には「基盤プラットフォーム利用サービス」、「コンサル・システム設計・構築」、「業務アプリ」が含まれるが、なかでも「基盤プラットフォーム利用サービス」の占める割合が高く、16年度では構成比39.8%の255億円(対前年比281.8%)となっている。

「基盤プラットフォーム利用サービス」の成長要因はPoC需要の取り込みとなっているが、IoTプラットフォームは実証実験の段階を経て、企業の業務効率化や新サービス創設を目的とした活用開始が見込まれている。また、総務省主体で取り組む地域IoT実装においてもモデル地域での実装が段階的に開始されるフェーズを迎える。たとえば「医療・介護・健康」領域では中核病院と地域の診療所、介護施設などが繋がり地域包括ケアの充実が図られるほか、「働き方」においてもテレワークの増加や地方サテライトへの企業進出が見込まれ、「農林水産」領域においてはセンサーネットワークを活用した省力化や軽労化が進められる。さらにはインダストリー4.0が推進し、ものづくり産業の効率化が進むと考えられる。これに伴って「機器・製品販売」、「サービス」の需要も拡大すると考えられ、IoT市場全体で高い成長率が継続すると見込まれる。(投資家ネット)

「ベトナムは外国企業にとって魅力的」、ユーロチャム白書

ベルリンでオープンしたスタートアップキャンパス Silicon Allee

関連記事

  1. アプリでかんたんIoT民泊運用

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウ…

  2. アジア各国の賃金

    過去10年間の各国の賃金の変化を見ると、中国やアセアン諸国の上昇率が比較的高く、台湾・韓国・日本の上…

  3. 農山村の暮らし学ぶ「塾」開講へ 24日と4月7日、真庭で説明会

    真庭市などは6月、同市中和地域で農山村の暮らしや里山資源を活用した起業などを学ぶ「真庭なりわい塾」を…

  4. 世界最速のスタートアップ育成所、中国深セン「HAX」の起業家たち…

    中国は西洋のコピー製品を作る工場だという考え方はもう古いし、それは率直に言って無知だ──。2…

  5. イタリアのスタートアップは、カプセルホテルでヨーロッパ制覇の夢を…

    実のところ、空港をよく利用する人の心を支配しているのは、空を飛ぶことの恐怖よりもむしろ、乗り換えのと…

  6. 医療の販促プラットフォームはコミュニティに浸透するか

    ネット上には、さまざまな病気の患者たちによってつくられたコミュニティが数多く存在する。WEGO He…

  7. IoTのゆくえ

    以前紹介した記事ではIoT分野が大きなインパクトを与え、且つ世界企業のスピード感…

  8. 中小企業での顧客関係管理を容易に Microsoftから新しいツ…

    今迄顧客情報はメールアドレスの連絡帳でアドレス管理、名刺で住所・部署、電話の連絡先、スケジュール管理…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP