menu

世界のスマート・カンパニー10

  1. エヌビディアNvidia
    本社所在地 米国カリフォルニア州サンタクララ
    ジャンル 知性を宿す機械
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 90.9億ドル

    概要 エヌビディア(Nvidia)の売上の大半はいまだビデオゲーム用のグラフィックチップだが、AIソフトウェア向けプロセッサーの大手プロバイダーとしての地位を確立しており、AI関連の新しいビジネスが急速に成長している。直近の四半期決算では、データセンターおよび自動車事業の収益は、前年度比でそれぞれ186%および24%増加した。同社は、主要なインターネットおよびクラウドサービスプロバイダーのすべてがエヌビディアのチップを使用して処理を加速しており、トヨタを含む多数の大手自動車メーカーが自律運転技術に採用していると述べている。

    30億ドル データセンター向けの 新しいチップを開発するための研究開発費

  2. スペースXSpaceX
    本社所在地 米国カリフォルニア州ホーソン
    ジャンル 輸送
    上場区分 非公開企業
    企業価値評価 120億ドル

    概要 スペースXは2017年、積載物(ペイロード)搭載ロケットの宇宙への打ち上げ、回収、再整備、再打ち上げが可能であることを証明した。 再利用できるロケットは宇宙旅行をはるかに安く、速くするものであり、スペースXの長期目標である惑星間輸送システムの確立に不可欠なものだ。また、スペースXは、リサイクルロケットの整備に要する時間を1年から数カ月に短縮し、ファルコン・ヘビー(Falcon Heavy)・ブースターの予備実験を開始した。2017年後半に実験が終了した暁には、世界で最もパワフルなロケットになる見込みだ。

    10% 再利用ロケットで貨物を運ぶことに同意した顧客に対して検討している値引き

  3. アマゾンAmazon
    本社所在地 米国ワシントン州シアトル
    ジャンル コネクティビティ
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 4793億ドル

    概要 アマゾンは、コンピューター・ビジョン、機械学習、自然言語処理など、幅広い人工知能テクノロジーを使用し、モバイル・コンピューティングとショッピングを再構築している。 音声反応アシスタント、アレクサ(Alexa)は、今ではテレビから自動車まであらゆるものをコントロールし、次世代の重要なコンピューティング・プラットホームになろうとしている。 アマゾンは伝統的なショッピング体験もシアトルの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」コンビニエンスストアで効率化している。 客は店舗に入り、商品をスマホのアプリでスキャンし、購入した商品を持ち出すだけだ。 アマゾンは人工知能、カメラ、センサーを使って客が選んだ商品を認識し、自動的に課金する。レジの列に並んだり、その場で商品の精算をする必要がない。

    1万2000本 ソフトウェア開発者がアレクサ向けに公開したプログラムの本数

  4. トゥウェンティー・スリー・アンド・ミー23andMe
    本社所在地 米国カリフォルニア州マウンテンビュー
    ジャンル バイオ医薬品
    上場区分 非公開企業
    企業価値評価

    概要 2006年の創業以来、消費者に遺伝子検査を直販してきたパイオニア企業トゥウェンティー・スリー・アンド・ミー(23andMe)は、米国食品医薬品局(FDA)によって健康情報提供を禁止される災難に見舞われた。 しかし、2017年になって規制当局が方針を変更、遅発性アルツハイマー病、パーキンソン病など8件の疾患の発症リスクに関する遺伝子レポートの販売を許可したため、主力事業である消費者向けの直販型遺伝子検査を再開した。顧客が送付した唾液検体からDNAを抽出後、イルミナ(22位)製のDNA遺伝子型判定チップを使って、健康と祖先の情報に関連する特徴を採集し、顧客はオンラインで結果にアクセスできる。現在、トゥウェンティー・スリー・アンド・ミーには、全世界で200万人以上の顧客がいる。同社のサービスは、受精率、うつ病、パーキンソン病、さらには爪を噛む癖など、数多くの研究プロジェクトで利用されている。

    100万人以上 自分の遺伝子情報の科学研究への使用に同意した顧客の人数

  5. アルファベットAlphabet
    本社所在地 米国カリフォルニア州マウンテンビュー
    ジャンル コネクティビティ
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 6739億ドル

    概要 アルファベットの子会社は、さまざまな領域において、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、実質現実(VR)のテクノロジーのリーダーである。 ディープマインド(では、人間の知性を模倣し素早く学習するためのAIシステムの新手法を絶えず考案している。自動運転プロジェクトであるウェイモ(Waymo)は性能の改善を続けている。トップ・エンジニアがライバルのウーバー(Uber)に転職した後は、ウーバーを提訴して積極的に自社の知的所有権を防衛している。 最大にして最も有名な子会社のグーグルは、ハードウェア・メーカーと協業し、デイドリーム(Daydream)VRプラットホーム用にスタンドアローン型VRヘッドセットを製造している。 新モデルでは、ディスプレイとプロセッサーが組み込まれ、スマホがなくてもセンサーを利用してバーチャル世界でのユーザーの動作を上手にトラッキングする。

    40% アルファベットが主張する、子会社のディープマインドの機械学習アルゴリズムを利用して削減できるデータセンターのエネルギー量

  6. アイフライテックiFlytek
    本社所在地 中国 合肥
    ジャンル 知性を宿す機械
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 68億ドル

    概要 アイフライテックはすでに中国の音声認識市場を支配しており、現在では自動車、家庭、ロボット、学校向けの音声認識コマンドシステムを展開している。 昨年、音声で自動車、テレビ、家電を制御できるシステムを発売。家庭用ロボットを製造するスタートアップ企業に投資し、リアルタイム翻訳機能を組み込んだ教育製品を開発する共同事業会社を設立、世界中の人工知能関連スタートアップ企業に投資する大型ファンドも立ち上げた。 同社によると、開発者16万人以上がアイフライテックのソフトウェアを使用し、4億人以上が同社のソフトウェアが組み込まれた製品を利用しているという。

    70% 中国市場における、アイフライテックの音声ベース技術のシェア

  7. カイト・ファーマKite Pharma
    本社所在地 米国カリフォルニア州サンタモニカ
    ジャンル バイオ医薬品
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 57億ドル

    概要 免疫療法を手がけるカイト・ファーマは、本来、病原菌と戦う体内のT細胞を採取し、がんと戦うように加工する。 非ホジキンリンパ腫に対する治療法として最先端であり、1回の治療で被験者の3分の1以上が、治療後6カ月で症状が落ち着いて安定した状態になった。治療に関連して、既知の副作用による死亡が2例(被験者の約2%)あるが、米国食品医薬品局(FDA)の承認は近いようだ。

    39% カイト・ファーマの1回の治療後6カ月で症状が安定した悪性リンパ腫を持つ被験者の割合

  8. テンセントTencent
    本社所在地 中国 深セン
    ジャンル コネクティビティ
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 3500億ドル

    概要 2016年はテンセント(Tencent)にとって躍進の年だった。テンセントは中国最大のソーシャルネットワーク、ウィチャット(WeChat)を運営するとともに、世界最大のビデオゲーム企業である。ウィチャットはすでに月間9億人のアクティブ・ユーザーがいるが、テンセントはモバイルアプリの拡張を続け、今ではメッセージアプリ、オンラインゲーム、ショッピング、ミュージック、ビデオ、P2Pペイメントを提供している。テンセントは、豊富な機能によって新規ユーザーを獲得、ウィチャットのアクティブ・ユーザーを増やし、より多くの広告とサービスを販売しようとしている。4月には時価総額で米国の大手金融機関ウェルズ・ファーゴを抜き、世界のトップ10企業入りを果たした。

    50% ウィチャット(WeChat)の7億7000万ユーザーのうち、1日に90分以上サービスを使うユーザーの割合

  9. リジェネロンRegeneron
    本社所在地 米国ニューヨーク州タリータウン
    ジャンル バイオ医薬品
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 555億ドル

    概要 眼や他の病気治療の実績がある、定評あるバイオテクノロジー企業。薬品開発に集中するため、遺伝子情報の利用に焦点を当てている。2017年3月、英国のバイオバンク、および製薬企業の巨人、グラクソ・スミスクラインと共同で、50万人のボランティアから得られた遺伝子データの配列から、薬品開発、およびDNAと病気の関連に対する研究を支援すると発表した。また、患者自身の免疫細胞を必要としない、腫瘍を標的とする「既製」の人工T細胞の作成にも注力している。「既製」の人工T細胞は、この分野の治療を容易に拡大できる方法である。2016年度の売上高は49億ドル、純益は約9億ドルだった。

    50万人 薬品開発、およびDNAと病気の関連に対する研究を支援するため、遺伝子データを提供する英国ボランティアの人数

  10. スパーク・セラピューティクスSpark Therapeutics
    本社所在地 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア
    ジャンル バイオ医薬品
    上場区分 公開企業
    企業価値評価 19億ドル

    概要 進行性の失明に対する治療と、血液凝固異常症の血友病Bと戦う治療試験もしている。試験内容は、第9因子と呼ばれる血液凝固タンパク質をコード化して正しく修正した遺伝子を運ぶウィルスによる静脈内治療。男性の5000人に1人が血友病に冒されており、これまで治療は高額であるため注目される。

    3万人に1人 レーベル遺伝性視神経症に冒されている患者の推定数(MIT Technology Review)

     

 

他に40社ありますが、生産性を強力に高める可能性を持つイノベーションを生み出し、今日は存在していない市場を創造する——MITテクノロジーレビューが選定した「2017年版スマート・カンパニー50」に日本企業は含まれていませんでした。中国企業が8社選ばれたのとは対照的と言えます。

中国の2000分の1以下、足踏みする日本のシェアエコノミー

家事と育児を両立しながら自分の“やりたい”が実現できたママたちの秘密

関連記事

  1. 日本でも買える!いまヨーロッパを席巻している激安アウトドアブラン…

    海外旅行の楽しみの1つといえばショッピング。日本には無いアイテムやレアなもの、日本ではあり得…

  2. ベンチャー企業 成長の鍵は

    今、ベンチャー企業が熱い。上場が相次ぎ、2017年のベンチャー調達額は5年前の4倍を超える。第4次ブ…

  3. IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-WorksがシリーズAで…

    IoT介護支援システムを開発するZ-WorksがシリーズAラウンドで総額4億円の資金調達をしたことを…

  4. ケニアでアフリカスキャンが取り組む新しいサービスのカタチ!

    アフリカ東部に位置するケニアにおいて、キオスクと呼ばれる伝統的なコンビニを12店舗経営する日本企業A…

  5. Smartlookでウェブ訪問者訪の動きを動画で確認

    もはや自社サイトで企業紹介ページを持つことは何ら特別なことではなく、そのサイトを…

  6. jobsofthefuture

    今後10年で生まれる「未来の仕事」21選

    技術の進歩が雇用に与える影響については、まるでこの世の終わりといった悲観的な予測が、この1年ほどで増…

  7. small start-voice

    封筒を開けないでも内容物が音声メッセージでわかる

    チューリッヒ生命は10月30日、目が不自由な顧客へのサービス向上の一環として、郵送物の一部に音声コー…

  8. 相手の立場になった視点でビジネスを

    スマホがなくてはならない必需品になりつつある一方でガラケー分野では高齢者用の分かり易い携帯がヒットし…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP